テーマ:企業

象印マホービンに中国が触手! 社外取締役の選任要求

 日本が薄ぼんやりしていると、「気が付けば中国の植民地になっていた」ということにもなりかねない。  共産中国は社会主義とは名ばかりで、実態は国家資本主義である。国と企業が一帯となって他国に進出。  表向きの名称は欧米のような投資ファンドだが、資金的なバックは国家だからカネは腐るほどある。  そのカネで「これは」と目を付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱電機にサイバー攻撃 防衛情報流出恐れ!中国系か、

 日経によると、三菱電機は20日、大規模なサイバー攻撃を受け、個人情報や企業機密が外部に流出した可能性があると発表した。  流出した情報には防衛や電力、鉄道などの社会インフラに関する情報や、取引先との製品の受注・開発に関する情報、幹部会議の資料などが含まれているもようだ。  関係者によると、中国系のハッカー集団「Tick(テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不況の前兆!経済指標はどれも軒並み下降線!

 共同通信が昨年11月~今年1月に実施した全国自治体アンケートによると、1年前と比べた景況感が「下降している」と答えた市区町村は21%で「上向いている」は11%だった。  景況感に影響した要因を尋ねたところ「下降」と答えた市区町村では「人手不足」が62%でトップ。次いで「人口減少」43%、「自然災害」30%が上位を占めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私たちは骨の髄までしゃぶりつくされる!

 安倍政権「御用達」の読売が報じた「預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討」との記事に対して、「怖すぎる政策。これはお金持ちも反発するのでは」とのコメントがあった。  なんの、なんの心配ご無用。戦前を思い出せばよく分かる。庶民は鍋や釜まで供出し、食うものも食わずひもじい日々を送っていた。  ところが戦争でぼろ儲けした連中は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚市が就職氷河期4人の辞令交付式!

 よかった。本当に良かった。「おめでとう」と心から祝福したい。  不況で企業が採用枠を極端に減らしたため、希望の職に就けなかった就職氷河期世代の4人が宝塚市に採用された。  彼らは社会に巣立った時期が悪かったために不本意な人生を強いられてきた。「就職氷河期世代」は社会の「犠牲者」だと私は思っている。  だが、これまでの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪だるま式に増え続ける有利子負債のその先は・・・!

 孫正義率いるソフトバンクが海外で投資した企業経営が相次いでつまづき、巨額の損失を出している。 これについて事情通の西村昭彦さんが次のようなコメントを寄せた。   「ファンドに詳しい身近な友人たちの殆どは、ソフトバンクグループの次の3月期決算では有利子負債が20兆円から22兆円になると試算し、もはや雪だるま状態に増え続ける有利子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫正義率いるソフトバンクによる「もう一つの失望」!

 共同通信によると、米紙ウォールストリート・ジャーナルは9日、ソフトバンクグループ傘下のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が米国でペット関連サービスを手掛ける「ワグ」の株式を同社に売却することで合意したと報じた。2018年に3億ドル(約330億円)を出資していた。  ソフトバンクの投資を巡っては、共有オフィス「ウィーワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行に行けばカネを取られる時代がやって来た!

 安倍政権の経済政策失敗のツケが庶民に回ってきた。収益源に悩む銀行が様々な手数料を新たに導入したり、上乗せするというのだ。  私たちが銀行にカネを預けても年に1円か2円しか利息が付かない。ところがATMを使えない高齢者が窓口で1万円引き出そうとすると、みずほの場合は400円取られるそうだ。  それどころか、これからは銀行にカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日産がルノーらとAI活用の次世代車開発で新会社!

 けさの日経によると、日産自動車と仏ルノー、三菱自動車の日仏3社連合は、人工知能(AI)やつながる車など次世代車に使う先端技術を共同開発する新会社を設立する方向で協議に入った。  3社の技術や人材を持ち寄り、研究費のかさむ次世代車の開発体制を効率化する。  出資比率などは今後詰める。近く公表する日仏連合の共同経営計画にも盛り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに来た「管理職の自動昇給廃止」!来春からみずほ!

 共同通信によると、みずほフィナンシャルグループ(FG)が、人事、給与、年金制度を刷新することが18日、分かった。  管理職の自動昇給を廃止し、事実上、年金を減額することが柱。傘下のみずほ銀行、みずほ信託銀行の社員を中心とする約3万5千人が対象で、2020年度から順次実施する。  年功序列型の昇進、賃金では若手や中堅社員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景気先行きに暗雲!企業収益2年連続減益の見通し!

 数ある温泉の中で16年連続日本一の人気を誇る草津温泉。  温泉街の中心地である湯畑周辺は平日でもかなりの人出でにぎわっているが12日ー14日を見た限り閑散としていた。  やはり消費増税10%が色濃く影響しているようだ。しかし、増税の波紋が深刻化するのはこれからだ。  そうした中、企業収益の見通しが発表された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産初の三菱ジェット機100機キャンセル!

 こう、何度も日延べされては、相手もしびれを切らして「もう結構」と当然、断ってくる。  なぜ、こうも延期を繰り返すのか?開発資金が枯れたのか?それとも基本的な技術の問題があるのか?  いずれにしても日本の恥さらしだ。安請け合いをするとこういうことになるという見本だ。 ********************* 国産…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行にカネを預けたい者は「手数料」を払え!

 銀行にカネを預けカネたい者は手数料を払えー。こんなふざけたことを言い始めた。いまや金利を払ってまで銀行からカネを借りる大手の優良企業はない。社債発行など自社で独自に資金調達が可能だからである。  ところが世の中には新たな技術開発などで喉から手が出るほど資金が欲しい中小の企業や個人が山ほど存在する。  そうした中から「将来性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早期退職の狙いはバブル期入社世代の首切り!

 早期退職の最大のターゲットはバブル期入社世代ということのようだ。当時は能力を度外視て「大卒」と言うだけで、味噌も、糞もまとめて採用した。  そんなどさくさに紛れ込んだ連中を“処分”し、企業が身軽になるのが早期退職の狙いだという。いい加減なものだ。会社の都合で採ったり、クビにしたり。50代での再就職は地獄だ。日刊ゲンダイが報じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「令和のリストラ始まった」と日刊ゲンダイ!

 「うちの会社は」などと今でもこんな言い方をする人が時々、いる。  別に社長だったわけではないが、終身雇用の名残である。  今は「儲からない」とわかると、部門ごとソックリ転売する時代だ。そんな会社に「愛社精神」などわくわけがない。  「40歳で肩叩きの衝撃…業績好調でも進む早期退職若年化 令和のリストラが始まった」と銘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社員も使い捨ての時代!賞味期限で容赦なくポイ!

 大手に就職できたと喜んでいる大学生の諸君、企業にあぐらをかいていたら、こんな落とし穴が待っている。  社員も使い捨ての時代。賞味期限が過ぎたら「選手交代」とばかり、容赦なく切り捨てられる。  知らないだろうが景気は確実に悪化し始めている。  有効求人倍率は3か月連続で低下している。 **************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな日本に未来があると思うか?

 国税庁の統計調査によると、民間企業で働く人が2017年の1年間に得た平均給与が432万2000円だった。  平均給与は1997年の467万3000円をピークに20年経過しても、いまだに元に戻っていない。35万円もの差を抱えたままだ。  役員を除く正規社員は493万7000円に対して、非正規は175万1000円と、格差は3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増え続ける企業の余剰金、内部留保は463兆円超え!

財務省が発表した2018年度の法人企業統計で企業の内部留保は463兆1308億円となり、前年度比で16兆6000億円余り増加した。7年連続で過去最高を更新。 内部留保とは、かかった経費などすべてを引いて、さらに余った利益のことだ。 これほど企業のタンス預金が増え続けているのに従業員の給料はそれほど上がらない。 一握りの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more