石破茂が在日米軍経費の負担増に「出すいわれはない」!

 時事通信によると、自民党の石破茂元幹事長は17日のフジテレビの番組で、米国が在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)増を求めていることについて、「米国の世界戦略にとって絶対に日本はなくてはならない。(予算をさらに)出すいわれがどこにあるのか言わないといけない」と強調した。

*********************************

 石破茂の発言は当然であって、この発言は政権を担当している安倍晋三が真っ先に主張すべきことだ。日本共産党の志位和夫が言っていた。「安倍晋三という人は弱い者には居丈高で、強い者には媚びを売る者」。

 安倍晋三は政治家には向かない。最も必要な指導力に欠けるからである。腹が座っていない。器が小さすぎる。

 増額要求は米国政府と言うよりトランプの単なる個人的な思い付きである。狙いは大統領選挙目当てのパフォーマンス。カネの亡者のトランプは政治も外交も、同盟関係まですべて「カネ次第」だから話にならない。目当て米国一、卑しくて下品な男だ。

 こんなならず者を大統領に選んだ米国が信じられなかった。日本も同じだ。義務教育で習う漢字が満足に読めない安倍晋三が20日で日本の憲政史上最長の政権となるそうだ。

 日米同時に史上最低の輩が国のトップに躍り出た。これは偶然なのだろうか?それとも別の意味が隠されているのか?

関連投稿はここをクリック
在日米軍への「思いやり予算」5倍増を要求!
https://85280384.at.webry.info/201911/article_131.html?1573906522

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント