札幌への変更に「合意なき決定だ」と小池百合子!

 東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、東京五輪・パラリンピック組織委員会、政府の4者協議が1日、都内で開かれ、五輪のマラソン、競歩の開催地は暑さを避ける目的で札幌市に変更することで決着した。

 唯一、反発していた東京都の小池百合子知事は「都として同意はできないが、IOCの決定を妨げることはしない。合意なき決定だ」と述べた。開幕まで9カ月を切った段階での異例の開催地変更が決まった。 (以上 共同通信)

*****************************

 五輪の開催都市が「同意しない」五輪など聞いたことがない。直前までゴタゴタ続きの東京五輪。

 私は元から日本での開催に反対だが、五輪を楽しみにしていた人たちも、行き当たりばったりの五輪にウンザリしているのではないか?

 そのせいか祝賀ムードと言うものがどこにもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

写楽斎
2019年11月02日 13:01
まあ、これほどトラブルや疑惑にまみれた五輪はかつて無かったのではないか?アベのフクイチアンダーコントロールという21世紀最大のウソに始まりエンブレムの盗作、スタジアムデザインのドタ変更、JOCトップの贈賄疑惑捜査等々・・・そしてファイナル競技の札幌移転。まだまだ出てきそうだ。それもこれも平和の祭典じゃなく「利権の祭典」だからだと思う。