被災者との集いで原発廃止を強く望んだローマ教皇!

 来日中のローマ教皇フランシスコは25日、都内で東日本大震災の被災者との集いを開いた。この中で教皇は、原発の継続利用に懸念を示し、廃止を強く望んだ。

*************************

 ロイターによると、教皇は地震・津波・福島第1原発事故という「3つの災害」で多数の死傷者が出たことについて「天然資源の利用、特に将来のエネルギー源について重大な決断を下す必要がある」と発言。

 「地域社会が絆を取り戻し、人々が再び安全で安定した生活を送れるようになるまで、福島の事故が完全に解決されたとは言えない」と述べた。

 教皇は原発問題にも触れ、「原子力の利用継続に対する懸念もある。このため(日本カトリック司教団は)原発の廃止を求めた」と語った。

 教皇は今回の集いで被災者の話に熱心に耳を傾けた。関係者によると、教皇は被災地への訪問を繰り返し要望したが、日程の都合で実現せず、東京で被災者との集いを開いた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント