安倍の長期政権を下支えしたマスコミへの脅し!

 安倍内閣の8年間はスキャンダル続きだ。今は安倍自身にまつわる公金を悪用した選挙活動と言われるサクラ疑惑である。

 以前ならとっくの昔に政権が倒れているはずだ。それがへこたれないのは安倍政権のマスコミへの脅し、恫喝が効果を挙げているからだ。

 公共放送だったハズのNHKの会長のクビを挿げ替え、組織を意のままにして支配下に置いた。

 朝日に対しては慰安婦問題で読売、産経など御用メディアを総動員して徹底的にたたき、腰砕けにした。

 更新が必要な民放には電波の許認可をちらつかせ、縮み上がらせた。

 こんな状態で以前のようにマスコミが一丸となって不正をただすことが出来ない状態が続いている。

 安倍政権によるマスコミの分断。これが長期政権を下支えしている要因の一つである。


*********************
日刊ゲンダイが「大メディアは政府宣伝の片棒を担ぐな」と強調した。

 希代のペテン政権が続いたせいで、隠蔽されてきた悪事はオリのようにたまるばかりだ。 

 こんなロクでもない首相が、憲政史上最長の座にふんぞり返っていられるのは、その大罪に目をつむり、守ってきた大メディアのおかげでもある。

 「安倍晋三政権は、『地方創生』だ『女性活躍』だと、毎年のように新しいスローガンを掲げ、やってるフリをしてきただけですが、大メディアはそれを垂れ流し、政府の宣伝の片棒を担いできた。

 外遊に明け暮れ、首脳会談を繰り返すだけのパフォーマンス外交も無批判に報じ、“やってる感”の演出に協力している日本のマスコミ。

 この政権の本質はウソと隠蔽とゴマカシなのに、メディアは本当の姿を伝えてこなかった。首相が『悪事を隠していること』が隠されてきた」(法大名誉教授・五十嵐仁)

 安倍は民主党政権時代を「悪夢」とさげすむが、現状はもっとひどい。

 検察は安倍政権のどんな悪事でも見逃し、メディアも政権にへつらう暗黒社会。

 国民から富を収奪して特権階級の宴が続く。悪夢を超越して、悪魔的だ。

 「後世の研究者は、憲政史上、メディアと検察が最も仕事をしなかった時代と評価するのではないか。

 権力の監視というジャーナリズムの基本を捨て去った大メディアは、情報操作の手先となって大本営報道を繰り返す」(政治評論家・本澤二郎)

 最長記録更新でもヨイショ報道。魂を売ったメディアによって、悪辣政権が生き延びている。  (以上 日刊ゲンダイ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント