在日米軍への「思いやり予算」5倍増を要求!

 共同通信によると、在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)を巡り、トランプ米政権が日本政府に対し、現行から5倍の増額を求めていたことが分かった。

 7月に当時のボルトン大統領補佐官が来日した際に伝え、日本側は拒否した。日本政府筋が16日、明らかにした。

 駐留経費負担は2019年度予算で約1974億円を計上しており、単純計算すれば9800億円以上の巨額要求となる。

 トランプは日米安全保障条約を「不公平な合意」と表明。大幅な増額要求は来年の大統領選に向け、米国の負担軽減を得たい交渉術の一環とみられる。  (以上 共同通信)

***************************

 外交も同盟の意味も皆目理解できないカネの亡者・トランプは自分の再選のためには所かまわずわめきたて選挙民に「存在感」を示そうとする。

 これほど、自己中心の米国大統領を見たことがない。トランプは政治が全く分からない。国際情勢も理解できないため世界中で軋轢を生んでいる。

 安倍晋三はいつまでも米国一のならず者にしっぽを振らず、対等にモノを言うべきだ。在日米軍基地は、米国の世界戦略にとって不可欠の存在であることは広く知られている。日米安保条約で利益を受けているのは米国だと堂々と主張すべきだ。

 トランプを評価するのは安倍晋三ぐらいだ。ドイツのメルケルも、フランスのマクロンもトランプなど信用していない。彼は習近平と同様、世界の破壊者だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント