テーマ:不祥事

山口敬之の強姦事件で本質を伝えないマスコミ!

 伊藤詩織さんに対する山口敬之の強姦事件の本質は「国家権力の介入」によって強姦犯が逮捕を免れたことである。  この点については海外メディアは「日本の秘められた恥」(BBC)などと繰り返し詳しく伝えている。  日本メディアはなぜ、この核心を意識的に避けるのか? 誰に配慮しているのか?   しかし、国民はすべて知っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出た、安倍晋三に強姦魔・山口の海外高飛び根回し疑惑!

 「詩織さんが明かした 安倍首相に山口敬之氏“海外高飛び”根回し疑惑」として日刊ゲンダイが安倍晋三と山口敬之の深いつながりを報道した。  この件については、確かな情報で定評がある「リテラ」が先行しいち早く、伝えている。  いよいよ、「国家の中枢が関与する強姦事件」として世界の注目の的となっている。  事件の真相が知りた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「権力が絡む強姦事件」恐る恐る伝え始めた不甲斐ないメディア!

 日本のメディアはからきし意気地がない。安倍晋三が絡むと、途端に腰が引ける。元TBS社員で強姦魔の山口敬之は、安倍のゴマすり本を書き、チョコマカ官邸に出入りしていた。NHKの岩田明子やスシローこと田崎史郎らとともに安倍の親衛隊である。  その親衛隊の強姦の事実が週刊新潮にバレて大騒ぎ。山口敬之は、情報を一手に握る内閣調査室のボスで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力が総力挙げて強姦魔を守るために伊藤詩織を攻撃!

 この期に及んでも、国家権力が強姦魔を守るために、総力を挙げて一人の被害女性を攻撃するほど醜いものはない。  これこそが英国BBCが言う「日本の秘められた恥」である。 BBC詳しくはここをクリック https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44638987  強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権による「刑事司法の私物化」が要因と前川喜平!

 前川喜平元文部次官が、山口敬之の強姦事件について東京新聞「本音のコラム」に一文を寄せた。  この中で、山口が逮捕も起訴もされなかったのは安倍政権による「刑事司法の私物化」という恐るべき疑惑が存在するからであると喝破した。  みんな、前川さんと同様に思っている。現役官僚にこういう人がおれば、今の景色はずいぶん変わっていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強姦魔の山口敬之が官邸の内調トップに相談メール!

 元TBS社員で強姦魔の山口敬之がジャーナリスト志望の伊藤詩織さんに「就職の世話をしてやる」といって強姦した事件。  強姦魔の山口敬之は、内調トップの北村滋に送信した「相談メール」を、なんとご丁寧にも週刊新潮に誤送信したというのだ。  婦女暴行犯がパンツをはき忘れて立ち去ったようなものだ。  その時の山口敬之の、慌てふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官邸に泣きついたことから始まった強姦もみ消し事件!

 ジャーナリスト志望の伊藤詩織さんに対する強姦事件ほど「権力の横暴」を肌で感じたことはない。  強姦事件を闇に葬ることなど朝メシ前だと言うならば、山口敬之の逮捕状を握りつぶさせた価値観との闘いが、これから始まる覚悟をすべきだ、と日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」が直言した。 *********************** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤詩織さんを連れ込む山口の姿をドアマン目撃!

 ドアマンは見ていた。強姦魔の山口敬之がいやがる伊藤詩織さんを強引にホテルに引っ張り込む一部始終を。  そして山口敬之は前もって予約しておいた部屋に、詩織さんを連れ込み、性交に及んだ。  多量のアルコール類を飲まされて、意識がもうろうとしていた詩織さんは、身体に重いものを感じ、始めて強姦魔に犯されたことに気付いた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総理ベッタリ記者の強姦でホテル「ドアマンが衝撃の証言」! 

 〈そのままホテル入口へ引っ張られ、「うわーん」と泣き声のような声を上げたのを覚えています〉とドアマンが証言。  “総理ベッタリ記者”こと山口敬之の強姦事件。東京地裁が18日の判決で、「意識がない伊藤詩織さんに、合意がないまま性行為に及んだ」と強姦を認定したことで、事件をめぐる闘いは控訴審に持ち込まれた。  そこでカギにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家権力が絡む強姦もみ消し濃厚と海外メディア!

 元TBS社員の山口敬之による強姦事件について日刊ゲンダイは「海外メディアは“安倍事件”の扱い」と書いた。  この事件の核心は、アベトモが起こした強姦事件に国家権力が介入し、犯人を逮捕させなかった点にある。  つまり権力の中枢、首相官邸が絡む「強姦もみ消し」である。海外メディアはこの点を指摘している。 ********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍昭恵が強姦魔の山口敬之に「いいね!」をしていた!

 今から2年前の話である。総理ベッタリの山口敬之は強姦で逮捕寸前だったと週刊新潮が報じた。山口はフェイスブックで、この報道を否定してみせた。  ところが、山口の投稿に「いいね!」を押したのが総理夫人の安倍昭恵だった。  官邸側のフォローがありありと見て取れると、週刊新潮。  昭恵は「被害女性よりも山口の肩を持つのか」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強姦男・山口敬之の会見になぜか花田紀凱ら安倍シンパが同席!

 意識が朦朧とするほど酒を飲ませ、無理やり伊藤詩織を強姦したと東京地裁が18日、認定したにも拘らず、元TBS社員で強姦魔の山口敬之は記者会見をして自己弁護。  会見にはなぜか小川榮太郎や花田紀凱らの安倍晋三シンパが並んだ。散々、悪態をつく強姦魔の山口敬之に「見苦しい」などの批判が殺到した。 ▼「往生際が悪すぎるし、見苦しい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うわーん」と泣き声を上げた! 山口敬之の強姦事件!

 “総理ベッタリ記者”こと山口敬之の強姦事件。東京地裁が18日の判決で、「意識がない伊藤詩織さんに、合意がないまま性行為に及んだ」と強姦を認定したことで、闘いは控訴審に持ち込まれた。  そこでカギになる、葬られていた「ドアマンの供述調書」と週刊新潮が新たな事実を暴露した。  〈そのままホテル入口へ引っ張られ、「うわーん」と泣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家権力が絡む強姦が再び世界の注目を集めている!

 “総理ベッタリ記者”こと山口敬之の強姦事件は、東京地裁が18日の判決で、「酩酊状態で意識がない伊藤詩織さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定したことで新たな展開を迎える。  英国BBCやロイター、米国CNN、フランスAFPなど世界の主要メディアは「詩織さん勝利」を一斉に速報で世界に発信した。  民事事件で山口のレイプを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口敬之が官邸に送ったSOSメールを新潮に誤送信!バレた!

 元TBS社員で強姦魔の山口敬之が伊藤詩織さんに多量の酒を飲ませ、無理やり犯した。誰が見ても強姦だ。  裁判所が逮捕状を執行し、張り込み中の警官が逮捕する直前に横やりが入った。  逮捕の危険を感じた山口が、官邸詰めの警察官僚、北村滋にSOSを発信したハズのメールを、間違って新潮社に送信するというハプニングがあり、すべてがバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口敬之の強姦事件をTBSは「どう報道」したか?

 TBSは、社員だった強姦魔の山口敬之の事件をどう、報じたか?というと次の通りだ。  ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBSテレビ記者の山口敬之氏から性暴力を受けたとして損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は山口氏に330万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。  この裁判は、ジャーナリストの伊藤詩織さんが2015年、当時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤詩織さんが訴えたかったのはカネの話ではない!

 伊藤詩織さんが訴えたかったのはカネの話ではない。権力によって強姦事件が捻じ曲げられたという事実である。  権力を行使すれば、どんな犯罪でも見逃されるのか、と疑問を投げかけているのだ。  日本の大手メディアは2015年に強姦事件が発生し、逮捕されるはずの山口敬之が警察官僚の指示で逮捕を免れた際も報道しなかった。  BB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力の介入まで踏み込んだ記事を書くかどうか!

 ジャーナリスト志望の伊藤詩織さんに無理やり酒を飲ませて意識のない状態にした上、ホテルに連れ込み強姦したTBS記者の山口敬之に対し18日、東京地裁は330万円の支払いを命じた。  伊藤詩織さんは精神的苦痛を受けたとして山口に1100万円の損害賠償を求めた訴訟を起こした。鈴木昭洋裁判長は「酩酊状態で意識のない伊藤さんに無理やり性行為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三がマルチの山口隆祥を招待したことを認めた!

 政府は17日の衆院内閣委員会理事会で、首相主催の「桜を見る会」を巡り、立憲民主、国民民主、共産など野党側が提出した8項目の質問状に回答した。  マルチ商法を展開した「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥の招待状にあった番号が首相の推薦枠を示すかどうかについては「調査する必要はない」と答えた。  事実無根ならば、詳しく調べて「無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反社会的勢力で「お困りであれば警察に」と安倍政権!

 首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席した問題で安倍政府が「反社会的勢力の定義は困難」と閣議決定したことが物議をかもしている。  案の定、16日の定例記者会見で記者が「企業から懸念が出ている」と質問した。  これについて官房長官の菅義偉は、反社会的勢力で「お困りであれば警察にご相談いただければ」と平然と語った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一同揃って猿ぐつわをはめた398人の自民国会議員!

 ますます泥沼化するサクラ疑惑。安倍晋三による桜を見る会の私物化は底なし沼。  それでも晋三は、「野党のせい ホテルのせい 障害者のせい」と悪いことはみんな、他人の「せい」にする責任転嫁の達人だ。  これほど卑しくて、見苦しい人間はいない。  「子どもが聞いたらどう思うか」など考えたことがないらしい。  自民党所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ疑惑で安倍晋三の説明に不十分が83・5%!共同通信

 共同通信社が14、15両日に実施した全国電話世論調査によると、  首相主催の「桜を見る会」の疑惑に関し、安倍晋三首相が「十分に説明しているとは思わない」は83・5%に上った。 (以上 共同通信) ****************************  当然だ。  タレントをタダで呼び集め、「桜を見る会」は安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下村博文の息子結婚式に入試利権のお友達が大集合!

 ホテル椿山荘で9月8日、盛大な結婚披露宴が催された。披露宴の主は自民党選対委員長、下村博文の次男である。オヤジの公設第一秘書を務めている。  安倍晋三をはじめ官房長官の菅義偉、自民党幹事長の二階俊博ら政権幹部がずらりと顔をそろえた。  その宴に意味深な2人の人物が紛れ込んでいた。  問題の人物について、週刊ポストが「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるで質問する野党が悪いかのように言う晋三の神経を疑う!

 言うに事欠いて安倍晋三がこんなことを言った。盗っ人猛々しいというが、この晋三のことである。  13日のツイートで「桜を見る会」に絡み、晋三は「国会では政策論争以外に審議時間が割かれていることを国民に申し訳なく思う」と言った。  よくもまあ、他人事のように言えたものだ。  サクラ疑惑は、晋三自身の犯罪疑惑に関わる国政上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産経がコソ泥のように逃げ回る安倍晋三を批判した!

 安倍晋三は税金を使った「桜を見る会」を自分の選挙活動に利用したことを追及されるのがコワくて、野党要求の国会延長を拒否した。  これにはさすがの産経新聞も黙っておれないとみえて12月10日付の社説(主張)で「臨時国会閉幕 役割果たしたとは言えない。今からでも遅くない。全てを明らかにして新年を迎えればいい」と厳しく政権批判した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の慶大の不祥事一覧はここをクリック!

 ブログ「半歩前へ」にある慶応関係分を以下に書き出した。まだまだあるが書ききれないので途中でやめた。関心がある向きは、見出しの左下にある「教育」をクリックすると出てくる。 慶応大で覗きに盗撮、下着ドロのハレンチ3点セット発覚! https://85280384.at.webry.info/201912/article_110.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶応大で覗きに盗撮、下着ドロのハレンチ3点セット発覚!

 へそから下の話題には事欠かない慶応大学。アメフトに続いて今度は応援指導部(応援団のこと)で、「のぞきに盗撮、下着泥棒の“ハレンチ”3点セット」が発覚した、と週刊誌が報じた。  「4年生が集う幹部部屋の中央に女性もののピンク色の下着が置かれていました。この下着は4年生が脱衣所に侵入して盗んできたとも、部内では言われているのです」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相補佐官が出張中に愛人の女性官僚とラブラブ観光!

 加計学園の学部新設に絡み、前川喜平・文部次官(当時)を呼びつけて、「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と恫喝した男がのちに首相補佐官となった和泉洋人(66)である。  そんな安倍晋三の忠実な番犬の和泉が、京都出張中に不倫関係にある愛人の厚生労働省大臣官房審議官の大坪寛子(52)と2人でラブラブ観光旅行を楽しんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベの犠牲者は官から民に広がったサクラ疑惑!

 安倍晋三が何年にもわたり、安倍晋三による、安倍晋三のための「桜を見る会」を私たちの税金を無断で使い、開いていたことが発覚した。  野党の国会延長の要求を安倍自民党が数の力づくで無理やり国会の扉を閉めた。  サクラ疑惑の取材を続けているジャーナリストの田中龍作が「ニューオータニが桜スキャンダルで営業しづらくなっているという。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ疑惑の追及、続くか否かは世間の盛り上がり次第!

安倍晋三は自分の思い通り国会の幕を閉じたので、安堵した様子だ。 野党のサクラ疑惑の追及も「これ以上は出来ない」と、安倍晋三は国会も休会で疑惑の追及も自然消滅することを密かに期待している。 税金を使った「桜を見る会」に火が付いたのは安倍晋三が首相在職年数で日本の憲政史上、最長を記録した時からだ。 日本共産党の田村智子の国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more