ますます低下する日本の若者たちの読解力!またダウン!

 経済協力開発機構(OECD)は3日、加盟国を含む79カ国・地域の15歳を対象として2018年に実施した学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。

 日本の高校1年生の読解力は15位で、8位だった2015年の前回調査から低下。

 点数も12点低くなり、上位層と差が広がった。 (以上 共同通信)

****************************

  読解力は社会に出て、最も必要な基礎知識だ。手軽で便利と何でもネットに頼っているとこうなる。ネットは便利だが薄っぺらだ。読解力は身につかない。日ごろから「自分の頭で考える」習慣をつけることが大事だ。ハッキリ言えば「読書」である。

 単行本1冊、まともに読めない者がいる。こんな者に読解力など付くはずがない。知識の格差が、やがて、もろもろの格差に直結する。

 文章を読み解く力がなければ、書類や資料を見せられても、何が書いてあるか理解できない。理解できなければ責任ある仕事は任せられない。生涯「使い走りの人生」を過ごすことになる。
 
 読解力の不足は子供たちに限ったことではない。フェイスブックを見ていると、「あさってのおととい」のようなことを平気で書いている者が少なくない。中学程度の学力さえ身についておれば、こんなことにはならない。

 フェイスブックには、安倍晋三や麻生太郎並みの人間がそこら中にいる。10-20文字程度の短い文章でさえ、ピントがずれている。彼らに共通しているのは「読解力のなさ」である。

 若いころに、まともに本を読んでいないと、こういう大人になる。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント