読者の支持に裏打ちされた自信あふれる新聞!

▼読者の支持に裏打ちされた自信あふれる新聞!



 父親が娘を犯して無罪判決は衝撃だった。判決は3が26日付だったが分かった段階で他社は、毎日が4日 20時10分、産経が4日 22時27分などと、4日夜に記事にした。

 ところが朝日は、各社から1日以上も遅れた5日23時56分に発信している。どうして、こんな重要な判決を“特オチ”したのか?

 情報の入手は各社と同じ時間帯だったと思うが、問題意識に差が出たと考えられる。記者ならニュースの優先順位を考えるはずだ。重要度の高さに従って速報の強弱が違ってくる。

 朝日は「軽く」考えたのではないか? 今回に限らず、朝日はこうしたケースが少なくない。なぜなのだろう?記者の質が落ちたのか?それとも意欲の減退か? いずれにしても、かつてのような活気が失せた気がする。

 それと対極なのが東京新聞と夕刊紙の日刊ゲンダイ。とにかく元気だ。勢いがある。自分たちの書いた記事が読者の支持を受けているとの自信が漲(みなぎ)っている。

"読者の支持に裏打ちされた自信あふれる新聞!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント