新聞の一面が真っ黒の塗りつぶされた記事!

 どこもかしこも真っ黒で、一体何が書いてあるのか読むことが出来ない。共同通信が伝えたオーストラリア。一体何があったのか?

***************************

 オーストラリアの主要新聞は21日、ほとんどの単語が黒く塗りつぶされた記事や文書をそろって1面に掲載した。調査報道を巡り公共放送が警察の家宅捜索を受けるなど「報道の自由が脅かされている」として、新聞発行メディアの垣根を越えた抗議キャンペーンの一環。

 各紙は「政府があなたから真実を遠ざけるとき、何を隠しているのか?」との見出しで「知る権利」の重要性を訴えた。全国紙オーストラリアンを発行する同国のニューズコープのミラー会長は「国民は、何が起こっているか知る権利を制限したがる政府に常に疑念を抱くべきだ」とコメントしている。 (以上 共同通信)

身内に「やさしい」警察が出席者にハレンチ行為!

 いつも思うのだが、「個人情報の保護」を盾にとってハレンチ犯まで名前を伏せるのはいかがなものか?

 いつもながら、身内に「やさしい」警察。

 警察は、その気になれば道を歩いていただけでも「往来妨害罪」だなんだと理屈をつけて逮捕できる。

 本来、「個人情報の保護」は夫の暴力から身を守るために引っ越しした女性など、弱者に対して認めた権利ではないだろうか。

 ハレンチ犯にまで盾に使われてはたまったものではない。

 警察は左翼など気に入らない者は、軽犯罪でも氏名どころか、逮捕の現場までマスコミに写真に撮らせて公表するではないか。

 自分たちの都合でサジ加減を決めるのは許されない。

 このヘンタイ助平野郎は、なんという名前だ? 顔写真も公表しろ!

************************
 福岡県の警察署の50代の副署長が、部下の結婚式で出席者の女性にセクハラ行為を行ったとして、戒告の懲戒処分を受けていたことが警察への取材で分かりました。副署長は「酒に酔っていて覚えていない」などと説明し、依願退職したということです。

 懲戒処分を受けたのは、福岡県警察本部の警視で、福岡空港警察署の50代の副署長です。

 副署長は先月、かつて所属していた警察署の部下の結婚式で集合写真を撮ろうとした際、出席者の女性のほおにキスをするセクハラ行為を行ったということです。

 この女性から「警察の幹部として不適格ではないか」という連絡を受けて、警察が聞き取り調査などを進めた結果、複数の出席者がこうした行為を目撃していたことなどが分かったということです。

 福岡県警は「不適切な行為で、警察組織の信用を失墜させた」などとして、戒告の懲戒処分としました。  (以上 NHK)

日本の言い訳に中国や韓国の学生の間から冷笑が漏れた!

ブログ「半歩前へ」2009年04月09日の再録だ。


▼水を得た魚が突然、沈黙
 日本、韓国、中国3カ国の大学生9人による討論があった。最初、アニメや漫画、携帯電話についての議論では、日本の学生たちは水を得た魚のように活発に発言し、元気なところを見せていた。ところが、話題が歴史問題に入った途端、話し手は日本から韓国、中国の学生に代わった。日本勢は沈黙するばかりで、意見は途切れた。私はガッカリするより悲しくなってきた。

 司会者に促されて口を開いた学生は「われわれは受験勉強が忙しくて、近現代史までは行かなかった」と語った。有名大学に在籍する彼の説明に韓国、中国の学生から失笑が漏れた。

▼反日、愛国教育
 中韓の学生は世界史の中でも、近現代史についてはしっかり学習してきている。特に中国については1990年代に国家主席だった江沢民が、国家団結のテコとして「反日、愛国教育」を強力に推し進めるなどし、若者たちに誤った歴史認識を植え付けたきらいがある。

 それだけに、日本の学生たちにはこの場で、日本が犯した負の部分については率直に過ちを認めると同時に、、中国の改革・開放に際しては協力を惜しまなかった事実も語って欲しかった。鄧小平時代に掲げた「工業、農業、国防、科学技術」の4つの近代化に日本は全面的に協力した。

 とりわけ国家建設の礎である工業、科学技術については、当時の世界最先端の技術を惜しみなく提供した。中国一の宝山製鉄所の建設に当たっては新日鉄が全面協力したばかりか、建設資金については日本政府が保証するなど官民挙げてバックアップした。

▼真実を伝える大切さ
 中国の学生たちは「反日教育」は受けたと思うが、中国の近代化に対する日本の支援はまったく教えられていない。若者たちに一方的に都合のいい話ばかりを擦り込むのではなく、真実を伝えることが大切だ。そうすることで互いの誤解を解き、同じ目線で見ることで相手を理解することが出来る。

 せっせと受験勉強に勤しみ、有名大学に合格しても、「近現代史は授業で習わなかった」と平気で話すことに「恥ずかしさ」を感じないようでは「何をか言わんや」である。

 学校は学習の「きっかけ」を与える場で本来、勉強などというものは自分でやるものだ。授業で授業で学ばなかったら、自分で学習すればいい。高校生や大学生にもなって、まだ、おんぶに抱っこを期待しているようでは救いがない。

▼偏差値教育の弊害
 偏差値は「受験技術の優劣」を数値化したに過ぎない。偏差値が高いからといって別に頭がいいわけでも、教養があるわけでもない。偏差値と教養・社会常識の有無は別ものである。

 日本の学生は型にはまった「公式」だけのマニュアル人間だ。「自分から学ぼう、知ろう」と言う探求心が著しく欠けている。

 今回の討論で、日本の偏差値教育の弊害を垣間見た思いがした。大学と教養は無関係だ。

祝賀パレード延期は安倍でなく陛下の強い希望だった!

今月22日の天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードが台風の影響を考慮して来月10日に延期となった。

官房長官の菅義偉は「首相から延期の方向で検討するよう指示があった」と説明。まるで安倍晋三の「英断=手柄」のような会見をした。

事実は真逆で、安倍は台風被害など頓着せずに、当初の予定通り22日にパレードを強行しようとした。

ところが、想像を絶する台風被害にお心を痛めた天皇陛下が延期を強く希望し、11月10日へ先送りとなった。

「即位礼正殿の儀」や「饗宴の儀」は既に世界各国から王族や大統領など要人を招待しているため、予定通り実施する。

山本太郎の身に「何か」など起きるわけがない!

 牧太郎が山本太郎を戦時中に東条英機を鋭く批判した中野正剛に例え、「令和の中野正剛」に「何か」が起こらないとよいのだがと週刊誌に寄稿した。

 この表現はいささか、筆が走り過ぎたきらいがある。

 山本太郎が安倍政権の土台を大きく揺さぶるような存在ならいざ知らず、彼が率いる「れいわ新選組は参院議員がわずか2人のミニミニ政党だ。太郎の身に「何か」起こるわけがない。

 これと言った組織もない山本太郎を安倍晋三は気にはしているが、恐れてはいない。

 太郎に早く、「恐れさせる存在」になってもらいたい。

**************************
牧太郎がサンデー毎日に書いた。

「れいわ新選組」の山本太郎は「令和の中野正剛」ではあるまいか?そんな気がする。

 彼は希代の雄弁家である。2時間も3時間も話し続ける。その馬力は並ではない。

 真っ向から、権力に立ち向かう。屈しない。独裁色が色濃い安倍政権にとって「最も警戒する人物」になっている。

 山本太郎は議員ではないが、最も注目され、時に羨望され、時に嫉妬されている。

「嫉妬」の「嫉」は「そねみ」。「妬」は「ねたみ」。二重の「ねたみ」である。

『広辞苑』(岩波書店)の「嫉妬」の項には「自分よりすぐれた者をねたみそねむこと」とある。

 自分より「すぐれた存在」に気づくと、抹殺するのが「無能な政治家」の常である。

 山本太郎のスキャンダルを探せ!という大号令が聞こえてくる。

「令和の中野正剛」に「何か」が起こらないとよいのだが。

山本太郎、瓢箪ナマズなど相手にせず態勢作りを急げ!

 次期衆院選を見据えて「れいわ新選組」の山本太郎が全国行脚を続けている。

 消費税廃止を基本としながら太郎は野党共闘のためにあえて消費税のハードルを5%にまで下げ、既成野党の出方を待った。が、同調したのは日本共産党だけで残りはあいまいな態度を続けている。

 こうした不ぞろいの野党を横目に、安倍自民党からは年内解散説まで飛び出す始末だ。いつもながら立憲民主党の動きは鈍い。本気で安倍政権を倒す気があるのか疑問だ。

 こんな瓢箪ナマズなど相手にせずに選挙態勢を整えた方がいいのではないか。選挙協力は可能なところとやるべきで、野党共闘の枠組みに無理をしてまでこだわる必要はない。 





これがNHK午後7時のトップニュースだ!

20日午後7時のトップニュースで、こう報じたNHKに多くの者が違和感を覚えたことだろう。

「嵐」「V6」メンバーらが被災地で炊き出し 福島 郡山。

台風19号で多大な浸水被害を受けた福島県郡山市に、人気グループ「嵐」の相葉雅紀さんや、「V6」の井ノ原快彦さんらが炊き出しに訪れ、被災者に温かい食べ物をふるまいました。

相葉さんや井ノ原さんに加え「NEWS」や「Hey!Say!JUMP」「Sexy Zone」のメンバーあわせて5人が郡山市のボランティアセンターを訪れました。  (以上 NHK)
******************************

 被災地を舞台に見立てたジャニーズ事務所のミエミエの「宣伝」、単なるパフォーマンスに過ぎない。

 いまやNHKはジャニーズ事務所のタレントなしには番組が成立しないほど、日常的に彼らの世話になっている。だから、日ごろのお礼をしたまでだ。

 NHKはどこまで堕落するのか? ジャニーズのPRに一役買ったNHKは、恥かしいと思わないのだろうか?

 こんな公共放送はない。1日も早く、民放に衣替えすべきではないか。

 

 

台風の支援情報はここをクリック!

台風19号の被災地でのライフライン情報、支援の情報まとめ。

詳しくはここをクリック(このままコピー)
https://www.asahi.com/topics/word/台風%EF%BC%91%EF%BC%99号支援通信.html?iref=comtop_fbox_u01

地域を問わない支援情報
FB、被災地への寄付サービス開始(10/20 13:29)
クリーニング出した服、大雨で流出 弁償してもらえる?(10/19 10:40)
支援のポイントは 避難所で認知症の人・家族への配慮(10/19 9:46)
浸水防止、土のう代わりにごみ袋活用の水のうも有効(10/19 9:43)
リストでチェック 避難生活での安心なトイレ生活(10/19 9:36)
支援はモノよりお金で 「第2の災害」を生まないために(10/19 8:00)
台風被災地の労働局で相談窓口 失業給付の特別措置も(2019/10/18)
19・20日、住宅工事トラブルの相談電話を開設(2019/10/18)
避難生活、低体温症防ぐには? 服ぬれたらすぐ着替え(2019/10/18)
避難所でも子どもに遊びを 心の安定に効果(2019/10/17)
被災して薬がなかったら? 高血圧学会Q&A(2019/10/17)
災害ボランティアをやりたい③ 自己管理が大原則(2019/10/17)
災害ボランティアをやりたい② 準備は現地入り前に(2019/10/17)
災害ボランティアをやりたい① まず自分で情報収集を(2019/10/17)
塩漬け、みそ漬け…冷蔵庫ない時代の知恵 停電時に活用(2019/10/16)
日本学生支援機構が奨学金の減額返還など受け付け(2019/10/16)

台風19号災害INFO
台風19号に関する情報のリンク集です。
国や自治体の公式ページ、ツイッター公式アカウントなどを掲載しています。
避難生活に役立つ情報、被災地への支援の際の注意点などもまとめています。

長野の支援情報
高齢者や乳幼児らにホテルを提供 長野(2019/10/18)
戸倉上山田温泉を無料開放 長野・千曲(2019/10/18)
仕事や勉強のスペースを無料提供 長野(2019/10/18)
長野市、LINEで24時間自動対応(2019/10/18)
長野市立柵原小に小さな子どもの遊び場 19・20日(2019/10/18)
長野市、被災ペットの相談窓口を開設(2019/10/17)
長野県・湯田中で温泉無料開放 近隣の被災者対象(2019/10/17)
長野県・東北信地方でクリーニング無料 「ザれもん」(2019/10/17)
長野―新宿・池袋の高速バス再開 迂回路で運行(2019/10/17)
長野県弁護士会、無料で法律相談(2019/10/17)
長野県上田市、復旧支援のふるさと納税募る(2019/10/17)

福島・宮城・岩手の支援情報
宮城県丸森町、災害ボランティアの受け入れを開始(2019/10/20)
市民プールを無料開放、入浴も 福島・本宮(2019/10/19)
県営住宅など310戸、台風被災者の避難先に 福島(2019/10/19)
岩手県久慈市役所、22・26・27日に臨時の支援窓口(2019/10/18)
福島県いわき市、公園など7カ所に仮設トイレ 順次増設(2019/10/18)
福島県郡山市、安積・富久山・田村でり災証明申請窓口(2019/10/18)
宮城県丸森町・角田市・大河原町で自衛隊風呂や無料入浴(2019/10/18)
宮城県大崎市・角田市・丸森町 19日はボラ受け入れず(2019/10/18)
宮城県石巻市が災害ごみ受け付け(2019/10/17)
岩手県宮古海上技術短期大学校で入浴支援(2019/10/17)
岩手県釜石市社協がボランティアセンター開設(2019/10/17)

群馬・茨城・栃木の支援情報
常陽銀行、ATM搭載の移動相談車を出動 茨城(2019/10/19)
栃木市、2カ所で自衛隊風呂の無料開放(2019/10/18)
栃木県佐野市 栄公園野球場をごみ置き場として開設(2019/10/18)
栃木県鹿沼市、土日・祝日も相談窓口開設(2019/10/18)
茨城県常陸大宮市、3施設で無料入浴(2019/10/18)
栃木市で災害ごみ仮置き場設置(2019/10/18)
水戸など茨城4市1町でボランティアセンター開設(2019/10/17)
茨城・大子町へボランティアバス(2019/10/17)
茨城県常陸大宮市でボランティアセンター開設(2019/10/16)
仮設の屋外入浴施設「京の湯」を開設 栃木・佐野(2019/10/16)
栃木県那須烏山市で自衛隊による野外風呂はじまる(2019/10/15)
神奈川・東京の支援情報

東京都八王子市役所、週末も被災者相談窓口(2019/10/18)
東京都世田谷区、大蔵第二運動場の入浴施設を無料開放(2019/10/15)
東京都世田谷区、ごみ処分料減免 罹災証明書あれば(2019/10/15)
災害ゴミの受け入れ開始 神奈川県逗子市(2019/10/14)
東京都が英語の電話相談窓口を開設(2019/10/13)
神奈川県が被害通報窓口を開設 メールで受け付け(2019/10/13)
東京都と福島県いわき市が電話相談窓口を開設(2019/10/13)

千葉・埼玉の支援情報
千葉の災害ボランティア、まだまだ募集 がれき撤去など(2019/10/18)
千葉県市原市 消防署でブルーシートや土のう袋など配布(2019/10/18)
埼玉県東松山市、土のう袋を5カ所で配布(2019/10/18)
埼玉県坂戸市、土曜も罹災証明書発行(2019/10/16)
埼玉県東松山市で災害廃棄物の受け入れ開始(2019/10/15)
埼玉県東松山市で浴場を無料開放(2019/10/15)
災害ごみを無償処分 埼玉県越谷市(2019/10/14)
床下消毒を無償実施 埼玉県越谷市(2019/10/14)
千葉県でブルーシートによる修繕の相談など開始(2019/10/14)
災害ごみの持ち込み手数料免除 埼玉県川越市(2019/10/14)
ブルーシートや土のうを無料配布 千葉県市原市(2019/10/14)

「習近平思想」テストの合格者だけに記者証発行!

 信じられないようなことが中国で起きた。習近平思想テストの合格者だけに記者証を発行するというのだ。

 中国共産党が開発したスマホのアプリ「学習強国」で1人、1人テストするそうだ。

 共産中国にとって記者は完全に、自分たちの宣伝道具、ロボットだ。何とも恐ろしいことを考えるものだ。

 安倍晋三は何でも習近平のやり方をマネしたがるが、これだけは絶対にマネをしてほしくない。

 日本人は、香港の人たちが命をかけて「香港の共産化に反対」するか分かったはずだ。

 共産中国は民主主義も、人権も、何もない。

 そんなものは糞食らえ、と言うのが共産中国である。

**************************

 【北京共同】中国政府が国内メディアへの統制を強めている。

 記者らを対象にして、習近平国家主席の指導思想「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」の理解度を測るテストを今月下旬から新たに実施。合格者だけに新規の記者証を発行する方針だ。

 テストは原則、習氏の演説内容などを学ぶために共産党が開発したスマートフォンアプリ「学習強国」を通じて実施する。

 10月初旬にはアプリ上で、習氏の演説の空欄に入る言葉を選んだり、「党の新聞世論工作を行う際」に優先すべき点を挙げさせたりする問題が公開された。  (以上 共同通信)

環境相・小泉進次郎のバカさ加減に水俣病被害者が落胆!

安倍晋三は、なんでこんなアホウを閣僚に起用したのか?

議員でありながら水俣病一つ理解していない。担当大臣うんぬん以前の問題だ。

ちまたでは「バカは俺だけじゃやない」との証を示すために小泉進次郎を起用したとの見方がある。

アホらしくて開いた口が塞がらない。

それにしても、こんなバカとアホウのオンパレードに、怒りを見せない日本人の気は確かなのか?

**************************

 小泉進次郎は19日、水俣病犠牲者の慰霊式に出席した後、被害者団体と懇談した。

 「環境省は水俣病をきっかけに立ち上がった組織。心を砕いていく」と述べたが、具体的な施策に言及はなく、被害者側から「歯切れが良いだけ。何も言っていない」と落胆の声が相次いだ。

 懇談では、高齢化する被害者への福祉サービスの充実や、不知火海沿岸の住民の健康調査を求める意見が続出した。

 被害者の会の中山裕二事務局長(65)は「調査を求め続けたこの10年間に多くの人が亡くなった。環境省は被害者が死ぬのを待っているのか」と怒りをぶつけた。  (以上 共同通信)

こんな記事が出た!野田聖子が山本太郎とタッグ?

 「れいわ新選組」が参院議員2人を国会に送り込んだことでマスコミの注目度が一気に上がったが、今回は週刊実話が取り上げた。

 「自民・野田聖子元総務会長とれいわ・山本太郎代表がタッグ結成か」と派手な見出しが躍った。

 もし実現すれば政界へのインパクトが大きいとの観測記事に過ぎないが話題にしてくれることは有難い。

***************************

 自民党の野田聖子元総務会長が重い身体障害がある2人を参院議員に当選させた『れいわ新選組』の山本太郎代表にシンパシーを寄せている。

 自民党の一部では「野田氏と山本氏がタッグを組む可能性もある。そうなると物凄いパワーを持つ勢力になりかねない」と警戒感をあらわにする。

 かねてから自民党総裁選出馬に意欲を見せるなど、野田氏の動向には現政権も神経を尖らせていた。野田氏が『れいわ新選組』に共感しているのは、東京新聞のインタビューでこう述べたことでも明らか。

 〈二十四時間人工呼吸器をつけている人が国会議員になるのは、まさに驚天動地。うちの息子のような、2人の参院議員より軽度の障害者にとっては大きな風穴をあけてくれた〉

 〈障害があっても働いて自立し納税者になれる道を模索しなければならない〉〈スロープを作ればいいのではなく、発想を変えないといけない。国会議員や役人、記者が自分の目で見て接し、訓練し、心根が変わってくれたらうれしい〉(9月5日付)

 こうした野田氏の発言等は今回に限ったことではない。7月、れいわ新選組の2人の重度障害者が参院選に当選した直後、ブログで次のように記している。

 『他党であるけれど重度障害議員誕生 日本の国会を大きく変える 国民の代弁者は国民を守る強者ではない時代のはじまり』

続きはここをクリック
https://news.livedoor.com/article/detail/17250146/

満員札止めの大盛況!カナダ人の女性客も落語に大喜び!

 新宿から明大前で井の頭線に乗り換えて19日午後、4人で図書館に出前寄席を届けた。ここでの無料落語会も回を重ねて7回目とあって、常連客が増えた。ビックリしたのは客の中にカナダ人女性がいたことだ。

 落語は想像芸である。そのうえ、古典落語の会話は、現在使っている東京弁ではなく、「江戸弁」だ。「カッコいい」と言わず、そういう時は「様子がいい」という。これが江戸弁だ。

 話し手が投げたこうした言葉を聴き手が受けて、自分の頭の中でその「場面を想像」する。

「チョイとあんた、こっちおいで!・・・おいでったら」
「何だい、うるせーな」
「何だいじゃないよ、お前さんはいつもそうやってボーとしてんだから」

 このやり取りを聴いたら、カミさんに頭が上がらないダンナが小言を言われている夫婦の会話。そんな場面が想像つくはずだ。

 以前、ス-パー銭湯で落語会を開いた際、最初から最後まで耳を傾けていたとっつあんにあとで感想を聞いたところ「ちっともわからない」と言った。

 ほかの客は小学生の子供までみんな笑って落語を理解しているのに、この人だけは「何を言っているのかさっぱり分からなかった」の感想。

 想像力の乏しい人に100回、同じ噺を聴かせても分からないだろう。

 そんな中で外国人が聴きに来たので驚いた。あとで「いかがでしたか」と尋ねたら、「とっても楽しかった」と言ってくれた。

 なんとこの外国人女性はカナダ人で、落語仲間の友人だと知らされた。ご主人が日本人で、日本とカナダの両方にうちがあり秋は日本にいるそうだ。

 講座で演じた演目は、権助魚、雪の朝のしじみ売り、ガマの油、千早振る、明烏の計5席。

 この日はどんより曇っていたが客席はすべて満席。それでも席が足りず、立ち見が出たほどだ。

 終わった後、控え室でお茶を飲んでいると、図書館長がやって来て「お疲れさまでした。次回の落語会が決まりました。来年3月14日でお願いします」と言った。

 合点、承知の助である。

これは100人が100人、腰を抜かす金額だ!

 関電疑惑が発覚した際、75着分の背広代が金3750万円也、と聞いて驚いた。

 この金額を聞いたら100人が100人、腰を抜かすのではないか? 儀礼の範囲などと言う理屈が通るシロモノではない。

 牧太郎も違和感があったらしくて、サンデー毎日にこんなことを書いた。
************************

 開いた口が塞がらない。 関西電力の金品受領問題で「貴方(あなた)は背広2着を返却していないが?」と聞かれた八木誠会長は「当初は儀礼の範囲内と思っており、スーツの値段がよく分からないこともあって、これは使いました」

「1着50万円」が儀礼の範囲内? 呆(あき)れ果て、茫然(ぼうぜん)、呆気(あっけ)!である。この「超高級スーツ」を貰(もら)ったのは11人で75着分(計3750万円相当)。洋服屋をまるまる一軒、買い占めた金額ではないか!

「(金品を贈った)福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)は激高しやすい性質。だから、機嫌を損ねると地域全体から原発運営に反対されるリスクがあって」と言い訳を並べていた。

 冗談じゃない。「返還した」と言っても、その半分以上の約1億6000万円は国税当局が査察に入った昨年1月以降に慌てて返している。約3200万円分はスーツ仕立券などで返還できない。

 これは間違いなく「賄賂」である。もちろん、責任を取り即刻、辞任する!と思ったが、粘りに粘った末に、会長、社長をはじめ7人が辞任することになった。厳しい世論に抗しきれなかったのだろう。  (以上 サンデー毎日)

安倍晋三こそが「無責任時代」の元凶だ!

 元毎日新聞社会部記者の牧太郎がサンデー毎日でこう言った。「無責任時代」の元凶は安倍だ!

 そうだ!牧太郎の言う通りだ。ウソツキ安倍が、社会生活を送る際に欠かせない「信頼」と「信用」を根底からぶち壊し、日本を三流国家に貶(おとし)めた。

 国民を裏切り、多大な損失を与えても、誰も責任を取らない無秩序社会。人間不信を増幅させた責任はすべて安倍晋三にある。

*************************
以下は牧太郎の「檄文」である。 

 美しくない。最近の政治家はスキャンダルが発覚しても、平気で居直る。防衛大臣のときに資質を疑われた人物が自民党の幹事長代行として返り咲く。

 千葉を直撃した台風15号への対応が遅れたことについても、誰も反省しようとしない。日本は「誰も責任を取らない国」になってしまった。

 江戸時代、武士には「切腹」という自裁行為が認められていた。封建時代だから、町人には「名誉ある自死」は認められなかったが、武士は勇壮に腹を切ることができた。主君に殉ずる「追腹(おいばら)」、職務上の責任や義理を通すための「詰腹(つめばら)」、無念のあまりの「無念腹」と武士は進んで責任をとった。

 新渡戸稲造は『武士道』(1900年刊)の中で「腹部には、人間の霊魂と愛情が宿っているという古代の解剖学的信仰」があったからと説明しているが、ともかく日本人にとって"切腹"は美学だった。

 明治、大正、昭和、平成...時代が変わっても、日本人は指導者の出処進退に「潔さ」を求めた。

    ×  ×  ×

 安倍一強政権の下で、日本国は「無責任時代」に突入した。

 森友学園の国有地払い下げ問題で、安倍晋三さんは「私や妻が関わっていたら総理大臣も国会議員も辞める」と宣言した。

 ところが、夫人付の経済産業省女性職員が土地売買について関係部署に問い合わせていたことが判明。安倍さんは辞任する!と思われたが、居座った。

 これ以降、権力者たちは「腹を切る」ことを故意に忘れた。平気でウソをつく。

 「安倍だって、辞めないじゃないか。毎日毎日、嘘ばかりじゃないか?」とみんなが笑っている。

 関電の面々は「安倍流」に従って粘ったのだろう。

 今からでも遅くない! 安倍首相は辞任しろ!

「日本国の美しい文化」を再生するために辞任してくれ! (以上 サンデー毎日)

趙紫陽元総書記の遺骨埋葬、死後14年目にやっと実現!

 この人が登場した時、「中国の民主化に希望の灯がともった」と期待したが、その後、保守派によって灯がかき消された。彼を政治的に見殺しにした責任は西側にもある。残念でならない。

*************************

中国で30年前に起きた天安門事件で、学生らの民主化運動に理解を示したとして失脚した趙紫陽 元総書記の遺骨が、死去から14年以上たって、18日、北京郊外の墓地に埋葬された。NHKが報じた。

趙紫陽 元総書記は中国で改革派の指導者として知られているが、1989年の天安門事件で民主化を求める学生に理解を示し武力鎮圧に反対したため、指導部内で批判を受けて失脚し、北京中心部の自宅で事実上の軟禁を強いられ、2005年1月に死去。

しかし、中国当局は、趙氏の遺骨を埋葬する許可を出さなかった。死去から14年以上たったことし、ようやく埋葬の許可が出た。趙氏の生誕から100年の翌日となる18日、北京郊外の墓地に遺骨が埋葬された。

親族やかつての側近らが参列する中で、趙氏の長女の王雁南さんが涙ぐみながら追悼のことばを述べた。

墓地の周辺では、制服と私服の警察官らが大勢配置されて厳戒態勢が敷かれ、訪れた人の出入りを監視したうえ、NHKをはじめメディアの取材も妨害するなど、緊張した雰囲気に包まれた。

中国共産党が今なお、政治の民主化を目指した趙氏を再評価する世論が高まらないよう神経をとがらせていることがうかがえる。

中国は習近平国家主席のもとで権力の一極集中を一段と強めているのが現状で、趙氏の名誉回復に向けた動きは見えていない。

菅直人は本当に「悪魔」だったのか?

 ネトウヨのみならず、ネトサヨまでが、いまだに菅直人をデビル扱いをする。

 民主党政権当時、野党だった安倍晋三が原発に反対する菅直人が邪魔なので、デマ情報をまき散らした。

 そこに産経や民放のワイドショー、週刊誌がワル乗りして菅直人を悪魔に仕立てた。

 菅直人は本当に悪魔だったのか?

これは私のブログ「半歩前へ」に掲載したものだ。再録する。

2016年05月06日 ドイツで菅直人に「脱原発勇敢賞」

▼日本では脱原発派は不人気?
 東日本大震災当時の首相、菅直人がドイツで「脱原発勇敢賞」を受賞した。安倍晋三の悪だくみに同調した再稼働推進派の読売や産経などの攻撃で菅直人は悪の権化に仕立て上げられた。

 が、彼は当時の官房長官、枝野が「あなたの政治生命に傷がつくから行かない方がいい」と止めたのを押し切り、福島の現場に乗り込んだ。菅は言った。「オレの政治生命と(日本と)どっちが大事なんだ」―。

 原発被害が福島第二原発まで広がれば、「東日本は間違いなく壊滅する」と真剣に考えた。

 菅直人は命がけで原発を止めようとした。市民運動から出発した政治家の本性を見た思いだ。

 日本のマスコミは週刊誌も含め、脱原発の菅直人に批判的だが、海外での評価は真逆だ。

 そんな彼がドイツの脱原発の電力会社から賞をもらった。

詳細はここをクリック
https://www.sustainablebrands.jp/news/os/detail/1187610_1531.html

闇に葬られた香港のデモ隊少女全裸殺人事件!

 NHKや朝日など日本のマスコミはこの事実をどうして伝えないのか?

 権力に寄り添って香港政府や香港警察の一方的な発表だけ伝えるのが新聞、テレビの仕事ではないはずだ。

 フリージャーナリストの田中龍作が懸命に報道し続けている。

 滞在費を含め、すべて自前で報道し続ける田中龍作の資金が枯れてきたようだ。

 ちりも積もってなんとやらである。可能な人は100円でもカンパしよう。

****************************

【香港発】デモ隊少女全裸殺人 闇に葬る警察と親中新聞
2019年10月19日 00:01

 詩織さん事件を思い出してほしい。警察が不自然な動きをし、追及されると力づくで隠す。暗黒国家・独裁国家の特徴だ。

 反政府デモの常連参加者だった陳彦霖さん(15歳・デザイン専門学校生)の全裸死体が9月22日、学校近くの海岸に浮かんだ。陳さんが連絡を絶ってから、3日後のことである。陳さんは水泳選手だ。

 警察が、死体は陳さんであることを正式に認めたのが10月9日。死体発見から17日も経ってからだ。その後の動きは恐ろしく速かった。

 翌10日、陳さんの火葬。香港警察は事件性が疑われる不審死の場合、数ヵ月は死体を保存していた。

 翌11日、警察は「容疑者はいない(事件性はない)」と発表。

 14日、学校がCCTV(監視カメラ)の映像を公開。

 映像は陳さんが乗ったエレベーターのドアが開いたところで終わる。だがドアの外側には警察官の棍棒が。(映像は改ざんされていて、陳さんではなく、よく似た女性との説もある)。

 だが、最後のワンカット・・・開いたドアの外側に警察官の棍棒が写っていたのが、香港市民の警察不信にまたもや火を着けた。

 陳さんがデモ隊だったことも、警察への不信を掻き立てた。

 世論は騒然となった。すると警察はこの日の夜、学校のCCTV映像やパソコンを押収した。

 映像証拠は闇に葬られた。

 収まらないのは香港市民だ。日本と違って権力犯罪には厳しい。

 香港の5ヵ所で事件の真相究明を求めるデモが18日、あった。

 遮打花園に数百人が集合していると、警察が駆け付けてきて警告幕を掲げた。参加者のマスク着用を「違法」と警告したのだが、ホントの狙いは別だ。全裸殺人事件をよほど追及されたくないのだろう。

 デモ集会の向こうを張ったのが御用マスコミだ。18日の親中華字紙は、陳さんの死を自殺と断定する記事を一面トップに掲載した。

 水泳選手が海で(わけもなく)入水自殺するだろうか?  滑稽過ぎて不気味でさえある。

 警察と御用マスコミの “見事な” コンビネーション。詩織さん事件がウヤムヤにされそうな日本とよく似ている。

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/10/00021074

************************
編注
詩織さん事件と言うのは
元TBSは社員で強姦魔の山口敬之がマスコミ志望の伊藤詩織さんを無理やりホテルに連れ込み強姦した事件。

山口敬之は安倍晋三のPR本を書くなど官邸とつながっているため、逮捕状が出ているのに警察官僚の「天の声」で逮捕を免れた。

日本の最高権力による犯罪としてBBCやニューヨークタイムスが大々的に報じたが、日本のメディアは「怖れて」記事を書かなかった。

千葉でまた1時間に100ミリの猛烈な雨!

 2度の大型台風に見舞われ、散々な目に遭った千葉の房総地域。再び、館山市や鴨川市、南房総市に全員避難勧告が出たという。知り合いがいるので大事に至らねばいいがと、そればかり案じている。

****************************
NHKが気象庁情報をえた。

 前線と低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、東日本と東北の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

 この時間、関東南部に発達した雨雲がかかっていて、千葉県ではレーダーによる解析で午前7時50分までの1時間に横芝光町付近でおよそ110ミリ、山武市付近でおよそ100ミリ、匝瑳市付近でも午前8時10分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

 これまでの雨で千葉県では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

 大気の不安定な状態が続くため、関東の沿岸部を中心にこのあとしばらく非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、東北では昼すぎにかけて、新潟県では夕方にかけて局地的に激しい雨が降る見込みです。

イスラエルが核廃棄物数百トンをヨルダン川西岸で処分!

 こんな危険物をパレスチナに埋め立てるとは悪魔の仕業だ。

 子供のころ、アンネの日記を見て涙したがユダヤ国家のイスラエルはいま、わがもの顔で傍若無人の乱暴狼藉を働いている。トランプの後押しで横暴は加速する一方だ。

 彼らにとって、パレスチナは核のゴミ捨て場なのか? こんな非業を見過ごしてはならない。ネットを通じて世界中に非難の嵐を巻き起こそう。

***************************

 シオニスト政権イスラエルが、自国の核廃棄物及び化学廃棄物の50%以上をパレスチナ・ヨルダン川西岸に埋め立てていたことが明らかになりました。

 英オンライン紙インディペンデントのアラビア語版によりますと、ヨルダン川西岸地区の分離壁近くにある農村は、シオニスト政権イスラエルの工場から密かに持ち込まれた危険な核・化学廃棄物の処分する場となっています。

詳しくはここをクリック
https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i56363

「こんな日本に誰がした」のかを考える必要がある!

経済学者の植草一秀が自身のブログでこう言った。私が言葉を差しはさむ場所はどこもない。彼の言う通りだからである。

***********************

 国税庁が発表する民間給与実態調査の2017年統計によれば、1年を通じて勤務した給与所得者4945万人のうち、年収200万円以下が全体の21.9%、1085万人だった。

 年収400万円以下は全体の55.2%、2730万人だった。

 所得税では、夫婦子二人の標準世帯の場合、片働きであれば、年間の給与収入354.5万円までは所得税負担が生じない。

 生存権を守るために、生きてゆくために必要な最低限の収入に対しては税金を徴収していないのだ。

 ところが、消費税は違う。

 消費金額の10%のお金を、有無を言わせずにむしり取る。国民生活は疲弊しきっている。

 安倍内閣の下で雇用が増えたというが、増えた雇用の4分の3は非正規雇用である。

 労働者一人当たりの実質賃金は第2次安倍内閣が発足してから5%も減った。

 社会保険料は軒並み引き上げられ、他方で、年金の支給開始年齢は引き上げられている。

 高齢者の医療費自己負担は増大の一途を辿り、介護保険の保険料、自己負担も上昇の一途を辿っている。

 汗水流して一生懸命働いているのに、まともな暮らしができる収入を得られない。

 この人々を大量生産しているのが安倍内閣なのだ。

 安倍首相は最低賃金が全国平均で900円を超えたと自画自賛するが、この賃金でどれだけの年収を得られるのか。

 1日8時間労働し、週に5日働いて40時間。

 祝日を差し引くと年間労働時間は約2000時間になる。

 非正規の労働者には有給休暇がない。

 体の具合を悪くして仕事を休めば収入減に直結する。

 盆暮れ、正月にもまとまった休みも取れない。

 これだけ働き通して、時給900円なら年収は180万円だ。

 最低賃金が790円の県が15県もある。

 年収158万円だ。

 ここから社会保険料、消費税が抜き取られて、どうやって生きて行けと言うのか。

 「こんな日本に誰がした」のかを考える必要がある。

破竹の勢いの習近平中国がすでに東欧を制覇!

 かつて東欧はソ連の支配下にあった。 その東欧を今は中国が完全に牛耳っている。アフリカ方式で、多額の金を貸し付け、返済不能な状態に追い込み「支配下」に置く。

 武力なき新たな帝国主義、植民地主義である。

 習近平の「中華帝国の夢」は着々と進行している。そのあたりを現代ビジネスが分析した。

**************************
現代ビジネスがこう言った。

パソコンで何となく第2テレビ(国営放送)の番組表を見ていたら、10月4日はその日だけで中国関連の番組が5つもあったのでビックリした。
1. 中国の西への行軍
2. トランプ対中国
3. 龍の権力-中国のグローバルな軍事作戦
4. 赤い諜報活動-中国と産業スパイ
5. 監視される国民-中国の社会信用システム

なぜ、今、突然、中国なのか?
一党独裁で、巷に2億台もの監視カメラを据えている国が、軍事力を誇示すれば、警戒してくださいと言っているようなものだ。

ただ、軍拡にしろ、経済的な覇権拡張にしろ、別に今始まった話ではない。

その証拠が、一帯一路構想だが、それを実現するための金融支援として、AIIB(アジアインフラ投資銀行)が設立されたのは2013年だ。現在、大国のうち、AIIBに参加していないのは、米国と日本ぐらいではないか。

また、2012年4月、中国は東欧やバルカンの国々と「16+1」という会を結成。今年からギリシャも加わり、「17+1」に進化した。

17国を挙げると、ハンガリー、ポーランド、チェコ、ルーマニア、ブルガリア、スロベニア、クロアチア、スロバキア、リトアニア、ラトビア、エストニア、ギリシャ、セルビア、アルバニア、北マケドニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロだ。

本部は北京。地図でこの17ヵ国を塗りつぶすと、EUの東に見事に厚い壁ができる。これを見ると、「中国がここまで迫ってきたか」と、ヨーロッパ人でなくても怖くなる。

バルカン半島は重要な輸送路だ。一帯一路作戦には欠かせない。だからこそ中国は、10年以上、この地域に多額の投資をしている。

GDPが425億ドル(2013年)のセルビアでは、中国が関わるインフラ投資がすでに100億ドル近い。最大の製鉄所も中国のものだ。

人口62万人の小国モンテネグロでは、債務がすでにGDPの8割に達しているとか。どちらも、遅かれ早かれ借金で首が回らなくなり、第2のスリランカになる可能性は高い。

40億ユーロ近い融資を受けているハンガリーでは、ブダペストとベルグラードを結ぶ高速鉄道という大プロジェクトが進行中だ。

一方、ギリシャのピレウス港も、40年の契約で中国の手に落ちた。ここは、中国から到着した製品を鉄道に積み替える重要な港だ。

また、ブルガリアで進んでいるのは、原発、高速道路、鉄道の建設。クロアチア南部には橋も作っているが、その建設費4.2億ユーロのうちの3.5億はEUからの援助だそうだ。つまり、EU市民の税金がEUの利益にならず、中国の進出をサポートしていることになる。

中国が次第に東欧で覇権を築き始めたのを知りながら、EUでは誰も動こうとはしなかった。

どの国も、それぞれに中国のおかげで利益を得ているから動けなかったのだろう。これではEUの対中政策など立てられるはずもない。

詳しくはここをクリック
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67876

香港の民主活動家を襲撃した集団は車で逃走!

 非暴力運動を訴えていた民主活動家がまた襲われた。香港での民主化運動を押さえつけようと中国本土からその筋の「専門家」が多数、香港に送り込まれている。

 世界中の人々に愛された自由で美しい香港に暴力の嵐が吹き荒れている。民主主義の危機である。日本人は香港から目を離してはならない。

*************************

 香港で民主化要求デモを主催する市民団体「民間人権陣線」のリーダー、岑子傑氏が16日夜、正体不明の男たちに襲われ、重傷を負った。

 九龍半島の繁華街でハンマーを持った4、5人に襲われ、頭や顔などを殴られた。

 救急隊が現場に駆け付けた時は意識があったという。男たちは車でその場を立ち去り、警察が行方を捜査している。

 香港では過去数カ月、民主活動家への襲撃が相次いでおり、岑氏は8月にも襲撃を受けていた。

 民間人権陣線は非暴力運動を訴えており、この夏には中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする条例改正への平和的な抗議デモを相次ぎ主催。

 記録的な規模でデモ行進が行われた。今月20日にもデモ行進を計画しており市民の間で不安が広がっている。 (以上 読売)

文在寅の支持率またダウン!支持層離反でついに30%台!

 文在寅は大統領就任直前は83%の支持を誇っていた。前大統領逮捕の反動もあろうが、それにしてもこのところの急落はすさまじい。

 チョ・グクの「不正入試」をはじめとした一連の疑惑問題もあるが、最大の原因は経済の不振だ。

 特に若者の失業者は増え続けており、深刻な社会問題となっている。

 韓国は極端な差別社会で、学歴がすべて。サムスンなどに就職した一部のエリートと、それ以外の間での格差は広がる一方だ。

*********************************

 【ソウル時事】韓国ギャラップ社が18日発表した世論調査結果(15~17日実施)によると、文在寅大統領の仕事ぶりを評価すると回答したのは、前週比4ポイント減の39%で、同社の調査では2017年5月の就任以降、初めて30%台に落ち込んだ。

 「評価しない」と答えたのは2ポイント増の53%。

 家族をめぐる不正疑惑で文氏の側近・チョ国前法相が14日に辞任した。文政権を支持していた30代や革新系勢力の間で評価が下落している。  (以上 時事通信)
 

武蔵小杉の「最大の謎」を日刊ゲンダイが解き明かした!

 台風19号のおかげで一躍“全国区”となった武蔵小杉について、火付け役の日刊ゲンダイが続報を放った。

 その結果、「ウンコ水」と大騒ぎした武蔵小杉を襲ったナゾの正体が判明した。

 半分正解で、半分が不正解と言うのが何とも悩ましい。半分は「糞尿」と認めたからだ。

*************************
日刊ゲンダイの続報だ。

 マンホールから下水があふれ、最大1.5メートルの高さで街が浸水した川崎市の武蔵小杉駅周辺。この地域の下水道は生活排水と雨水を同じ管で流す合流式だ。そのため、浸水した水には糞尿が混じっているのではないか、と日刊ゲンダイが報じ、ネットなどでも大騒ぎになった。

 あらためて、川崎市上下水道局に電話取材し、駅周辺に広がった茶色い水が「ウンコ混じり」なのかどうかを問うと、担当者はこう答えた。

「半分は合っているし、半分は合ってない。雨が降ると、合流管から雨水に希釈された汚水を川に放流するが、雨水が汚水の100倍になるよう計画している。

今回の台風では、多摩川が高水位となったため下水管に逆流し、川の水と雨水と汚水が噴出した。

逆流した水にトイレの汚水が混じっているとしても、プールに子どもがお漏らしをした程度の薄さ。また、ネットなどで道に積もった泥がウンコなどと書かれていますが、あれの大部分は多摩川から逆流した泥です」

 東京都下水道局によると、東京23区のほとんどの地域の下水も合流式だ。都内でも大雨が降れば「ウンコ水」はあふれ出てくる可能性がある。(ジャーナリスト・若林亜紀)

小泉進次郎クン、ただいまネットで炎上中!

 国会で答弁に立つたびにメッキがはげ落ちる「人寄せパンダ」の小泉進次郎クン。あんたはやっぱり政治家は無理だ。あまりにも基礎知識がなさ過ぎる。ボロボロになる前に議員バッジを外した方が身のためだ。

 小泉進次郎クン、ただいまネットで炎上中だ。↓  (原文のまま)

▼「からっぽ若大将」のチンジロウ君、自分の仕事は会議をする事で、長として決断することはしません

▼官邸で結婚発表した時驚いたが彼は自分が将来の総理と思い込んでいたのか。砂上の楼閣で勘違いしていたことに今彼は気づいているはずだ。これから頑張って欲しいが政治に向いているとは思わない。

メディアに作られ メディアで潰される進次郎。

▼これほどに頭の悪い奴だとは思は無かった。質問の意味が解っていないのか?分かっていはいるが、解決策を持ち合わせていないのか?まるっきり関心が無いからなのか?

▼国連でも記者の質問に立ち往生して、無言になった。質問自体が理解出来ないのだろうと思うよ。

▼進次郎、本当は環境やら福島の現状やら、興味がないのが透けて……いや、モロバレしてしまったようですね。

さすがに国会答弁で「私は女子アナとの合コンにしか興味がありません。大臣なら若い女もいっぱい寄ってくるでしょうから、今からワクテカです!」とは答えられないでしょうね。

自分の管轄で最低限の理論武装もできてないってのが、お粗末ですね。

というか、何度も福島の被災地に足を運んで、一体何をしてきたんだろう?と、むしろ不思議です。いくらでも答えようはあるでしょう。

▼街頭でどんな質問が飛び出すか分からないのに、一つ一つ真摯に答えている山本太郎の爪の垢でも煎じて飲め。

せめて自分が担当する分野くらい、質問を想定して勉強しろ!! お前は大臣なんだ。

総理にしていけない政治家トップはやはりあの人物!

 永田町政治を「なりわい(生業)」にしている政治評論家や政治ジャーナリストら30人に週刊ポストが「総理にしてはいけない政治家は誰か」と聞いた。(投票者1人につき3人まで回答)。

 ダントツの票を集めたのは人呼んで「タカ派のマドンナ」、稲田朋美(14票)だった。

 安倍に目をかけられ、当選3回で規制改革担当相として初入閣。以来、自民党政調会長、防衛相と出世街道を走ってきたが、周知のように防衛省不祥事の迷走答弁で事実上更迭された。

ところが、その後も安倍の後押しで党総裁特別補佐兼筆頭副幹事長に抜擢された。政治学者の後房雄・愛知大学教授が指摘する。

「思想的理由で安倍首相の特別な庇護を受けながら、行政組織の掌握でも、社会的な説明責任の点でも、とても政府のトップの器ではないことを露呈した」

 評論家・古谷経衡は主義・思想面でも見るべきものはないと評した。

「彼女は南京百人斬り訴訟の弁護団で一躍保守論壇の寵児になったが、その歴史観はネット右翼の範疇を出ていないように見える」

 ワースト2位は同票(7票)で、枝野幸男・立憲民主党代表と茂木敏充・経済再生相。枝野は「野党をまとめる能力がないのに政権運営ができるとは思えない」(政治ジャーナリスト・藤本順一)

 茂木は自民党竹下派の会長代行で、次の総裁選への出馬が有力視。「政策能力は高いが、人望がないから仲間がいない。桜田義孝・前五輪相が答弁を間違った時も閣僚席で大笑いしていたが、自分は頭がいいから他人が幼稚に見えるんだろう。人望は総理に必要な資質だが、いつの間にか備わるものではない」(政治評論家・屋山太郎)

 奇しくも茂木に投票した全員が「人望」を理由に挙げた。

 4位(6票)には菅義偉・官房長官、岸田文雄・政調会長、石原伸晃という3人の次期総理候補が並んでランクイン。ポスト安倍の最有力とみられている菅にも多くの注文が付いた。

 「安倍政権のナンバー2として、総裁選出馬する前にやるべきは安倍政治の総括。それができなければ総裁候補の資格はない」(毎日新聞客員編集委員・松田喬和)

 「しょせんはナンバー2でトップに立つ政治家ではない。政策的にも、彼が導入したふるさと納税は故郷とは無関係に物欲しさに納税させ、人間を卑しくさせた」(元参院議員・筆坂秀世)

 前回総裁選で出馬を見送った岸田には“戦わない姿勢”を疑問視する声が強い。

 「安倍首相からの政権禅譲が岸田の基本戦略と見える。しかし、首相とは憲法改正など政治路線が異なるのだから、戦わない者は去るべし」(ジャーナリスト・手嶋龍一) 

またまたネットで傾聴に値する意見を発見した!

 環境問題についての国会質疑で森ゆうこに「環境大臣として、具体的に何をするのか?」と聞かれ、小泉進次郎は廃炉対策会議・会合・委員会の名称をツラツラ挙げただけで自分の席に戻った。周りの者があっけにとられた。

 そうした中、ネットで傾聴に値する意見を発見した。

 「お粗末な小泉進次郎、それ以前に閣僚は専門知識を持つ学者か環境問題で活動実績のある人物を任命すべきではないか。

 派閥順送りやオトモダチ感覚、論功行賞で選ぶべきではない。教育や環境に関心も知識もない者を文科相や環境相に任命する日本の閣僚選任は異常」。

 お説の通りだ。

2人目の閣僚、高市早苗が靖国神社を参拝!

 きのうの衛藤晟一に続いてきょう、高市早苗が靖国神社を参拝した。2人目の閣僚参拝である。

 2人はともに国粋主義者だ。こうなることは当初から分かっていた。

 安倍晋三はそれを承知で、同じ思想の持ち主である2人を閣僚に任命した。

 安倍本人は「真榊」を奉納しただけで参拝はしなかったと言いたいのだろうが、そんな言い訳は通らない。

 安倍の意を汲んで2人が参拝したと、少なくとも中韓はそう判断するだろう。

******************************

 高市早苗総務相は18日、東京・九段北の靖国神社を秋季例大祭に合わせて参拝した。今回の例大祭期間中に閣僚の参拝が確認されたのは、17日の衛藤晟一沖縄北方担当相に続き2人目。例大祭は20日まで。

 安倍晋三首相は例大祭に合わせ「真榊」と呼ばれる供物を奉納しており、期間中の参拝は見送る。高市氏の参拝が中国などを刺激する可能性がある。 (以上 共同通信)

トイレ禁止のタワマンは3LDKで9280万円なり!

 ハイセンスな街として若いセレブ達に大人気なのが武蔵小杉駅周辺のタワマン。

 駅から徒歩2分の47階建て「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」は、中古物件でも3LDKの販売価格が9280万円と言うから安くはない。賃貸だと1LDKで家賃が20万円前後だ。

 そうしたことから、自分は住まずに「投資物件」として購入している人が少なくないという。「億」に近い部屋をポンポン買えるというのだから世の中には金持ちが多い。

 そのセレブなタワマンが台風で停電。電気が止まったのでエレベーターも停止。トイレは使用禁止となった。それどころか駅周辺は下水が逆流して冠水。外に出ることもままななかった。

どんな状態だったか?
詳しくはここをクリック
http://blog.esuteru.com/archives/9395690.html

*****************
編注
タワマンの価格は台風前の値段で、台風後については不明。

中国の成長は歴史的低水準!米中貿易戦争が打撃

 中国国家統計局が18日発表した2019年7~9月の国内総生産(GDP)は物価の変動を考慮した実質で前年同期比6.0%増えた。伸び率は4~6月より0.2ポイント縮小し、2期連続で減速し過去最低を更新した。

 米国との貿易戦争で輸出が低迷し、消費や投資にも力強さがない。成長減速は世界経済の波乱要因になりそうだ。歴史的低水準に落ち込んだ。  (以上 日経)

詳しくはここをクリック
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36676580Z11C18A0MM0000/

サッカーW杯で帰国した韓国選手が恐怖の試合を語った!

 北朝鮮は、サッカーで韓国に負けるようなことになれば、選手は負けた責任を取らされて家族ぐるみで収容所送りだ。下手をすると全員、銃殺刑が待っていたかも知れない。

 だから試合で暴力を振るうなど「ごく当たり前」のことだろう。帰国した韓国選手が恐怖の試合を語った。 

***********************
朝鮮日報が取材した。

 平壌でのワールドカップ予選を終えて戻ってきたサッカー韓国代表の選手たちが「悪夢のような試合」について語り始めた。

 キャプテンの孫興民は17日「相手(北朝鮮)のラフプレーがあまりにもひどく、暴言も多かった」「けがをせず帰ってこられただけでもよかった」と語った。

 大韓蹴球協会の副会長は「(北朝鮮選手たちは)肘を振り回して膝を当ててきた」「過去にこんなサッカーは見たことがない」とした上で「戦争のようだった」と振り返った。試合中に明らかな暴行を受けた韓国選手もいたという。

 韓国選手団はまず平壌空港での入国審査で厳しい仕打ちを受けた。所持品を全て書き出すよう求められ、その上でそれらを全てチェックされたため、通関だけで3時間近くかかった。その際、肉や海産物など選手用の食材3箱が没収された。

 選手たちを疲れさせ、萎縮させるのが目的だった。ホテルでもほぼ監禁状態。選手たちは「地獄のようだった」と語っている。

 韓国代表が「戦争」と「地獄」を体験するしかなかった理由は、神のような独裁者一人が支配する北朝鮮の政治体制のためだ。

 北朝鮮は今年の初めカタールに0-6で大敗した。そのため韓国に敗れることを金正恩が嫌った。

 韓国に亡命した北朝鮮の太永浩元駐英公使は「北朝鮮が負けていれば、最高尊厳(金正恩)の顔に泥を塗る結果になる」「もし韓国が勝っていれば、孫興民選手の脚が折られるとかしていただろう」などと語る。

 北朝鮮でスポーツは金正恩のための「政治の道具」であり、「宣伝の手段」に過ぎない。太永浩は「引き分けとなって多くの人が助かった」とも語る。

 その言葉通り、北朝鮮選手たちは「生き残るため」プレーしたはずだ。これをスポーツと言えるだろうか。 (以上 朝鮮日報)

多摩川氾濫で武蔵小杉駅周辺はものすごく臭かった!

 台風災害には新聞が報道できない部分がある。今回、タワマンで同じみの武蔵小杉駅一帯は多摩川の氾濫で大変な騒ぎ。そこに下水処理能力のパンクで汚水が溢れ、流れ込み、汚物の臭いで耐えられないほどだったという。

 気候変動の影響で東京や大阪など人口密集地が浸水する危険度は高まるばかりだ。本気で下水道対策を考えないと大変なことになる。

****************************
武蔵小杉の様子についてJBpressが伝えた。 (原文のまま)

 台風19号通過直後の神奈川県川崎市、武蔵小杉駅周辺は猛烈に「臭かった」そうです。下水の悪臭、もっとハッキリ言うならば、糞便の臭いが凄まじかったという。 

 武蔵小杉といえば、駅の水没、改札が封鎖され大変な行列ができていること、またタワーマンションが停電・断水して「トイレが使えない」「仮設トイレが設置された」といった情報は報道でも伝えられています。

 しかし、インターネットが伝えることができない「臭気」という情報、というよりもこの場合はハッキリ「漏出物」があった。

 漏出物が一体どこから来たのかは分かりません。タワーだけでも2000人の住民がいるそうですし、増水した多摩川は、上流からも大量の漏出物が流されてきたことは間違いない。

 多摩川河口のあのあたりは、すべてが集積して大変なことになる可能性も考えられないわけではない。

 お台場トライアスロンのコラムなどご記憶の方もおありでしょう。大水が出ると「安全のため」未処理の下水、糞便なども直接川に「放流」されてしまう。大変不衛生です。決壊した、しなかったというだけが災害ではありません。

詳しくはここをクリック
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57949

衝撃の証言!リスト作成は「菅原の直接指示」と元秘書!

 経産相の菅原一秀は国会答弁で有権者への贈答リストは確認されなかったとウソを言っていたが、元秘書にここまでハッキリと言われたら、腹をくくるしかない。それとも多数決で押し切ればいいと考えているのか?

****************************

作成は直接指示と元秘書証言

 菅原一秀経済産業相の元秘書が17日、共同通信の取材に応じ、菅原氏の事務所が2006年、選挙区である東京都練馬区内の有権者らに向けた贈答品のリストを作っていたと証言した。

 リスト作成は菅原氏の直接指示だったとも話した。元秘書は有権者に香典袋を渡すよう命じられたこともあったという。

 元秘書は有権者に実際に贈ったかどうかは確認していないが、選挙区内の有権者に贈り物をしていた場合、買収行為とみなされ、公選法に違反する疑いがある。ただ、時効は3年と規定されている。  (以上 共同通信)

ウイグルでの中国人による「人間狩り 」の恐怖!

この録画はフランスのメディアがすさまじい弾圧の下で暮らすウイグルの様子を伝えたものだ。

溢れる人口を抱える共産中国はウイグル族が暮らす地域にまで大量に漢民族を送り込み、ウイグル族を追い出し、地域を「占拠」しようとしている。

別の録画には、抵抗すれば、共産中国の軍によって叩きのめされ半殺しの目に遭っている姿が写っていた。

驚いたのは、デモが禁止されているのに、漢民族のデモは認められているという。ウイグル弾圧目的に禁止令である。

映像では手に手に鉄棒を持った漢民族の若者が集団で闊歩。ウイグル族を襲撃している姿が映し出されている。

漢民族によるによる恐怖の人間狩りである。

世界はこんな共産中国を黙認するのか?

ウイグルでの中国人による人間狩り
詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=_blaBvrsejg&feature=share&fbclid=IwAR36aJqgQFdUUyz_VGydB30r93P0nyTh2QEEI_e-8cncRfviv7OffqAf9oM

日本人に実態を知らせるために、拡散してもらいたい。

世界から一流研究者が殺到する沖縄の大学!

 東大など足元にも及ばない「超」が付く一流大学が沖縄に存在している。

 学部の枠を取り払い、違う分野の研究室が同じフロアに共存することで、例えば生物系と物理系の研究者の間で“化学反応”が起き、新しい視点での研究が進むと言うわけだ。

 大学の理事には欧米のノーベル賞受賞者が顔をそろえる。

 驚きの大学、その名は「沖縄科学技術大学院大学」である。

*************************
ビジネスインサイダーが伝える、世界から一流研究者が殺到する沖縄科学技術大学院大学の実像である。


10月8日、一つの大学院大学の発表が注目を集めた。

沖縄県恩納村にある沖縄科学技術大学院大学、通称OISTがバクテリアを利用した低コストの排水処理装置の製造を目的とした大学発スタートアップ企業、BioAlchemyの設立を発表した。

OISTの設立は8年前。今、急成長を遂げており、アカデミアの世界では脚光を浴びている私立大学だ。2019年6月にはイギリスのシュプリンガー・ネイチャー社が発表した質の高い論文の割合が高い研究機関ランキングで東京大学の40位を上回る日本トップの9位にも選出された。

在籍する研究者は74人。うち、外国人は44名。出身国は15カ国以上にのぼる。

また、理事には、素粒子の一つである「クォーク」に関する研究で1990年にノーベル物理学賞を受賞したジェローム・フリードマン博士や、細胞の表面についた「イオンチャネル」と呼ばれるタンパク質の機能に関する研究で1991年にノーベル生理学・医学賞を受賞したエルヴィン・ネーアー博士などが名を連ねている。

OISTではこうした世界的に著名な研究者や最先端分野の研究者の招聘(しょうへい)、大学への設備投資を進めてきた。この補助金は研究費としても利用されている。

2018年度は、大学の運営費や研究費など含めた約200億円が補助金で賄われた。

日本国内の大学とは異なる点がある。

まず教員と学生の半分以上が外国人で、学内の公用語は英語だ。「学部」という概念も存在せず、違う分野の研究室が同じフロアにある。

例えば生物系の研究者と物理系の研究者の間で“化学反応”が起き、新しい視点での研究が発展することもある。分野を跨いだ研究を促す仕組みだ。

さらに、研究支援ディビジョンと呼ばれる研究をサポートする組織の存在も特徴的だ。研究者の事務作業をサポートする職員だけでなく、次世代シーケンサーやクライオ電子顕微鏡、スーパーコンピューターなど、高額な最先端の実験装置の取り扱いに特化した専門の技術員を雇用している。

詳しくはここをクリック
https://www.businessinsider.jp/post-200762

トランプ疑惑追及の米下院委員長が死去!

 AP通信によると、トランプの不倫問題や不正疑惑を厳しく追及してきた黒人のカミングス下院監視・政府改革委員長(民主党)が17日、病気のため東部メリーランド州ボルティモアの病院で死去した。68歳。健康問題を長年抱えていたという。

 同委はトランプによる長女イバンカの大統領補佐官起用をはじめとする縁故主義、ロシア疑惑、未公開の納税申告書を巡り政権に召喚状を出すなどしてトランプと対立している。

 トランプは7月、カミングスが選出されたボルティモアの選挙区を「ネズミがはびこり、吐き気がするめちゃくちゃな場所」と口汚く非難していた。 (以上 共同通信)

******************************

 68歳とは若過ぎる。本格的な悪代官トランプの追及はこれから、と言う時に、惜しい人を失った。

 「ネズミがはびこり、吐き気がするめちゃくちゃな場所」と口汚く非難したトランプ。 

 これほど下品な米国大統領をかつて見たことがない。トランプはゲスの極みだ。



五輪マラソンを「北方領土でやったらどうか」と小池百合子!

 これはまた大胆な発言だ。北方領土はわが国固有の領土。だから東京五輪マラソンをやったらどうだと小池百合子。

 今から間に合うのか? 東京五輪の花形競技、マラソンを札幌に持って行かれることへの反発だ。

 しかし、この発言で注目を集めたことだけは間違いない。都知事選で再選を目指す小池。なかなかやる。

 野党は誰を対抗馬に出すのか分からないが、相当手ごわいと踏んでかからないと勝機はない。

******************************

 東京都の小池知事は17日、連合東京の定期大会に出席し、あいさつの中で、東京オリンピックの猛暑対策としてマラソンと競歩の会場を札幌に移す案をIOC=国際オリンピック委員会が発表したことに触れた。

 この中で小池知事は「涼しいところと言うんだったら『北方領土でやったらどうか』ぐらいのことを、連合から声を上げていただければと思う」と述べたうえで、「ロシアのプーチン大統領とお親しい安倍総理大臣や組織委員会の森会長なので、『平和の祭典を北方領土でどうだ』ということぐらい、呼びかけてみるというのは、ひとつありかと思います」などと発言した。 (以上 NHK)

謎深まる慶大スキャンダル「真相」追及はこれからだ!

 慶大アメリカンフットボール部の「不適切行為の真相」は8月の夏合宿で複数の男子部員が女子風呂の様子を盗撮したことだと大学スポーツ新聞。

これに対して、早速コメントが届いた。
 「この”真相”を疑います。果たして、盗撮だけで収まっていたかどうか?」とAさん。

 よく考えてみるとAさんの疑問は納得できる。「盗撮」だけでほかに余罪がなければ、活動の無期限自粛の発表まで至らなかっただろう。

 この慶応と言う大学は、2016年夏、18歳の女子にテキーラを無理やり飲ませ泥酔させた上に集団で強姦。

 その性交場面を強姦犯たちがスマホで撮影しカネにしようとした動画がネットに流出。被害女性が母親とともに慶応大学に直接訴えたにもかかわらず、大学側は門前払い。

 そんな大学が「複数のアメフト部員による著しく不適切な行為があった」と珍しく公表した。バレたら余程「不都合なことになる」と判断したからではないか。いつになく素早い対応だ。

 公表できない裏には、とても公に出来ないような「不祥事」が隠されているのではないか?

 オカシナことがなければ、堂々と公表すればいいだけだ。それを、詳細については「教育的観点およびプライバシー保護の観点から」公表できないというあたりが怪しい。

 慶応大学に「教育的観点」なるものがあるなら、なおさらのこと、すべてを公表すべきではないか。

 この大学は就職率は高いが、人間教育はなっていない。

 その代表がOBで強姦魔の山口敬之(元TBS社員)である。この男の性犯罪についてはあまりにも有名だ。

 ジャーナリスト志望の伊藤詩織さんを巧みに誘惑。前後不覚に陥るまで泥酔させて、無理やり品川のホテルに連れ込み強姦。逮捕直前に官邸筋の圧力で逮捕を免れた。

 これは「日本の最高権力が絡むセックス・スキャンダルもみ消し事件」として、英国BBCやニューヨークタイムスが特集を組むなど世界的に報じられた。

 もっと詳しく知りたければ、ネット検索で溢れるほどBBCや欧米マスコミの情報が得られよう。

 今回の慶大アメフトの不適切行為は、まだまだ裏がありそうだ。

 隠されたナゾは解明されるのか? それともこれまで通り、ウヤムヤで終わるのか? 

 慶大スキャンダル「真相」追及はこれからだ。

暴漢がハンマーで香港民主化リーダーを襲撃、頭部重傷!

 香港で16日夜、デモのリーダーが暴漢にハンマーで襲われ重傷を負った。

 凄惨な現場写真はここをクリック
https://www.afpbb.com/articles/-/3249900

 香港で民主化要求デモを主催する市民団体「民間人権陣線」は、同団体リーダーの岑子傑氏が16日夜、ハンマーを持った正体不明の暴漢らに襲われ、血まみれで病院に搬送されたと明らかにした。フランスの AFP通信が香港から伝えた。

 同団体は、岑氏は旺角(モンコック)地区でハンマーを持った4、5人に襲われたと発表。襲撃を「政治的テロ」と表現している。

******************************

 香港では共産中国に反対する市民や学生が何者かに襲われる事件がひんぱんに起きている。

 集会を終えて家路につく途中、ひとりになった時、待ち伏せしていた数人の暴漢に襲撃されるケースがほとんどだ。

 今回の岑子傑さんを襲ったテロ事件も複数の暴漢だ。

 共産中国は中国本土から相当数の人民解放軍や秘密警察の「専門家」を送り込んでいるという。

 地元香港のテレビが取材した録画には、香港警察やデモ隊などになりすました「プロ」の姿が写っていた。

 岑子傑さんを襲った暴漢はこれらの「プロ」か、もしくは権力側に雇われた「暴力組織」ではないかとみられている。

 今回のテロは、「デモに参加すると、こうなる」との見せしめ。市民に恐怖心を植え付けることで民主派の力を削ぐのが狙いだ。

 それでも香港市民たちは暴力にも怯まず、抗議を続けている。

 心ある日本人は、香港を支援しよう。

安倍晋三が「アリバイ作り」に被災地訪問!

安倍晋三が17日、台風19号による河川氾濫などで甚大な被害が出た福島県を訪れた。

超大型台風19号について気象庁が事前に緊急記者会見を開き、「今度の台風は命に関わる台風だから早めに非難してほしい」と訴えた。

そうした最中に、どこ吹く風と銀座の高級フランス料理店で、取り巻きの御用学者とワインを飲みながら3時間も談笑したのはどこのどいつだ。

今ごろになって被災地訪問? 一生懸命やっている「フリをする」のはやめてくれ!

アリバイ作りはこりごりだ。パフォーマンスはもうたくさんだ。

19号対策にたったの7億円しか出せないと言ったのは誰だ!  晋三だ!

国家統制が当然の中国に元から「公」というものはない!

 習近平が国家主席に就任以降、ネット監視など治安対策に軍事費(19兆円)を超える20兆円もの巨費を投じている、との投稿に以下のコメントが届いた。

西藤 壽
 中国に「公」というものはない。古来から時の権力者が我が身の繁栄だけを規範とする「私」で国家統制してきた。ゆえに権力を手に入れると邪魔者は粛清されてきたのは史実で証明されている。習近平も例外ではない。

************************************

 そういえば中国人は金(きん)が異常なくらい大好きだ。

 古くは金歯に、金のカマボコの指輪、金時計、金のネックレス、金の延べ棒・・・。もう、それこそ、金持ちはキンキラキンに輝いている。

 中国人は古来から時の権力を信じていない。蓄えた紙幣がいつ紙切れに代わるか分からないので、いざと言う時のために手持ちのカネは「金(きん)」に替える。これを蓄えておけば、権力が代わっても心配ないというわけだ。

 話を元に戻そう。共産中国は極端な格差社会だ。14億の人口で共産党員が8000万人。この共産党関係者が中国の富を独占している。

 党員以外は相当なコネがないとたとえ大学を卒業しても安定した職業には就けない。あとはまとまったワイロを持参して頼むしかない。

 公平・公正などどこにもない。長年住み慣れた土地も権力の一声で強制立ち退き。拒否すれば、翌日、ブルドーザーがやって来て家屋を木っ端みじんに叩き壊して処分。

 そこには地元共産党の幹部と結託した業者がマンションを建設し、高値で販売。大儲けと言う塩梅だ。その資金をもとに日本など海外で土地やビル、住宅など不動産を買い漁る。今、京都の古い町屋が彼らに買い占められている。

 共産中国は典型的な格差社会、差別社会である。共産党幹部の不正蓄財の額がすさまじい。1億、2億ではない。日本円にして数千億と言うから日本人には想像がつかない。中には兆単位の資金を米国に貯蓄している中国共産党の元幹部がいた。

 そうしたことに不満を募らせた人民を監視するために膨大な金を使っているのである。中国は自由のない監視社会である。
 

慶大アメフト「不適切行為の真相」は女子風呂の盗撮だった!

 大学スポーツ新聞によると、慶応大アメリカンフットボール部の「不適切行為の真相」は8月の夏合宿で複数の男子部員が女子風呂の様子を盗撮したことだという。

 10月15日午後、慶応大体育会理事と同部の部長の連名で無期限で活動を自粛を発表した。発表文書では「複数の部員による著しく不適切な行為があったため」としている。詳細については「教育的観点およびプライバシー保護の観点から」公表できないとした。

 複数の関係者によると、8月の夏合宿で複数の男子部員が女子風呂の様子を盗撮したという。 (以上 大学スポーツ新聞) 

*********************************

慶応大学と言えば性犯罪が異常に多いことで知られている。例えば、去年11月24日の日刊ゲンダイによると、こんな塩梅だ。

 この3カ月で現役慶大生が5人逮捕された。しかも1つの事件ではなく4件で5人だ。

 2018年10月16日、準強制性交の疑いで逮捕された「ミスター慶応」こと経済学部2年の渡辺陽太容疑者(22)が、19日までに別の女性に対する準強制わいせつ、昏睡強盗の容疑で再逮捕され、理工学部2年の光山和希容疑者(22)、当時19歳だった1年の男(20=氏名非公表のため学部は不明)も同容疑で逮捕された。

 現役慶大生をめぐっては、9月にも慶応幼稚舎出身で高校時代はラグビーの全国大会にも出場した総合政策学部の学生(22)が、大麻取締法違反の疑いで逮捕。先月は京王井の頭線で女子大生に痴漢をした上、線路に降りて逃走した商学部1年の学生(20)が、東京都迷惑防止条例違反と威力業務妨害の疑いで逮捕されている。

 現役学生が1人逮捕されただけでも大問題なのに、この短期間に5人というのだから異常だ。それも薬物、痴漢、逃走、レイプ、わいせつ行為、昏睡強盗というのだから、どれも立派な犯罪だ。

 慶大生といえば2年前にも「ミス慶応コンテスト」を主催する「広告学研究会」のメンバーが10代の女子大生に酒を飲ませ、集団でレイプし、その様子を動画撮影するという「事件」があったばかり(書類送検され不起訴処分)。

 この時も大学側はHPで「大学として可能な限りの調査を行いましたが、報道されているような事件性は確認できなかった」と幕引きを図った。 

 今回は何と答えるのか。「今年、これまでに逮捕された学生は5人ですか」と広報室に確認したら、「逮捕者の累計についてはこちらは警察ではございませんので、本学からはお答えいたしかねる状況でございます」と木で鼻をくくったような対応。

 さらに「これだけ多数の逮捕者が出たことについて大学としてどう受け止めているのか」と尋ねると、「今回の学生の逮捕を受けまして本学のウェブサイトにですね、11月20日付でコメントを掲載させていただいてますので、そちらをご確認いただければと思います」との答え。

 後は何を聞いても、「お答えは控えさせていただきます」の一点張りだった。2018年10月16日に、すでに3人目の逮捕者が出ているというのに、何を今さらではないか。  (以上 日刊ゲンダイ)

*******************************

 どうも慶応と言う大学は性犯罪にそれほど関心がないようだ。犯罪を起こした学生に対する処分も甘い。

 こうした慶大の体質が、同様の事件を繰り返しさせているのではないか。「退学になることはない。大学は見逃してくれる」と三田の色魔たちは思っているのではないか。

 ちなみに「三田の色魔」とは、立教や早稲田、明治、東大、法政など学生たちの間での「慶応の代名詞」である。





異議なし!関電報道で共同通信に新聞協会賞!

 お見事のひとことだ。今回、共同通信のスクープがなければ、関電の八木誠や岩根茂樹たち幹部は原発マネーを懐にしまい込んだまま、素知らぬ顔をしていたに違いない。

 悪事がバレたので「実はカネを預かっていた」などと、とぼけた言い訳をした。

 共同通信の特ダネを新聞各社が追っかけ、二の矢三の矢を放った。だがまだ足りない。

 幹事長代行の稲田朋美ら関電疑惑で名前が浮上した政治屋が残る。

 彼らを始末するまで手綱を緩めてはならない。言論の府に大いに期待している。

*******************************

 日本新聞協会は16日、共同通信社「関西電力役員らの金品受領問題」スクープと一連の報道に2019年度の新聞協会賞を授賞した。

 今月10日に追加申請があった。既に6件の受賞が決まっており、7件目となる。

 共同通信は9月26日、関電の八木誠会長(当時)や岩根茂樹社長らが、高浜原発のある福井県高浜町の元助役(故人)から、多額の金品を受領していたことが税務調査で判明したとのスクープ記事を配信。

 元助役は地元建設会社から資金提供を受けており「原発マネー」が関電の経営陣に還流する構図を報じた。「電力会社が抱える『原発とカネ』の問題を暴いた、優れたスクープ」と評価された。

酷暑の東京を避けて五輪マラソンは札幌で開催?

 迷走続ける東京五輪。マラソンと競歩を酷暑の東京を避けて札幌で開催したらどうかと言い出した。

 私は初めから日本での五輪に反対だった。

 五輪開催はこれから国が発展しようとしているところで「起爆剤」としてやればいい。東京のような国際都市で2度もやる必要はない。

 今回、中止が無理なら、開催期間を変更すればいい。よりによって猛暑の8月にやることはない。10月か11月で十分だ。

 そんなことは先刻承知の上でIOCが酷暑の8月に決めたのは、米国スポーツ事情のためである。

 もっと言えばIOCのカネ儲け。莫大な放映権のために選手や観客を犠牲にした。

 東京五輪は暑さにやられて選手や観客、大会関係者に必ず犠牲者が出る。

 史上最悪の「悲劇の五輪」となるのは確実だ。

 カネ儲け目的のオリンピックなどいっそ廃止にしてはどうか?

*****************************

 【ドーハ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は16日、懸念が高まっている東京五輪の暑さ対策として、陸上のマラソンと競歩を札幌開催に変更する代替案の検討に入ったと発表した。五輪開幕まで1年を切り、異例の事態。東京都内より気温が5~6度低く、地理的な条件などを理由としている。

 IOCは大会組織委員会や東京都、国際陸上競技連盟と協議を進める方針を示し、東京五輪の準備状況を監督する調整委員会が30日から都内で開く会合でも話し合う。「持久系の種目をより涼しい条件下で実施することは、選手と役員、観客にとって包括的な一手だ」と理由を説明した。 (以上 共同通信)

森ゆうこの質問に応えられず立ち往生した小泉進次郎!

 これはひどい。環境相・小泉進次郎が15日の参議院予算委員会で、東電の汚染水について森ゆうこから「環境大臣として何をするのか」と聞かれ、何も応えられず、立ち往生した。

 答弁に立つたびにセッセと自分で墓穴を掘りまくる小泉進次郎!

 この世襲坊やは、安倍晋三に負けないほどのアホだ。

 森ゆうこから環境相として「何をするのか」と質された小泉進次郎は「問題を解決しないといけない」と言った後、政府の会議や委員会、チーム会合、評議会の名前を次から次へと並べ立て、そうした中で「必要な役割を果たしたい」と答弁した。

 答弁になっていない。こういうのを唐変木と言う。

 森が重ねて「だから、あなたは担当大臣として具体的にどうするのかと、そこから先のことを聞いているのですよ」と二の矢を放つと、小泉進次郎は「・・・・・・・・」と何も答えられなかった。

10分間質疑の完全録画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=JzkEdGZ4xbM

こんな発想は小泉進次郎には絶対ない、山本太郎さんだけ!

「れいわ新選組」が台風被災者支援に軽トラ!
https://85280384.at.webry.info/201910/article_162.html
について

「こんな発想は進次郎には絶対ない。太郎さんだけ」などなど、たくさんのコメントが届いた。

これである。↓ (原文のまま)

▼軽トラって所に心遣いを感じますこれからも全力で応援します

▼れいわが二台なら自民党は一万台です。その他の政党も太郎さんに習っていい知恵を出しなさい!!こんな発想は進次郎には絶対ない。太郎さんだけ。

▼れいわ新選組は弱者に優しいです。 手を差し伸べる姿は美しい。

▼軽トラックは狭い所に入って行ける。荷物の積み降ろしも簡単。普通自動車免許の資格で運転できる。太郎さんの気配りにはいつも感心しています。

▼こういうことに使ってくれるから、寄付する喜びを感じられる。

▼行動が早いですね! 本当に頑張って下さい!

▼最高の政党ですね!れいわが政権を取るまで応援し続けます!

▼国民に本当に寄り添ってくれるのは、れいわ新撰組と山本太郎しかいない。

▼れいわが災害寄付募ってくれたら安心して預けれる。れいわそのレベルで信用できる

▼安倍政権よりも遥かにいいお仕事をされていますね。山本太郎総理大臣が一日も早く実現したいです

▼言うより先に行動する、安倍や小泉など口ばかりで先頭経って行動した事が一度もない、山本太郎はそれも少ない資金で精一杯する、自民党など企業から莫大な献金を受け議員は助成金や政治資金も有り余る程ありながらそれでも被災者に何かしようなどと言う気はさらさらない

▼昨日(10/15)の宮崎県での街頭演説。風邪引いてるのか鼻声だった。身体を大事にして欲しい。だいたい毎回聴いているけれど、今回は聴衆者の質問も簡潔だったし、説明も更に分かりやすく面白かった。ご自身の経験を話すところ、宮崎の方、聴き入っちゃうだろうなって思った。
最後の狼少年ってところも笑えた。

セレブの町、あの田園調布が台風19号で冠水した!

 田園調布と言えば芦屋と並び、セレブが住む高級住宅街として知られている。その田園調布が19号台風で冠水したとNHKが伝えた。

 東京一、安全な場所ではなかったのか?まさかまさかの真実に、ニュースを見て仰天した。

 セレブたちはNHKの報道で「田園調布」の資産価値が下がるのではないか、と気を揉んでいるとか。

***********************

 NHKによると、台風19号の影響で東京と神奈川を流れる多摩川が氾濫し、東京・田園調布の住宅地が浸水被害に見舞われた。

 田園調布の住宅街で警視庁の機動隊が救助活動をする様子を撮影した写真では、13日の午前1時過ぎに警視庁機動隊が救命ボートで救助要請のあった場所まで向かう様子が写っていた。水の高さは腰のあたりまで達していた。  (以上 NHK)

写真はここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012132671000.html

**************************

 資料によると、現在の田園調布5丁目周辺や武蔵小杉あたりは、もともと「旧河道」と呼ばれる地域で、昔は「河が通っていた場所」で旧河道は泥土が堆積し、排水が悪く低い湿地。こうしたことから田園調布の一部の地域は「沼部」と呼ばれていた。田園調布という名前は大正時代につけられた。

下々の者見よ!白馬にまたがったショーグンさま!

 豚コレラも「怖るに足らぬ」と白馬にまたがった黒豚ショーグンさま。まさに漫画だ。北朝鮮の朝鮮中央通信が白頭山で白馬に乗る金正恩の写真を配信した。合成写真のようにも見える。

 ”偉大な”金正恩を強調したいのだろうが、世界にこんなものを配ったら、笑いものだ。アナクロニズムもいいところである。

 それより米国をなめてかかると、とんだしっぺ返しを食らう。米国がその気になれば、北朝鮮など木枯らしに舞う1枚のわくらばに過ぎない。

*********************************

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、金正恩朝鮮労働党委員長が中朝国境の白頭山のふもとにある三池淵郡の開発を視察したと報じた。金氏は「米国をはじめとする敵対勢力がわが人民に強いてきた苦痛はもはや苦痛ではなく、怒りに変わった」と述べ、米国への対決姿勢を強調した。

 また、金氏は北朝鮮が「革命の聖地」とする白頭山にも登頂。同日付の党機関紙、労働新聞は白馬に乗った金氏の写真を多数掲載した。いずれも具体的な日時は不明。

 金氏は三池淵の都市開発を視察し、制裁下にあっても「自力更生」により経済発展が可能であることがこの1年で証明されたとの考えを示した。

安倍晋三、台風19号被害の対応にたったの7億円!

 安倍政府は16日の持ち回り閣議で、台風19号被害への対応に関し、2019年度予算の予備費約7億1千万円の支出を決定した。

 被災自治体の要請を待たずに水や食料などの物資を送る「プッシュ型」支援の強化に充て、被災各地の避難所に水や食料、段ボールベッド、仮設トイレなどを送る。

 安倍晋三首相は16日の参院予算委員会で「被災自治体が安心して、復旧に当たれるよう、手当てを行う」と強調した。(以上 共同通信)

********************************

なにが「プッシュ型」だ。

ケタが4ケタも、5ケタも、違っているのではないか?

たった7億円で関東から北陸、東北に広がった甚大な被害の手当てが出来ると、本気で考えているのか?

ふざけたことは言いっこなしだ。「オマエ」はこの6年間に60兆円もの税金を私たちに無断で海外に撒いて歩いたではないか。

なぜ、もっと、日本の被災者に思いを寄せようとしないのか?

「オマエ」には総理の資格などない。とっとと、この世から消え失せろ!


香港の若者は民主主義を守るために戦っていると米議会エール!

 抗議活動を続ける香港の若者たちを支援しようと米国議会の下院が15日、香港での人権の尊重と民主主義の確立を支援する法案を全会一致で可決した。

 下院ではペロシ下院議長が演説し、習近平政府は香港の一国二制度の約束を反故にしたと厳しく批判。続けて「この4カ月間、香港の若者たちは自由、民主主義それに正義を失うことは許さないとのメッセージを世界に発信した」と、香港の若者の行動を称賛した。

 ペロシ下院議長は「われわれは自由、民主主義それに正義という重要な価値観を犠牲にして、カネのために魂を売ることはしない」と強調した。

 これに対し中国政府は強く反発しているが法案は超党派で支持されており、近く上院でも可決される見通し。

 ただ、香港の民主主義よりも中国との貿易交渉を優先するトランプがどう判断するか分からない。彼は典型的な守銭奴のあきんど、「金儲け」主義者である。