在日米軍への「思いやり予算」5倍増を要求!

 共同通信によると、在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行から5倍の増額を求めていたことが分かった。

 7月に当時のボルトン大統領補佐官が来日した際に伝え、日本側は拒否した。日本政府筋が16日、明らかにした。

 駐留経費負担は2019年度予算で約1974億円を計上しており、単純計算すれば9800億円以上の巨額要求となる。

 トランプは日米安全保障条約を「不公平な合意」と表明。大幅な増額要求は来年の大統領選に向け、米国の負担軽減を得たい交渉術の一環とみられる。  (以上 共同通信)

***************************

 外交も同盟の意味も皆目理解できないカネの亡者・トランプは自分の再選のためには所かまわずわめきたて選挙民に「存在感」を示そうとする。

 これほど、自己中心の米国大統領を見たことがない。トランプは政治が全く分からない。国際情勢も理解できないため世界中で軋轢を生んでいる。

 安倍晋三はいつまでも米国一のならず者にしっぽを振らず、対等にモノを言うべきだ。在日米軍基地は、米国の世界戦略にとって不可欠の存在であることは広く知られている。日米安保条約で利益を受けているのは米国だと堂々と主張すべきだ。

 トランプを評価するのは安倍晋三ぐらいだ。ドイツのメルケルも、フランスのマクロンもトランプなど信用していない。彼は習近平と同様、世界の破壊者だ。

今度は中国人教授が日本から帰国後に行方不明!

 北海道新聞によると、北海道教育大の中国人教授が帰国後の6月上旬以降、行方不明となっている。中国当局に拘束されたとの観測が出ている。

 教授は中国吉林省長春出身で1984年に来日。一橋大で博士号を取得し、94年に道教大講師に就き、2007年から教授。戦後東アジア国際政治が専門。  (以上 北海道新聞)

********************************
 政府は昨日の官房長官定例会見で「本日15日に、9月に北京市で拘束された40代の邦人男性が帰国したことを確認した」と発表した。

 この男性は北海道大学の教授で中国近現代史が専門。ことし9月上旬から中国政府系のシンクタンク「中国社会科学院」の招きで北京を訪れていた。

 中国政府は「法に基づいて、中国の法律に違反した疑いのある外国人を処罰している」と強調しただけで、拘束の具体的な理由などについて一切、明らかにしなかった。解放直前にスパイ容疑と言った。

 中国はビジネスマンや旅行中の日本人を突然、逮捕する。名目は定番のスパイ容疑や国家反逆罪など何でも構わない。あとで適当な名前を付けるのが常とう手段だ。

 北海道教育大の中国人教授も何か「特別な使命」を強要されているのではないか。

 日本在住の中国人研究者や著名な中国人がしばしば帰国命令を受け、家族でも、しばらく連絡が取れないことがある。

 半年、1年かけて、再び日本に戻った後の「洗脳活動」や「情報収集」のための教育を施しているとの噂だ。

東京五輪の猛暑対策はアイスクリームや瞬間冷却剤!

 気でも違ったのか? こんなことで、マニラよりも暑いと言われる猛暑の東京の夏がしのげると考えているのか?

 核心を持って予告しておこう。2020年東京五輪・パラリンピックでは死者が出る。選手、観客、大会関係者に犠牲者が出る。「死の五輪」として東京は歴史にその名を残すことになろう。

 朝日が「氷1300tで選手冷やす 五輪暑さ対策」と銘打って、どさくさ紛れの泥縄五輪対策を報じた。

 100億円もの予算を使って、大会ボランティアにはアイスクリームや瞬間冷却剤を配布。この他、塩分補給の錠剤、汗ふきシートも配る。

 屋外競技では1人あたり、4本のペットボトルを配る。さらに、選手には1300トン以上の氷を用意して体を冷やせるようにするそうだ。

 これで連日40度前後の焼け付く暑さをしのげるのか?

詳しくはここをクリック
https://www.asahi.com/articles/ASMCF6JXWMCFUTQP019.html?ref=mor_mail_topix1

「れいわ新選組」の認知度を上げるためにやるべきこと!

 「れいわ新選組」の支持率は時事通信の最新調査で0・6%だった。ほかのマスコミ調査でも、せいぜい1%か2%だ。

 山本太郎が注目されていると騒いでいるのはフェイスブックの中だけだ。

 小さなコップの中で喜んでいても仕方がない。

 雑誌の表紙や山本太郎のインタビュー記事を読む人はごく少数。

 0・6%・・・まだまだ「れいわ新選組」は知られていない。有権者に浸透していない。

 山本太郎はそれを承知だから、誰よりも冷静だ。そしてコツコツ「れいわ新選組」のポスター張りを続けている。

 1枚のポスターが、いっ時の雑誌の表紙より大事なことを知っているからだ。

 フェイスブックで「いいね!」「いいね!」とはしゃぐ間があったら、1枚でも多くのポスターを張って歩こう。

 あなたの住む地域に「れいわ新選組」のポスターが貼ってあるか?

 隣の地域で「れいわ新選組」のポスタ-を目にしたことがあるか?

 なければ、あなたが張る番だ。

 山本太郎と「れいわ新選組」を応援する気があれば、10枚は張れるはずだ。 

********************
時事通信が8~11日に実施した11月の世論調査の政党支持率は、

自民党が前月比2.6ポイント増の30.1%でトップ。

立憲民主党は同2.7ポイント減の3.1%で、公明党の3.7%を下回った。

以下、共産党2.0%、日本維新の会1.3%。

社民党とれいわ新選組はともに0.6%。

国民民主党とNHKから国民を守る党はともに0.2%だった。  (以上 時事通信)

ポスト安倍には肌色が異なる石破茂しかいない!

 これほど不祥事続きでも安倍晋三の支持率が下がらない最大の理由は対抗軸の不在である。晋三を引きずり降ろしても、そのあとに誰が首相の椅子に座るか?というと誰も見当たらない。ここに問題がある。

 時事通信が8~11日に実施した11月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比4.3ポイント増の48.5%、不支持率は同3.6ポイント減の29.4%となった。

 2閣僚の辞任や大学入試への英語民間試験の導入見送りなど、政権の不手際が相次いだにもかかわらず、支持率は上昇した。

 政党支持率は、自民党が前月比2.6ポイント増の30.1%でトップ。立憲民主党は同2.7ポイント減の3.1%で、公明党の3.7%を下回った。

 以下、共産党2.0%、日本維新の会1.3%。社民党とれいわ新選組はともに0.6%、国民民主党とNHKから国民を守る党はともに0.2%だった。  (以上 時事通信)

************************

 安倍晋三に代わり野党が政権担当することは、政党支持率を見る限りあり得ない。国民がハッキリ「NO」と言っている。

 ではどうするか? 消去法で私は石破茂しかないと考えている。今の自民党の中で安倍政治ともっとも距離が遠かったのが石破だ。彼は安倍の改憲論にも反対し、安倍晋三にいじめられ、干され続けた。

 石破が政権を担えば、「安倍と対極的な政策」を打ち出すに違いない。

 独善を改め「話し合いの政治」を重視するだろう。

 なにより石破は安倍や麻生太郎のようなバカではない普通の常識を持ち合わせた人間だから、言論の自由や民主主義を妨害することはしないだろう。

 彼が首相になれば、オトモダチ優先の安倍政権から干されてきた自民党の有能な人材を重宝しよう。

 野党に国民の支持が得られない中では、石破政権が現実的な選択だと思う。

 間違っても安倍晋三に手を貸してきた政調会長の岸田や厚労相の加藤、環境相の小泉進次郎などの安倍亜流に政権を渡してはならない。

香港について議員、政党、政府も発信すべき・・・遅いよ!

 日本共産党の志位和夫の発言に触発されたのか、立憲民主党の山尾志桜里が香港問題に触れこんな投稿をした。

 「市民・メディア・議員個人・政党・国会・政府それぞれが役割を分担しながら発信すべき時です」今ごろになって・・・遅いよ。

 もっと早く気づけ。

**************************
山尾しおり

 今日の法務委員会その1。香港のデモ弾圧。警察の実弾発砲について法務大臣としての明確な意思表示、デモ当事者から日本における保護を求められた場合の人道対処を問いました。

 大臣は「丸腰の市民に対し公権力が実弾発砲することは大変憂慮すべき」「真に必要な場合には確実に保護できるよう検討」。
 
 森大臣にもお願いしましたが、ぜひ以下の動画を自分の眼で見てください。

 市民・メディア・議員個人・政党・国会・政府それぞれが役割を分担しながら発信すべき時です。

 政治体制は違っても法の支配と基本的人権の尊重は守られるべきであり、香港では今、権力によりその価値が破壊されています。

ここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=XPDlNz9WELY

明らかに殺害狙い! 至近距離から若者に発砲!

警察に名を借りた殺人集団。

民主主義の弾圧に抗議する学生や若者を襲撃。

香港警察。実態は中国本土から送り込まれた弾圧のプロ集団、人民解放軍だ。

詳しくはこの映像を。
ここをクリック
https://www.asahi.com/articles/ASMCC32YDMCCUHBI009.html?iref=pc_extlink

記事はここをクリック
https://www.asahi.com/articles/ASMCC4QRXMCCUHBI015.html

17歳の高校生の首を切った犯人は22歳の中国人!

 ことし7月、埼玉県蕨市の住宅で17歳の男子高校生が首を刃物で切られてけがをした事件で、警察は別の事件で逮捕・起訴された22歳の柳偉強を強盗殺人未遂などの疑いで逮捕した。

 柳偉強は、調べに対し「車を奪うために家に入った」などと供述している。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/k10012178641000.html

中国と歩調を合わせるのは日本共産党ではなく安倍晋三だ!

 安倍政権はわざと日本共産党を、中国や北朝鮮、ロシアと同じ路線を歩む政党だとデマを飛ばし非難する。明らかに悪質な世論操作だ。

 何を隠そう。中国やロシアに歩み寄り、共同歩調をとっているのは安倍晋三である。

 安倍は香港の人権問題にも見て見ぬふりをして、ひたすら習近平のご機嫌を伺い、ソンタクする始末。

 ロシアのプーチンに対しては、あれだけコケにされても今なお尻尾を振って、経済協力という名の貢物を献上。

 これに対し、日本共産党は習近平中国に断固たる姿勢をとっている。これこそ日本の政党だ。

*****************************
機関誌「しんぶん赤旗」が詳しく報じた。

 日本共産党の志位和夫委員長は10月15日、着任あいさつで党本部を訪問した孔鉉佑・駐日中国大使と会談しました。

 この機会に志位氏は「重大な懸念をもっている問題」として、東シナ海と香港の問題を提起。

 東シナ海の問題では、「中国公船による尖閣諸島の領海侵入、接続水域進入が激増・常態化し、日中関係が『正常な発展の軌道に戻った』と両国首脳が述べた後も、中国公船の領海侵入、接続水域進入が継続している」と指摘。

 志位氏は「中国側にどんな言い分があろうと、他国が実効支配している地域に対して、力によって現状変更を迫ることは、国連憲章などが定めた紛争の平和解決の原則に反するものであり、強く抗議し、是正を求める」と述べました。

 さらに、「現状変更をしてきたのは日本側」というが、中国公船が、日本政府による尖閣国有化(2012年)以前の2008年から領海侵犯をしてきた事実を指摘。

 「領土にかかわる紛争問題は、国際法と歴史的事実にもとづき冷静な話し合いで解決すべきであり、力による現状変更はやるべきでないと指摘している」と強調しました。

 香港問題では、「人権問題は今日の世界においては国際問題になっている」と指摘しつつ、「デモ参加者の一部による暴力は自制すべきと考えるが、民主主義を求める香港市民の運動に対する香港政府の抑圧的措置、それに支持を与えるとともに武力による威嚇を行った中国政府の立場に反対する」と表明。

 「『一国二制度』のもとで、事態が平和的な話し合いで解決されることを望む」と述べました。

詳しくはここをクリック
https://business-news.net/?p=2306


景気先行きに暗雲!企業収益2年連続減益の見通し!

 数ある温泉の中で16年連続日本一の人気を誇る草津温泉。

 温泉街の中心地である湯畑周辺は平日でもかなりの人出でにぎわっているが12日ー14日を見た限り閑散としていた。

 やはり消費増税10%が色濃く影響しているようだ。しかし、増税の波紋が深刻化するのはこれからだ。

 そうした中、企業収益の見通しが発表された。

 アベノミクスは試練を迎え「そうだ」などと腰が引けた書き方をする必要はない。間違いなく大きな「試練」を迎える。

**************************
共同通信によると、

 上場企業の2020年3月期の純利益合計が前期比4.9%減の27兆7656億円と、2年連続で減益になる見通しであることが15日、分かった。

 米中貿易摩擦に伴う世界経済の減速が響いた製造業は14.7%低下し、苦境が鮮明になった。

 日本国内の個人消費も先行き不透明が強まっており、安倍政権の経済政策「アベノミクス」は試練を迎えそうだ。

米国7200億円の恩恵に日本はわずか40億円と山本太郎!

 「れいわ新選組」の山本太郎は14日、山形市内で開かれた市民との対話集会で、不公平な日米貿易協定をやり玉に挙げた。

 この中で太郎は協定合意で米国は7200億円分の恩恵を受けるが日本はたったの40億円。これで平等な協定と言えるのかと批判した。

*********************
 山本太郎を追跡取材するフリージャーナリストの高橋清隆が以下のように伝えた。

 当初予定されていた街頭会見は雨天予想のため、山形市霞城公民館内で「おしゃべり会」が開かれた。約2時間15分にわたり、市民約200人が山本氏に疑問や意見をぶつけた。

 女性が「日米FTAはやばいと友達に聞いた。どうヤバイか教えて」と発言した。これに対し、山本氏は「中身が明らかにならないことが、一番ヤバイ」と口火を切った。

 「日米貿易交渉 痛み分け」と題する8月27日付け産経新聞の記事の見出しを示し、「痛み分けって、本当なのか」と疑問を呈す。

 米国側の農産品ファクトシートから判明したこととして、米国はこの合意で7,200億円分の農産品が関税撤廃・緩和の恩恵を受ける一方、日本は40億円しか対象にならないことを指摘。「おかしくないか、この時点で」と問題視した。

詳しくはここをクリック
https://www.data-max.co.jp/article/32569

問答無用!あなたはこの動画を正視できるか?

警察の警棒に頭を殴られ息絶え絶えの男の子

元朗区天水囲【香港11月13日】天水圍的黑警,用警棍打爆學生頭,奄奄一息

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=DBBUYJbyBkg

香港政府は11月4日の中国共産党トップの習近平との会談で「やり方が手ぬるい」と尻を叩かれた。

習近平の命令は絶対だ。それ以後、香港政府側は香港市民に対する弾圧を強化。

子どもや年寄りにも見境なく樫の警棒を振り上げる。

学生や若者には警官が容赦なく至近距離から実弾を発射。

大学まで武装警官隊が怒涛のように押し寄せ、香港の大学構内は火の海となり、戦場のような惨状となった。

中国共産党に「香港への弾圧中止を」と日本共産党!

 時事通信によると、日本共産党は14日、香港で続く反政府抗議活動をめぐり、警察による弾圧の即時中止を求める志位和夫委員長名の声明を発表した。在日中国大使館に対し、本国に伝達するよう求めた。

 声明では「香港における弾圧の根本的責任は中国政府とその政権党にあることは明らかだ」と指摘。「『一国二制度』のもと、事態を平和的に解決する責任を果たすことを厳しく要求する」と明記した。

あのNHKが安倍晋三に関して珍しく本当のことを報道した!

 不祥事続きの安倍内閣。今度は元締めの安倍晋三が「桜を見る会」に、バス17台を連ねて地元選挙区から選挙民約850人を動員。文字通りサクラによる「桜を見る会」である。

 公金を使ってのイベントを私物化したことが明らかになった安倍晋三。森友事件に加計疑惑。さらに今回は政治資金規正法違反の疑惑も浮上した。

 「いよいよ安倍も逃げ切れない。絶対絶命」と判断したのか、安倍に関連してNHKが珍しく本当のことを報道した。

 あの御用メディアの、「あの、NHK」が14日、こんなことを報じた。

**************************
NHK報道の要約である。

総理大臣主催の「桜を見る会」をめぐる問題。関係者への取材を進めると、安倍総理大臣の国会答弁とは食い違う証言が出てきています。

NHKが入手した「桜を見る会」の案内文には、

前日の懇親会について、安倍総理大臣の後援会が主催し会費は5000円と記載。懇親会に約850人が参加。

政治資金収支報告書に義務づけられた「安倍晋三後援会」懇親会の記載がない。

懇親会について安倍は「各個人がホテルに直接払い込んだ」と答弁。

ところが、ホテル側は「パーティー代金は主催者や代表者から一括で受け取る」と説明。

「パーティーの最低価格は1人1万1000円からで値切り交渉などには応じられない」とホテル側。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191114/k10012177631000.html

「桜を見る会」は地元の皆さんと主人の交流と昭恵!

 まあ、次から次へとボロボロ、でたらめが飛び出す「首相と桜を見る会」の楽屋裏。

 永年、社会のために貢献した人や功労者どころか、あたりは見渡す限り「サクラ」(安倍晋三後援会員)ばかりだった。

 嫁の昭恵がネットで自白していた。デイリースポーツが過去のデータを調べ上げ暴露した。

**************************
デイリースポーツが報じた。

 安倍昭恵さん フェイスブックで「桜を見る会」 「地元の皆さん」と「主人」の交流報告


 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に首相の地元後援会員が多く招待されていた問題が拡大化する中、妻の安倍昭恵夫人のフェイスブックに注目が集まっている。

 昭恵夫人はかつて連日頻繁にフェイスブック投稿していた時期は、毎年、「桜を見る会」の報告も行っていた。
 2013年は開催前日の4月19日付で「明日は桜を見る会 地元の皆さんと久しぶりにお会いして嬉しそうな主人です・・・」と写真付きで投稿。

 2014年は当日の4月12日付で「桜を見る会にご出席の皆様と。地元でずっと応援して下さっている後援者の皆さんのお陰で主人の今があります。いつもありがとうございます」と会の写真とともに感謝を綴っていた。

日本共産党が「中国は香港弾圧を即時中止せよ」と声明!

 これほど明確、明朗な声明はない。

 日本共産党の志位和夫委員長は習近平中国に対し、はっきりと香港の人々への弾圧を中止しろと要求した。

 今起きている共産中国の暴力による香港市民への制裁について、自民党や立憲民主党など他党は批判や抗議の声明や談話を出していない。

 そうした中でただ一党、日本共産党だけが声明を出し、抗議した。

 覇権主義をむき出しにする習近平に抗い、堂々と正論を吐いた勇気ある日本共産党を私は高く評価する。

 言うべき時にモノを言うのが真の政治家である。志位和夫は日本の政治家である。

***********************
NHKが報道した。

 共産党が声明「中国政府と中国共産党は香港弾圧の即時中止を」

 香港で市民と警察の衝突が続いていることについて、共産党は、「警察による弾圧は中国の最高指導部の承認のもとで行われており、直ちに中止するよう求める」とする声明を発表しました。

 声明では、「香港当局の弾圧強化が中国の最高指導部の承認と指導のもとに行われている。中国の政権党系メディアは、香港警察に対し、『何も恐れる必要はない』と言い放ち、武力による威嚇を公然とあおりたてている」と批判しています。

 そのうえで、「香港での弾圧の根本的な責任は、中国政府と中国共産党にあることは明らかで、即時中止することを強く求める」としています。

 志位委員長は、記者会見で、「中国政府は、人権を擁護する国際的責任を負っている。香港に高度な自治を認めた『一国二制度』のもと、事態を平和的に解決する責任を果たすべきだ」と述べました。

お知らせ

ブログ「半歩前へ」は今日12日から14日まで臨時休業。

新装開店は15日。さっそうと登場! 乞うご期待!

政権が盛んに囃している好景気は「虚構の経済」!

 以下のニュースは11日のNHKだ。実体経済が明らかになってくると安倍晋三のデタラメ経済政策が次々、さらされよう。今、政権が盛んに囃している好景気は「虚構の経済」ニセモノである。消費税増税の影響が出てくるのはこれからだ。

************************
10月の倒産件数 ことし最多 今後も前年上回る恐れ
 先月倒産した企業の数は785件と、ことしに入って最も多くなりました。調査した会社では、消費税率引き上げ後の売り上げの落ち込みや台風による被害の影響で、このあとも前の年を上回る数の倒産が起きるおそれがあると見ています。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172891000.html


オンキヨー オーディオ部門の社員3割削減へ
 音響機器メーカー「オンキヨー」は、いったんはまとまった家庭用オーディオ事業の売却が中止となったことから、この部門に携わる社員の3割を削減し、経営の合理化をはかる方針を発表しました。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173271000.html

卑劣!相手によって手心を加える警察!あの男を書類送検!

 東京・池袋で4月、車が暴走して母子が死亡し、10人が重軽傷を負った事故で、警視庁は、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(88)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで12日にも書類送検する方針を固めた。 (以上 朝日)

********************************

 新聞各紙は11日、一斉に以上のような記事を書いた。

 加害者、飯塚幸三に対しては最後まで「容疑者」とは呼ばず、「院長」の呼称を付けた。

 一度も警察署に留置することもなく、「特別扱い」で幕を引こうとしている。

 これに対し、国策捜査で不当逮捕された籠池泰典は真夏の暑いさなかに、冷房もない牢屋に300日もぶち込まれ、過酷な日々を強いられた。

 日本では法の下の平等などはとっくの昔に形骸化している。

 書類送検など形式犯扱いで加害者にとっては痛くもかゆくもない。

 飯塚幸三は、今は世間の同情を買おうと杖をつくなど弱々しい高齢者を演じている。が、時速100キロの猛スピードで母子を跳ね飛ばし、命を奪った直後は、息子に指示してパソコンから個人データを削除するなど”隠ぺい工作”と受け取られる活発な行動を展開していた。

 そんなしたたかな男が、元官僚との理由で「特別扱い」を受けるとなれば、世間は納得しないだろう。

 妻と愛児を失った夫が集めた「飯塚幸三に厳罰を求める署名」は30万人を超えた。そうした声を無視してまで飯塚幸三を守る必要がどこにあるのか?

 そういえば、現職の法務大臣を乗せた車が制限速度80キロの高速道路を140キロで疾走。広島県警の警護車が追走していたが不問に付した。

 相手によって手心を加える警察組織。根腐れを起こした日本の警察への信頼は地に落ちた。

 新聞、テレビも権力が発表するものを、そのままに右から左に伝えるだけ。だから「院長」となる。一種の世論操作だ。発表垂れ流しマスコミの弊害だ。


警察官4人に強姦された18歳少女が妊娠!

 香港では抗議デモに参加した若い女性が警察官に強姦される事件が続発している。拘留された警察署内での犯行がほとんどだ。

 そうした中、18歳の少女が警察官4人の集団レイプで妊娠したという衝撃的な報道が伝わった。

 最初に報じたのは香港の「アップルデイリー」でその後、「サウスチャイナモーニング」などが次々報じた。

 事件が起きたのは9月27日。香港市内の荃灣(チンワン)警察署前を歩いていた18歳の少女が突然、警察官に無理やり署内に連れて行かれ、4人の警察官に次々、犯された。

 彼女はデモに参加したわけでもない。ただ道を歩いていただけだ。これは警察官による完全な「犯罪」である。

 その後、少女は母親に伴われてクイーンエリザベス病院で診断を受けたところ、妊娠していることが分かった。少女は同病院で中絶手術を受けた。

 チベットでも中国軍兵士(中国人民解放軍)による強姦、輪姦が日常的に発生。若いチベット人女性の中には自殺や発狂したものが少なくなかった。

 共産中国の弾圧と戦っている香港で同様のことが起きているようだ。

 海外では18歳少女の警察官強姦事件を大きく報じている。

 だが、日本のマスメディアはどこも報道していない。香港に駐在する日本人記者は当然、この事件を知っている。

 なぜ、報道しないのか?

「桜を見る会」を悪用し続ける安倍晋三の罪!

 首相主催の「桜を見る会」の招待客は、各界で功績や功労があった人が対象だ。ところが安倍晋三は自分の後援会の連中を毎年、大量に招待していた。公金を使った催し物を自己宣伝に悪用していた。日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」がすっぱ抜いた。

 朝日など一般紙はちょっと調べればわかるはずだが怠り、政党の機関紙に先を越された。日ごろから役所の「発表」ばかりに頼っていると取材の足腰が弱るのである。報道機関としてはみっともない話だ。

*****************************
「しんぶん赤旗」の抜きネタを紹介しよう。田村智子が8日の参院予算委員会で安倍を追及した。

後援会員招待の最多は安倍
 田村は「後援会・支援者の招待枠を自民党のなかで割り振っているのではないか」と追及。

 安倍が「私は主催者としてのあいさつや、招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめ等には関与していない」などと人ごとのように答えたのに対し、田村は「後援会のみなさんを最も大勢招待しているのが、安倍だ」とさらにたたみかけた。

 田村は、下関市選出の友田有・山口県議会議員がブログで「今回は私の後援会女性部の7名の会員の方と同行しました」と発信していることなどを紹介。

 安倍の後援会員が、安倍事務所が取りまとめ役になって「下関から毎年数百人が上京する」と証言していることなどを紹介すると、委員会室からは「ひどいな」などのどよめきがおきました。田村は、安倍自身が後援会員を広く招待している事実を突き付けて次のように迫りました。

 田村 案内状発送は内閣府が一括して行い、必ず招待者一人ひとりにあてて送付する。安倍事務所がとりまとめをしなければ、下関市の後援会員の名前や住所がどうしてわかるのか。

 大塚幸寛・内閣府大臣官房長 推薦者のとりまとめにかかる情報は、円滑な取りまとめに支障をきたす恐れがあるので、答えは差し控える。

 安倍 個人に関する情報であるため、回答を差し控える。
 安倍らが質問にまったく答えないため、質疑は何度も中断。田村は「税金を使った公的行事だ。どのような功労・功績があるのか説明できないとおかしい」として、きちんと調べて報告するよう要求。

手荷物検査せず開門前記念撮影
 さらに、田村は、安倍の後援会員の証言や首相動静から、桜を見る会の前日には安倍夫妻出席のもと毎年、前夜祭が開かれていることを明らかにして、安倍が桜を見る会への招待を地元後援会の恒例行事にしてきたことを指摘。

 桜を見る会の開門・受付開始は午前8時30分なのに、毎年午前8時前後に安倍が地元後援会の人と新宿御苑内で記念撮影をしていることもあげ、次のようにただした。

 田村 なんで開門前に、山口の後援会のみなさんと、あなたは写真をとっているのか。

 首相 セキュリティー(安全)にかかわることなので回答を差し控える。

 田村は、安倍の後援会員が手荷物検査も受けずに受付をすませていたと証言していることを示し、「開門前に手荷物検査もしないで大量に人が入ったら、それこそセキュリティー上問題だ」と強調。

 「そういうことを、公的行事で税金を利用して行っている。まさに(政治の)モラルハザードは安倍が起こしている」と厳しく批判した。

動画 鋭い国会での質問はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=FqG_eybQ_ZE&feature=youtu.be

交通網を遮断するストライキ呼びかけ!

 政権批判でも、なんでも自分の考えを言える日本は今のところ自由が保障されている。だが、国家統制が始まれば、現在の香港と同じ状況となる恐れがある。

 フェイスブックで遊んでいる連中の中で、そのことに気付いている者はどれほどいるだろう?おそらく100人に1人か2人ではないか。脳天気な日本人は香港で起きていることをいまだに「他人事」と思っている。

 関心の目が外に向かない者がいかに多いことか。日本人の質の劣化は目を覆うばかりだ。

 それとも、フェイスブックをやっている連中がひど過ぎるのか?

+++++++++++++++++++++++++++++
けさのTBSがこう報じた。

 香港で政府への抗議活動中に男子大学生が死亡してから2日がたった10日夜も、追悼集会が開催されました。市民には警察や政府への反発が強まっています。

 大学生の死亡以降、香港では連日、各地で追悼集会が開かれていて、10日は金融街の中にある公園に多くの人が集まり、祈りをささげています。

 抗議活動に参加していたとみられる男子大学生は警察の強制排除の際に駐車場で転落し、8日、病院で死亡しました。香港島の中心部で10日夜に開催された追悼集会では、黙とうに続き讃美歌が歌われました。

 「責任の所在は、やはり政府にありますよ。政府が市民の要求を聞かず譲歩をせず話し合いもしなければ、デモ隊は必ず過激な行動に出ます」(参加者)

 市民の間には警察や政府への反発が広がっていて、10日は夕方から一部のデモ隊が警察と衝突し、警察が催涙弾を撃ったりデモ隊が身柄を拘束されたりする事態となりました。

 11日には交通網を遮断するストライキが呼びかけられていて、対立は深まる一方です。

即位祝賀パレード中継になぜ、岩田明子が出てくるのか?

快晴の東京で繰り広げられた天皇陛下の即位祝賀パレード。在京のテレビ局はテレビ東京を含め全局が特番を組みナマ中継した。

そうした中でNHKは番組の途中から、安倍晋三の腰巾着である岩田明子が登場した。

なぜ、この女が出てくる必要があるのか? 彼女は例によって「安倍総理大臣は」とやりだした。

不愉快なのでNHKからほかの民放に切り替えた。

何が不快だと言って岩田ほど気に障る女はいない。何かというと、ふた言目には「安倍総理大臣は」と、安倍の宣伝をする。これほど露骨に特定の政治家のPRをする記者を見たことがない。

普通なら、とっくに「左遷」されているはずだが、岩田のバックに安倍晋三が控えていることで、誰も手出しが出来ないそうだ。

そればかりか一記者の分際で、NHKの人事に口出しするというから、恐れ入った。

記者と言うより、完全に安倍晋三の「細胞」だ。

沿道から湧き上がる歓声に笑顔で応える両陛下!

 沿道に詰め掛けた大勢の人から歓声が上がる中、両陛下は祝福に笑顔で応えられた。

 天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」が10日午後行われた。

 天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗って、皇居から住まいの赤坂御所までの約4・6キロを約30分かけて進行された。

 快晴の秋空の下で行われたパレードの模様を写真特集でお届けする。(以上 共同通信)

ここをクリック
https://this.kiji.is/566181526912074849?c=39546741839462401

天気も祝福! 好天の中で天皇陛下の即位祝賀パレード!

 東京の空はこの日、気温17-18度とやや低めだったが青空が広がる快晴。

 初冬の東京としては絶好のパレード日和となった。

 両陛下にとってはこの好天が何よりのプレゼントとなった。

************************

 天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」が10日午後3時ごろから、皇居・宮殿から赤坂御所(東京都港区)までの約4・6キロのコースで国の儀式として行われた。

 天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗られ、令和初のパレードに集まった大勢の人々の祝意に笑顔で手を振って応えた。 (以上 毎日新聞)

朝日の記事と写真はここをクリック
https://www.asahi.com/articles/ASMC961NZMC9UEHF00H.html

「日本会議」の年会費を政務活動費から支出!

 宮崎県議会の自民県議15人が、安倍晋三首相の支持基盤である保守系団体「日本会議」の年会費を政務活動費から支出していたことが9日、宮崎日日新聞の取材で分かった。2018年度の県議会の政活費収支報告書に添付された領収書から判明した。

 日本会議は政策提言や国民運動を通して改憲など政治的主張を強めており、政治・政党活動への支出を禁じる政活費の使途基準マニュアルとの整合性が問われそうだ。

 識者は「特定の政治思想を公費で支援することになり、中立性の観点から適切ではない」と問題視している。  (以上 宮崎日日新聞)

****************************

 右傾化の流れに乗って、やることが次第に露骨になってきた。

 今回のケースは宮崎に限ったことではなく、ほかの自治体でも宮崎同様のことがあるのではないかと思う。 

 こうした日本の動きを世界は違和感を持って眺める。

 欧米の主要メディアは安倍晋三のことをファシストと呼んでいる。

 こうしたことに気付いていないのは日本人だけだ。

 内閣支持率50%前後をいまだ堅持していることが何よりの証拠である。 

虐げられる者に注がれた琉球新報の目線!

 こういう社説を書けるのは70年以上にわたって米軍基地に悩まされ続け、苦悩する沖縄の県紙ゆえであろう。

 その目線は常に弱者、虐げられる者に注がれている。

 琉球新報が社説で共産中国が日増しに弾圧を強める香港について「市民弾圧激化 第2の天安門を危惧する」と警告した。

 社説は、国際社会は中国に圧力や介入をやめて香港の自治を認めるよう、働き掛ける必要がある。その役割は日本政府にも求められている、と締めくくっている。

*********************
ここに要約を転載する。

 香港情勢がますます混迷を深めている。市民の抗議活動が行われていた際、現場近くのビルから転落した男子大学生が死亡した。また香港警察は立法会(議会)の民主派議員3人を拘束し、さらに4人を拘束する方針という。

 香港政府側が強硬姿勢を示せば示すほど市民の反発を招くのは、5カ月も続く混乱が証明している。事態収拾の責任は香港政府にある。

 大学生の死に関し、デモ隊側は、警官隊が発砲した催涙弾を避けようとして落下した疑いがあると主張する。

 転落現場には千人以上の市民が訪れ、各地で追悼集会が開かれている。

 さらに24日に行われる区議会選を前にして、立法会の民主派議員を拘束する策に出た。区議会選は民主派が議席を伸ばすとみられる。

 当局は立候補している4議員を含めて民主派の議員を狙い撃ちしたのか。拘束はあからさまな選挙妨害だ。

 香港政府は10月に抗議活動の発端となった逃亡犯条例改正案を正式に撤回した。にもかかわらず事態が収束しないのは、香港政府が政府トップの林鄭月娥行政長官に特権を与える「緊急状況規則条例(緊急法)」を発動し、デモ参加者がマスクをしただけで罪に問える覆面禁止法を制定するなど強権的な手法を取り続けているからだ。

 林鄭氏は中国の習近平国家主席からお墨付きを得て、抗議活動にますます厳しく対応している。抑え込みに向けたさらなる法制度も検討しているという。

 既に3千人以上を逮捕し、特に覆面禁止法が施行された10月は1051人を逮捕した。

 中国政府は、1989年に当局が民主化要求運動を武力弾圧した天安門事件を「政治風波」と位置付けており、香港市民のデモも同じ表現で非難する。

 さらに香港と隣接する広東省深圳に武装警察部隊を駐留させ、けん制している。

 民主化を求めた学生ら多数の死者を出した天安門事件を香港への威嚇材料にする習指導部に、過去の弾圧を反省する姿勢は見えない。

 国際社会は中国に圧力や介入をやめて香港の自治を認めるよう、働き掛ける必要がある。第2の天安門事件は断じて許されない。

その役割は日本政府にも求められている。

中国にとって「民主主義は敵」だ!独裁思想の強化図る習近平!

 中国が党員の動揺拡大に危機感!「香港死守」で思想統一!力尽くで香港を制圧しようと共産中国が思想教育の引き締めを図っていると共同通信が報じた。

 香港の民主化運動が中国本土に広がることを極度に警戒している。共産中国にとって「民主主義は敵」なのである。

 日本をはじめ西欧の先進各国は鄧小平の進める改革開放に協力することで中国を独裁国家から民主主義国家に転換させようと考えた。

 だが世界の願いは空しく、中国は経済と軍事を手に入れさらに独裁を強化していった。日本の協力が完全に裏目に出た。

 私は当初から独裁国家への先端技術の移転などには、反対だった。彼らが力を付けた後何をやるか想像できたからである。

 根拠の一つは鄧小平が唱えた「韜光養晦」である。今は爪を隠せ。ひたすら頭を低くして頭を低く油断させ、その間に力を蓄えろと言った意味だ。

 意味現実は私が予想した通り。いや、それ以上の覇権国家となった。当時はよもや「南シナ海は自国の領域」と主張するなど考えもしなかった。そして各国に「中国化」を進めるために拠点を構築してきた。

 共産中国の戦略は見上げたものだ。長期的な視点から「世界制覇を実現」しようと、綿密な計画が練られてきた。

 その点、日本など及びもつかない壮大な構想である。

 そうした危険を内蔵した独裁国家が隣に存在する。この現実を知ることが重要だ。

*******************************

 【北京共同】中国共産党が全国の政府機関や軍、国有企業などの党幹部らを対象にした研修で、香港の抗議デモを「北京の中央政府の権力に対する反抗」と位置付け、中央の「管轄統治権」を死守するべきだと思想統一を図っていることが9日分かった。研修に参加した複数の党関係者が明らかにした。

 香港で大規模デモが起きてから9日で5カ月。香港の混乱で9千万人を超える党員に動揺が広がることへの危機感が背景にある。

 10月下旬に開いた党の重要会議では、香港で「国家の安全を守る法律制度と執行メカニズムを確立する」方針を確認しており、香港への中央の介入を強める可能性がある。

民主派弾圧で対立煽り、選挙中止に持ち込む狙いの香港当局!

 香港各地で8日夜から9日未明にかけ、香港市民や学生らの抗議活動が相次いだ。香港は9日、逃亡犯条例改正案をきっかけとした200万人デモから5カ月を迎えたが、政府や警察に対する市民の怒りは一段と強まっている。

 一方、今月24日投票の区議会(地方議会)選挙を前に、香港当局は民主派締め付けを強めている。9日までに立法会(議会)の民主派議員3人が、条例改正の審議に際して議事進行を妨げた容疑で逮捕。他に4議員が逮捕手続き中という。

 7人のうち4人は区議選に出馬しており、民主派の間では「政府は市民の怒りをあおることで、区議選中止の口実にするつもりだ」と疑われている。

 先日、香港と中国のトップ会談で習近平にはっぱをかけられ、香港当局はさらに強権を強めている。

詳しくはここをクリック
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110900487&g=int

地獄図!糞尿臭よりもっと恐ろしいタワマンの恐怖!

 先の台風災害で一躍、全国の注目を集めた「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」。

 電気が止まり、水道がストップしてウンコが出来なくなった。周辺の道路はマンホールを逆流した糞尿混じりの汚水が溢れ、悪臭が漂った。

 これによって“長者の館”タワーマンションの評判が一気に急落した。

 それだけではない。もっと恐ろしい話が登場した。

 一度建てたら、簡単には修理も壊すこともできないタワマン。その姿はさながら「住む原発」といえる。

 2022年、タワマンの「大量廃墟化が始まる」ことをご存じですか、と週刊現代が警告した。

*************************
以下に一部を紹介しよう。

 壊すこともできない。果たしてタワマンを住居として修繕しつつ、維持し続けることは可能なのだろうか。

 「ほとんどの物件で長期修繕計画は30年分しか組んでいない。それ以降の修繕となると、給排水管や電気系統、エレベーターなどの設備系の大規模改修も必要で費用は1回目の比ではない。

 投資目的でマンションを買い、人に貸している人は利回りが悪くなるので、なかなか首をタテに振らない。修繕できないのなら、いっそ壊して新しくするという手もあるだろう。しかし、老朽化したタワマンに住んでいるのは、簡単に引っ越すことができない「取り残された人々」。

 そうした住民を立ち退かせたとしても、タワマンを壊すには、これまた膨大な費用がかかる。

 「大規模修繕ができていないタワーマンションは次から次へと売りが出る可能性がある。値段をどれだけ下げても、高い修繕積立金を肩代わりしなければいけない物件に買い手はつかない。

 結果、修繕されずに放置され続け、壊すこともできず廃墟と化したタワマンの誕生となる。

 とくに心配なのは、武蔵小杉など、同じような時期にたくさんのタワマンが建った地域です。売りが売りを呼ぶ負の連鎖が街全体で起こる可能性がある。そう考えると、街が一瞬にしてゴーストタウン化する。

 一度建てたら、簡単には修理も壊すこともできないタワマン。その姿はさながら「住む原発」といえる。

詳しくはここをクリック
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56992

香港警察がデモ隊に放つ青い液体には危険な「有毒物質」が!

共産中国の非人道的な行為を告発、批判し続ける「大紀元」がこう言った。

国際的な環境団体は、香港警察の高圧放水車が放つ青い液体に有毒物質が含まれていると主張した。

香港警察は8月下旬から高圧放水車両を投入して青い液体をデモ隊に浴びせかけた。

国際環境保護団体のグリーンピースは入手した青い液体の分析結果を発表した。

青い液体にはペラルゴン酸(ノナン酸)バニリルアミド、クロロアセトフェノン、2クロロベンジリデンマロノニトリルといった、人体に有毒な化学物質が含まれていることがわかった。

これらの化学物質は眼を傷つけ、皮膚を刺激し、呼吸器系に炎症を起こす可能性があるという。

あの日テレが「れいわ新選組」と山本太郎で特集を組んだ!

 「れいわ新選組 山本代表は今」と銘打って、日テレがこんな特集を組んだ。

 夏の参議院選挙で「れいわ旋風」とも呼ばれる現象を巻き起こした“れいわ新選組”。9月、山本代表は北海道にいた。商店街を1軒1軒まわって党のポスターを貼らせてもらい演説会を開いていた。草の根からの支持拡大を目指し全国をまわる (以上 日テレ)

**************************

 参院選前は、あれほど「れいわ新選組」を無視してきた日テレが、である。新聞やテレビはこう言うものだ。

 話題になったり、世間の注目度が上がると「流れに乗ろうとして」取材に押し掛ける。いい加減なものだ。

 特集の末尾で太郎が主張する消費税ゼロにした場合の財源はどうすると迫って、「THE END」

 日テレは消費税の増税分の大半が法人税の減税の穴埋めに回っていることに一言も触れなかった。

 大企業の内部留保が溜まりに溜まって400兆円を優に超えるまでになった。

 山本太郎は言った。「税金かあるところから取るのが先だ」―。

詳しくはここをクリック
http://www.news24.jp/articles/2019/11/07/04540464.html

不手際続きの検察と警察!護送中にまた逃げられる!

9日午前4時ごろ東大阪市新町の交差点で、大阪地方検察庁が車で護送していた薬物事件の被告の男が逃走した。

男に「手錠がきつい」と言われ、検察事務官が片方の手錠を外したところ暴れて逃げた。検察と警察が行方を捜している。

捜査当局の不手際で犯人に逃げられる事件が全国各地で相次いでい入る。ちなみに大阪地検では先月30日にも収容予定の被告の女に逃げられる事件が起きた。

なぜ、これほど頻繁に発生するのか? 単なる気のゆるみなのか?

それとも不安な治安情勢を煽っておいて、「現代の治安維持法」と呼ばれる「緊急事態条項」の必要性を強調する狙いがあるのか?

「れいわ新選組」を礼賛した自民党議員に懲罰!

 「この国の20年間の経済政策は、大失敗だった。これにより、我が国は衰退を続けているが、野党も与党もマスコミも、危機感を抱いていない。その中で、れいわ新選組だけが正しい経済政策を提示できた」

 「この間違った流れを変えないといけない。山本太郎というひとつの存在が触媒になればいいと思う」と真っ当な意見をはいた自民党議員、安藤裕政務官。

 これを聞いた安倍晋三は安藤裕を解任した。オレのやり方にケチをつけ、歯向かうような奴は許せないというのだ。

 ネットでは安藤を支持する声が圧倒的だ。彼に「れいわ新選組」に来てほしい、とラブコールを送る者が絶えない。

録画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=QKO2X0uUdPo

関連投稿はここをクリック
「れいわ新選組」の政策は全部実現可能と自民議員!https://85280384.at.webry.info/201907/article_343.html

買収!現金50万円入りの白い封筒を手渡した河井案里!

 春の広島県議選の真っただ中で、「当選祝い」と称して現金50万円入りの白い封筒を渡したというのだから買収だ。100%公選法に引っかかる。

 ウグイス嬢への高額報酬違反に140キロの猛スピード違反。そして今回発覚した50万円入りの白い封筒事件と、河井夫婦は犯罪を重ねた。

 これだけ揃えば無罪とはいかないだろう。どうだ、ソンタク検察?

*****************************
これが、広島県の県紙中国新聞が暴露した新事実。

 自民党の河井案里(46)=参院広島=が春の広島県議選(3月29日告示、4月7日投開票)の期間中に現金を持ってきたと、複数の自民党県議が証言した。7日までの中国新聞の取材に答えた。

 いずれも「当選祝い」「激励」などの名目で、その後に返したとしている。河井のこの行為は、公選法が禁じる買収の申し込みや寄付行為に当たる。

 河井は自民党県議だった3月中旬、7月の参院選広島選挙区で改選2議席の独占を目指す党本部の主導で、党で2人目の公認を得た。

 県議の1人は選挙期間中、事務所を訪ねてきた河井から「当選祝い」として白い封筒を受け取った。金額は「50万円くらいだったと思う」と振り返る。

詳しくはここをクリック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010000-chugoku-soci

山本太郎を表紙に据えたニューズウイークがバカな売れ行き!

 「山本太郎現象」と題し、太郎を表紙に据えたニューズウイークが話題を呼んだが、果たして「売れるのか」と私は半信半疑だった。ところがふだんの1・5倍の売れ行きと聞いてびっくりした。買うのは40ー50代が中心で、特に今回は女性によく売れているそうだ。

 同誌で太郎をインタビューした皮肉屋の石戸諭は、「次の衆院選では間違いなくキーパーソンになる。議席数が少ないからと舐めてかかると、ポピュリズムの風に吹き飛ばされる」と山本太郎に警戒感をあらわにした。

*******************************
話題となっているのが「山本太郎現象」と題した『Newsweek日本版』(11月5日号)の特集だ。

 雑誌名よりも山本代表を押し出した表紙で、通常の1.5倍の売上を記録しているという。

 長岡義博編集長は「雑誌のリニューアル号だったので、強いネタを持っていきたかった。やはり彼は参院選以降ずっと政治の中心にいたし、男性向けライフスタイル誌『GQ』も同じタイミングで山本代表をカバーに持ってきた。

 日本の大衆の中で受け入れられる素地ができていると思う。Newsweek日本版は普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」と話す。

 消費税5%でもいいと言っているのは、自分の理念だけを純粋に追求してクラッシュするのではなく、妥協することも知っている、長期的な戦略も持っているということ。野党を飲み込んでしまいかねない、あなどれない存在になると思う」とコメントしていた。

詳しくはここをクリック
https://times.abema.tv/posts/7027157

書類送検に国民は納得しない! 飯塚幸三を書類送検の方針!



 東京・池袋で乗用車が時速100キロで暴走し、交差点に突っ込んだ。青信号で渡っていた松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)が跳ね飛ばされて死亡、9人に重軽傷を負わせた事件。

 時事通信によると、警視庁は近く自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で、車を運転していた旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三を書類送検する方針だ。捜査関係者への取材で8日分かった、と時事通信。

詳しくはここをクリック
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110801363&g=soc
******************************

飯塚幸三への厳罰を求める署名ガ約39万人に達した。それほど今回の「事件」に多くの国民が怒りを覚えている。

扱いが不公平だからである。ナゼ、コヤツだけ特別扱いするのか?

法の下の平等はどうなったのかと、捜査当局やマスメディアに質す。

書類送検に国民は納得しない。


▼殺人者・飯塚幸三!ネットに溢れる怒りの声、声!
https://85280384.at.webry.info/201904/article_274.html

▼飯塚幸三が原子力マフィアの一員だったこれだけの証拠!
https://85280384.at.webry.info/201904/article_280.html

ネトウヨの「素性がバレた」安倍晋三!あの常套句を叫んだ!

ネトウヨから熱狂的な支持を受ける安倍晋三がついに素性を明かした。立憲民主党の議員に対し「共産党」とヤジを飛ばしたのだ。

ネトウヨの常套句が「共産党」と「反日」だ。自分で分からなくなると、これを連発する。

相手を攻撃するときは誰に対しても「共産党」「反日」と叫ぶ。ほかの言葉でうまく表現できないのである。

ほとんどキの字である。「キの字」が分からない者はネットで検索してみると言い。晋三のことである。

詳しくはここをクリック
止まらない安倍のヤジに「宰相の器」ではないと批判!
https://85280384.at.webry.info/201911/article_88.html

安倍晋三がついにやってしまった!首相席から「共産党」とやじった!

日刊スポーツがこう書いた。

 安倍晋三首相が8日の参院予算委員会で、6日の衆院予算委に続いて再び野党の質問者を指さし、やじを飛ばした。

 立憲民主党の杉尾秀哉議員が、放送局に電波停止を命じる可能性に言及した16年の高市早苗総務相の発言に触れた際、首相は席から杉尾氏とは関係ない「共産党」と、やじった。

 金子原二郎委員長から「不規則発言は厳に慎んでほしい」と、注意を受けた。

 首相は22日まで政権を維持すると、桂太郎を抜いて在職が歴代1位となるが、「宰相の器」には疑問符がつけられつつある。

 首相に近い自民党の世耕弘成参院幹事長も会見で「常にカメラの向こうには国民の目があると意識することが重要だ」と、苦言を呈した。

++++++++++++++++++++++++++++
 衆院で注意されたばかりなのにまた、やった。

 「犬に念仏・猫に経」「カエルの面にしょんべん」ー。バカに付ける薬はないと言うが安倍晋三には何を言っても無駄だ。

 日刊スポーツが「宰相の器」ではないと鋭く批判した。

 一般紙を尻目に日刊スポーツの政治記事がさえわたっている。

法相の時速140キロのスピード違反見逃した広島県警!

 法務大臣を辞任した河井克行が法相だった時、悪質なスピード違反を秘書にさせていた。

 時速140キロ。どこから見ても立派なスピード違反だ。

 ところが広島県警は大臣さまの警護に付きながら、「見て見ぬふり」をして違反を見逃した。

 庶民には厳しいサツが権力にはからきし意気地がない。

 なに?「違反など摘発すれば、県警本部長の出世の妨げになる」???

***********************
週刊誌がこう報じた。

 事件が起きたのは10月5日。河井は、正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。その際、河井が急ぐよう秘書に命じ80キロ制限の高速道路を60キロオーバーの140キロで走行。

 50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。

 ところが、警護についていた広島県警の後続車両は事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかった。

 その決定的な証拠が残されていた。克行と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。

 そこには10月5日の12時に〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉と記されていた。

詳しくはここをクリック
https://blogos.com/article/415631/

30か所めった刺し、東京・東久留米市の住宅で殺人事件!

 8日、東京・東久留米市の住宅で刃物で刺されて死亡していたのはこの家の住人と同居していた55歳の男性と確認されました。男性は首や胸など30か所以上を刃物で刺されていたことも分かり、警視庁は強盗殺人事件とみて捜査している。

詳しくはここをクリック
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191108/k10012169931000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

**************************

 東久留米市と言っても九州の久留米市とは無関係だ。このあたりは武蔵野台地で、東京近郊でありながら緑も多く、静かな住宅街として知られている。

 殺人事件などめったに起きない場所だけに、住民の間では不安が広がっている。

即位パレードでホンダ本社ビル全員出社禁止!

 天皇陛下の即位を祝うパレードを10日に開催する。

 その際、東京・青山にある自動車メーカーのホンダの本社ビルは全社員出社禁止となる。

 なんでか?

**********************
日刊スポーツが伝えた。

 天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が10日、皇居周辺で行われる。

 世界のホンダが厳戒態勢の最前線基地となる。本社ビルはパレードコース終盤の人気スポット「青山1丁目交差点」に面している。

 青山通りを進むオープンカーは地上16階建てのホンダビルを左手に見ながら交差点を右折し、赤坂御所へと向かう最高のロケーションが厳戒警備の拠点だ。

 ビルからは赤坂見附方面から青山通りを一望にできる。全階のバルコニーは警察部隊が陣取って、双眼鏡などで周辺に目を光らせ、無線連絡などで地上の配備部隊と密に連係してアクシデントに備える。

 最も警戒が必要なドローンの飛行接近の探知や撃退、情報発信など重要任務も担うとみられている。

 当日は全社員に「出社禁止命令」が通達済み。交差点に面し、休日もオープンしているショールームも完全閉鎖される。

「カエルの面にションベン」の安倍晋三!

 ヤジの連発にたまりかねて委員長が注意すると、安倍晋三は両手を広げるジェスチャーで、不満をあらわにした。

 「馬の耳に念仏」ということわざがあるが、晋三にはこちらの方がふさわしい。「カエルの面にションベン」

*******************
デイリースポーツの記事である。

 立憲民主党の蓮舫副代表が8日、ツイッターで、安倍晋三首相が6日の衆院予算委員会に続き、この日の参院予算委でも野党議員にやじをとばし、参院予算委員長に注意を受けながらも両手を広げて「納得してないとのジェスチャー」を示したとして問題視した。

 安倍首相は、6日の衆院予算委で加計学園問題を追及する今井雅人氏(無所属、立民などの統一会派)が文部科学省内で見つかった文書に関した質問中、同氏を指さして「あなたが作ったんじゃないの」とやじ。

 さらに、8日の参院予算委では、立憲民主党の杉尾秀哉氏が放送局に電波停止を命じる可能性に言及した2016年の高市早苗総務相発言について質問した際、安倍首相は自席から杉尾氏を指さして「共産党」とやじ。

 金子原二郎参院予算委員長が「不規則発言は厳に慎んでほしい」と注意した。

 蓮舫氏は「今日、も。杉尾秀哉議員の報道規制に関する質問に対して、総理大臣席からヤジ」と振り返り、「あまりにも品位がないとの私たちの抗議に対し、予算委員長が総理に注意。

 ところが、その注意の最中に両手を広げ納得してないとのジェスチャーです」と、反省の色を示さない態度を嘆いた。

止まらない安倍のヤジに「宰相の器」ではないと批判!

 「犬に念仏・猫に経」「カエルの面にしょんべん」ー。バカに付ける薬はないと言うが安倍晋三には何を言っても無駄だ。

 衆院で注意されたばかりなのにまた、やった。8日に参院でも野党にヤジを飛ばした。日刊スポーツが「宰相の器」と鋭く批判した。

 一般紙を尻目に日刊スポーツの政治記事がさえわたっている。

**********************
日刊スポーツがこう書いた。

 安倍晋三首相が8日の参院予算委員会で、6日の衆院予算委に続いて再び野党の質問者を指さし、やじを飛ばした。

 立憲民主党の杉尾秀哉議員が、放送局に電波停止を命じる可能性に言及した16年の高市早苗総務相の発言に触れた際、首相は席から杉尾氏とは関係ない「共産党」と、やじ。

 金子原二郎委員長から「不規則発言は厳に慎んでほしい」と、注意を受けた。

 首相は22日まで政権を維持すると、桂太郎を抜いて在職が歴代1位となるが、「宰相の器」には疑問符がつけられつつある。

 首相に近い自民党の世耕弘成参院幹事長も会見で「常にカメラの向こうには国民の目があると意識することが重要だ」と、苦言を呈した。

生番組の放送中に森本毅郎さんが突然、体調崩す!

 歯に衣を着せない物言いで人気がある森本毅郎さんが、けさ8日のラジオ生番組の放送中に突然体調を崩した。

 CMの後、スポーツコーナーで登場する男性アナが「森本さんが今、体調を崩しましたので私が代わりにこのコーナーを担当させていただきます」と言った。

 番組パートナーの遠藤泰子さんも驚いたようで戸惑っていた。

 その後、森本さんは医者の診断を受けているとのことだった。大事がなければいいが・・・。

安倍晋三は、ほとんどビョーキじゃないか?

 懲りない男である。子どものころからわがまま放題。いまもそのクセが治らない。

 安倍晋三は、ほとんどビョーキじゃないか? 首相席から野党の質問者に向かってヤジを飛ばす。非常識もいいとこだ。

 非常識と言えば有権者もどうかしている。こんな世界の恥さらしを放任しているのだから同罪だ。こんな風にして日本は沈んでいくのか。

******************
毎日新聞があきれ返ってこう書いた。

 子供に見せたくないなあ、と思ってしまった。深夜番組ではない。国会のテレビ中継である。6日の衆院予算委員会で、国民の範たるべき首相が、またも閣僚席から国会議員にヤジを飛ばした。

 これまでも物議を醸した安倍晋三のヤジや不規則発言だが、国会会議録を調べると出るわ出るわ、今年だけでその数、26回。

 6日のヤジは今井雅人の質問中に発せられた。加計学園問題を巡り、文部科学省が公表した文書に萩生田光一が登場することから、萩生田に経緯を問う今井に、閣僚席の首相が「あなたが(文書を)作ったんじゃないの」とヤジった。

 これで審議は一時中断。安倍は「座席から言葉を発したことは申し訳なかったと謝罪したが、発言は取り消さなかった。


 振り返れば再登板後の安倍首相、質問中の野党議員に対するヤジが繰り返し問題視されてきたのは今年だけでも26回の不規則発言。

 例えば
▽「日教組は(献金を)やっているよ(2015年2月19日、衆院予算委。砂糖業界からの農相への献金問題を追及されて。後日、事実誤認として謝罪)

▽「早く質問しろよ(同年5月28日、衆院特別委で)

▽「まあいいじゃん。そういうことは(同年8月21日、参院特別委で。閣僚答弁の誤りを指摘されて)

▽「反論させろよ、いいかげんなことばかり言うんじゃないよ(17年6月5日、衆院決算行政監視委で。加計学園問題をめぐる質問に)――。


 だが国会会議録を調べてみると、今年だけでも、話題にならなかった「口撃を含め、少なくとも13の会議・委員会で26回のヤジなど不規則発言が記録されていた。どれも質問者の質問中に閣僚席から発したものだ。

「憲法議論は自由にすべき」の山尾に枝野が不快感!

 時事通信によると、立憲民主党の山尾志桜里は7日の衆院憲法審査会で、憲法審の今後の議論について「憲法の中身の自由討議を行うべきだ」と主張した。

 国民投票をめぐるCM規制の議論を優先する党の立場と異なり、枝野幸男代表はこの後の記者会見で「国会の議論の段取りは国対マター」と述べ、不快感を示した。 (以上 時事通信)

*********************************

 「憲法の自由討議を行うべきだ」?敵の土俵で相撲を取ろうとは恐れ入った。自民党の思う壺である。

 この女は美人だというので人気を得たが、以前から行動は不可解。横浜市長選挙でカジノ誘致に積極的な林を応援するなど「本当に野党議員なのか」と疑うような人物だ。

 男女関係は派手で、年下の弁護士と品川のホテルにしけ込む現場を週刊誌にスッパ抜かれたこともある。民主党時代は前原の子分だった。

加計文書「誰が書いた?」に安倍晋三が逆切れのヤジ!

 「あさってのおとといの羅針盤」ー。それが大バカモノの安倍晋三である。国会の答弁でまた赤恥をさらした。切ないのは本人がそれをまったく自覚していないことである。

 私が知る国会の予算委でやじるのは若手議員だ。自席からヤジを飛ばす首相などひとりもいなかった。安倍晋三ほど下品で非常識な首相は皆無だ。

 安倍は森友事件や加計疑惑に触れると、途端に激高する。それほど「気にしている」証拠である。

 両方とも真相は何一つ解明されていない。絶対に風化させない。追及の手を緩めない。なぜなら「権力による犯罪」だからである。

******************************
大野章さんが怒りを込めて思いの丈をフェイスブックに綴った。(原文のまま)

【これでは、この国はモラルも秩序も無くなってしまう!】

 自分の「モリカケ疑惑」は徹底的に逃げ回り、任命大臣の不祥事辞任には口先だけのお詫び。

 その安倍晋三がきのうの衆議院予算委員会でまたやらかした!

 非公開の「加計関連文書」について今井雅人議員が萩生田文科相に「誰が書いたのか?」との質問中に安倍が首相席から今井さんを指差して「あんたが書いたのかも」とやじった!

 今井さんが「私が書くはずがない。失礼だ。取り消して謝りなさい」と言うと、委員長に促されてしぶしぶ答弁席にきて、「誰が書いたのか分からないと言ったんですよ。あなたかもしれない、私かもしれない。誰だか分からないと言ったんですよ」と開き直り。

 今井さんがさらに、取り消し、謝罪を求めると、安倍は「私が正式に答弁で言ったのなら取り消しますよ、でも、これは、いわば、不規則発言です。まさに、私は、自分の席でつぶやいただけですよ。」ここで委員席から「バカなことを言うな」の声がかかると安倍は「ほら、そこでヤジっているじゃないですか。まさに、そういう、いわば、ヤジをいちいちとりあげて訂正したり、謝ったりするのですか?」と開き直り。

 ヤジやつぶやきなら何を言っても許されるのか‼ぼくは、FBやツイッターで安倍政権を厳しく批判するが事実無根なことは書かない!

 ヤジや、つぶやきなら何を言っても責任なしならモラルも秩序も成り立たない!

 まして、一国の首相が無責任なヤジを飛ばして「ヤジだから責任ない」などと言うのは、この国からモラルと秩序を崩壊させてしまう。
 
 こんな首相の存在を許していて良いのか!!

山本太郎の出した「助け舟」に乗らない手はない。!

 久しぶりに「かっちの言い分」を紹介する。ブログを発信している者の中には「他人のブログのPRなど愚の骨頂」という者がいる。

 私の考えは違う。別に、ブログの競争をしているわけではない。内容がしっかりしたものであれば喜んで転載する。少しでも多くの読者に読んでもらいたいと思うからだ。

 「かっちの言い分」が、山本太郎があそこまでハードルを下げた「消費税5%」に同調しなければ、立憲、国民は血を見るだろう、と尻を叩いた。

 私もそう思う。今もって連合との「へその緒が切れない」立憲、国民はこの先どうあがいても、じり貧必至だ。山本太郎が助け舟を出したのだから乗らない手はない。

「かっちの言い分」の力強い山本太郎への応援メッセージを以下に転載する。

*************************

 れいわの露出度急上昇。次期選挙では寄付金も急増予測。

 れいわの木村氏が国会初質問を行った。以下に新聞が取り上げた記事タイトルを示した。テレビもいくつか放映された。山本太郎氏は、テレビに出るだけで数百万人に名前が知れると言っている。

 政権を取ると、テレビで毎回大臣、議員の名が国民に刷り込まれる。その意味で、れいわも参議院選挙前は一切テレビに出て来なかったが、さすがに政党になって露出度が増えた。

 今回も重度障害者が国会で質問するなどということは思ってもみないことだし、況や寝たきりで選挙運動を行い選挙に当選出来るなどは夢であった。

 社会の中で一番大変な人からの訴えは同じような人たちに希望を与える。

 それを山本氏が実現させた。本人は3人目で当選する目算であったが本人は落ちた。しかし、本人には悪いが、落ちたお陰で選挙運動を北は北海道から南は九州、今は沖縄、離島を回っている。

 そのパフォーマンスはネットで伝搬される。しかし、山本氏はネットでは不特定多数で興味のある人にしか届かない。やはり嫌でも目に入る街頭にポスターを貼ることを推奨し、地道にボランティアを募り貼っている。

 100訪問に1つ貼れたらいい方だという。

 安倍首相は今いつ解散するか分析している。野党の共闘体制が整わない内にやるのが鉄則である。今はれいわが提唱している消費税5%に賛同しているのは、共産、社民だけである。

 安倍首相はしめしめと思っている。山本氏は講演会毎に立憲、国民が5%に乗らなかったら仁義無しで100人立てると本気で述べている。

 そのためには供託金で6億円、選挙活動費を入れれば20億円必要と述べている。

 この金額はこれだけ知名度が上がってくれば決して手の届かない額ではないと思っている。なにせ全く露出なしで3億円強を集めた。

 立憲、国民は同調しなければ逆に血を見るだろう。

朝日 れいわ木村氏「車いすに対応できるトイレを」国会初質問
https://www.asahi.com/articles/ASMC53Q65MC5UTFK00D.html

東京 れいわ木村氏、社会参加へ配慮を 秘書らの介助で初質疑、参院委
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019110501002134.html

読売 れいわ・木村英子氏が初質疑「障害者の立場から質問」「体力的には厳しいが頑張れた」
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20191105-OYT1T50194/

日本の窮状に目もくれず60兆円ばら撒いた安倍晋三!

 10月の消費増税は社会保障に充てる約束だった。ところが安倍晋三が決めたのはASEAN諸国への「出資倍増」だった。

 そんな、こんな、で安倍晋三が海外にばら撒いた額は軽く60兆円を超える。

 日本の子供7人に1人が貧困家庭だ。学校の給食が栄養源だという悲しい現実。

 母子家庭の母親は、寝る間を削って昼も夜も働いて年収200万円に届かない。

 国内の窮状を見捨てて海外に行き「エエカッコ」をする安倍晋三。この人、本当に日本の総理大臣なのか?

 60兆円のバラマキの裏で「利権の影」がチラチラするのは私だけか?

**************************
日刊ゲンダイが怒りを込めてこう書いた。
  ◇  ◇  ◇

 ASEAN会議でタイを訪れていた安倍は、外務省所管の国際協力機構(JICA)への出資を今後倍増させ、ASEAN諸国のインフラ開発などを支援していく方針を明らかにした。

これに対し、ネットでは
「また、外国にばら撒きかよ」
「諸外国に出す金があるなら、(消費税を)増税するなよ」
「途上国の外国人よりも、氷河期の日本人を支援すべき」
といった批判の声が相次いだ。

 第2次政権が発足した2012年以降、安倍は海外にカネをバラマキ続けている。

 18年4月、過激派組織「イスラム国」との戦闘終結後のイラク復興支援名目で、上水道整備などのために約350億円の円借款供与を決定。

 同年10月には、インドの高速鉄道計画などに3000億円強。

 さらに今年4月にはパナマ首都圏のモノレール建設事業を巡り、約2810億円の円借款を決めた。

 そして5月末は、バングラデシュの鉄道や商業港建設に関連し、1300億円規模の円借款を約束。

 さらに言えば、ステルス戦闘機の“爆買い”だって、トランプの要求に屈した安倍の米国への巨額な“バラマキ”に等しい。

 1機116億円とされる戦闘機を147機購入する計画で、維持費を含めると日本の支出額は約6兆2000億円。つまり、バラマキ総額は実に60兆円を超えている。

詳しくはここをクリック
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/264293