「原発は利用すべきでない」とローマ教皇!

 【ローマ教皇特別機中、共同】ローマ教皇フランシスコは26日、原発はひとたび事故となれば重大な被害を引き起こすとして「完全に安全が保証されるまでは利用すべきではない」と明言した。

 教皇庁(バチカン)は原発の是非について立場を明確にしておらず踏み込んだ発言。東京からローマに戻る特別機の中で、記者会見し述べた。

************************

 ローマ教皇が「原発はやめるべきだ」と言った。教皇は日本滞在中にフクイチ(東電福島第一原発)の被災者と面談した。この時、聞いた話が心に残ったようで原発について踏み込んだ発言をした。

 日本は、エネルギーは十分足りている。原発なしでも暮らしていけることが証明されている。

 最大の理由は、「節電」という名の国民の省エネ意識だ。

 東日本大震災を経験し、日本人は原発=放射能の怖さを体感した。これをきっかけに節電意識が定着した。

 そしてもう一つの理由は、代替エネルギーの普及である。

 「節電」と「代替エネルギー」は、すでに原発5基分に相当するという。

 放射能の影響は、その後何十年にもわたって続く。

 世界は、今回のローマ教皇の言葉に耳を傾けるべきだ。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント