南太平洋ソロモン諸島に中国の軍事基地誕生の恐れ!

 覇権の世界戦略を着々と進めている中国が南太平洋のソロモン諸島に中国の軍事基地を建設する恐れが出ている。島と目と鼻の オーストラリアは強い懸念を示している。

 中国は経済協力を名目に各国の領域にくさびを打ち込んでいる。中華帝国は習近平の夢である。そのために軍事力に年間19兆円もの巨費を投じ兵器の近代化を急いでいる。兵器開発費や人件費を加えると実際は倍の約40兆円と言われている。

 巨大な軍事量を背景にフィリピンやベトナムを沈黙させ、南シナ海は実質的に勢力下に収めつつある。このあたりは浸水が深いので原子力潜水艦からの攻撃には最適の場所だ。

 日本の領土である尖閣諸島に対する挑発もやめようとせず、ほぼ毎日繰り返している。米国の影響力の交代は世界秩序に大きな混乱をもたらしている。

****************************
共同通信が報じた。

 台湾と断交し、中国と国交を樹立した南太平洋の島しょ国、ソロモン諸島の地方政府が中国企業に小さな島ごと貸し出す契約を結んだ。オーストラリアなどから「中国の軍事利用につながりかねない」との懸念が出ている。

 両国が国交を結んだ翌日の9月22日、ソロモン諸島のセントラル州と中国企業「チャイナ・サム・エンタープライズ・グループ」が合意文書に署名。首都ホニアラのあるガダルカナル島の北に位置するツラギ島と周辺の島々を「経済特区」として貸し出す用意があるとの内容。期間は最長で75年とされる。
 
 オーストラリア外務貿易省の報道官は、「太平洋諸国に外国の軍事基地ができるなら大きな懸念だ」と述べた。

日本シリーズで読売巨人軍が負けた!いいことだ!

日本シリーズは23日、ソフトバンクが巨人を4―3で破って4連勝とし、3年連続の日本一を達成した。

正直言って、どっちが勝とうが私はそれほど関心がない。

ただ、読売と名が付くものは大嫌いなので、読売巨人軍が負けたことはいいことだ。

かつては巨人、大鵬、卵焼き、と言われた時代があった。この3つに関係性があるわけではないが大鵬も巨人も当時人気があったのでゴロ合わせで誰か言ったことが流行ったに過ぎない。

不愉快だったのはあの当時はプロ野球全盛時代で、どの放送局も新聞も巨人を特別扱いしていた。たとえば、今日の場合なら「巨人敗れる」と常に巨人が主語だ。「こんなバカな話があるか」といつも不快に思っていた。

巨人はカネを積んで有力選手を根こそぎさらっていった。勝って当然だ。

プロ野球は巨人人気で保っていると思ったのか、他球団は表立って一言も不平を口にしなかった。マスコミは巨人一辺倒だ。

そんな巨人もサッカーなど次々、新しいスポーツ人気の台頭でかつての人気は「今いずこ」である。

その読売巨人軍が負けた。いいことだ。とにかく「読売」は大嫌いである。安倍晋三の御用機関が読売新聞だ。

社会保障費は抑制し、公務員給与は6年連続引き上げ!

 安倍晋三は7月の参院選で「消費増税の財源は社会保障に使う」と言った。ウソだった。社会保障費は抑制して、公務員給与は6年連続で引き上げるという。こんなバカな話があるか?安倍は本当の日本をメチャメチャにする気だ。

**************************

安倍政権は、「年内に『革新的環境イノベーション戦略』を策定し、10年間に30兆円の投資を行う」と表明。

閣議で、2019年度の国家公務員の月給とボーナス増額を求めた人事院勧告の完全実施を決定。
6年連続で公務員給与引き上げだ。

ところが2020年度の予算案で社会保障費の伸び(自然増)は例年並みに1300億円程度の「圧縮」を発表した。

この夏の参議院選挙では「消費増税の財源は社会保障に使う」だったが、この約束を破り社会保障費の抑制を決めた。

詳しくはここをクリック
https://johosokuhou.com/2019/10/19/19981/?fbclid=IwAR2-XfG12KyrpZ0ck8-yRUXviRK5DgNB5X4TaKUYELN0VLBU-wyzQgfdFLg

香港の「山本太郎」梁國雄は民主派のリーダー!

 「今すぐ普通選挙の実施を」・・・スローガンを叫んでいるのは前の立法会議員で民主派の梁國雄だ。デモ参加者は立ち止まり、梁のシュプレヒコールに合わせて拳を突き上げる。田中龍作が届けた最新の現地報告。

*****************************

 梁の肩書が「前」議員なのは、議員資格を剥奪されたからだ。梁は雨傘運動を引っ張った民主派のリーダーたちが逮捕されたことに抗議し、立法会の議場で雨傘を広げたのである。これが剥奪理由だ。傘には逮捕された民主派リーダーたちの名前が書かれていた。

 議場で抗議の雨傘を広げる反骨精神は、日本の国会で一人牛歩する山本太郎の姿に重なる。

 香港は民主派というだけで議員であろうが、世界的有名人であろうが、逮捕される。8月末、議員8人と民主運動リーダーの黄之鋒や女神の周庭らが逮捕された。デモを扇動したなどとする「言い掛かり」 だ。

 香港の中国支配の拠点、中聯弁(中央政府駐香港連絡弁公室)に民主派団体がデモをかけようと計画していた前夜だった。

 「お上(中国共産党)に楯突くとこうなるぞ」という みせしめ だった。

田中は梁に「革命スローガンを公衆の面前で叫んで、逮捕される恐れはないか?」と尋ねた。梁は「すでに逮捕経験があるので怖くない」そして続けた—

 「For the people, by the people. This is the theory of democracy」

 「普通選挙をやっていれば、こんなデモなんてしなくて済むのに」

  山本太郎が言った。「政治を最も必要としている人たちが選挙に行かない」。

  緊急事態条項の危険性に警鐘を鳴らし続ける山本太郎。

  発動された緊急法に抗議しマスク姿で政府庁舎前に立つ梁國雄。

  山本が次の選挙で当選しても、改憲の後で「緊急事態条項」が発動されれば、事実上議員活動はできない。
 二人はここまで似る必要はない。(敬称略)
    ~終わり~
  ◇
少年少女から前議員までが、世界の実力者・習近平に死にもの狂いで抗い続けています。人命など屁とも思わない中国政府が相手です。
香港の現実を伝えるために長逗留となり、借金がかさんでおります。ご支援何とぞ御願い申し上げます。

写真などはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/10/00021105

衝撃の事実!中国で既に人口減少が始まっていた!

 世界中の国と言う国に、中国人が住み着いていないところはない。それほど中国は人口が溢れ、他国に出ることを政府が後押ししていた。

 ところが実際は2017年に人口の山を迎え、昨年からは人口が減少に向かっていたというのだ。驚きの事実である。

********************************

 【北京共同】中国の北京大経済学院の蘇剣教授は23日までに、中国の人口が2018年に減少に転じた可能性があるとの分析結果を公表した。

 中国国家統計局は同年に生まれた子どもは1523万人としているが、水増しされたデータの疑いが強いという。中国紙の21世紀経済報道(電子版)が伝えた。

 国家統計局によると、18年末時点の総人口は13億9538万人で世界1位。政府系シンクタンクは27年に人口減に転ずると予測するが、一部の学者から既にピークを過ぎたとの指摘が出ている。

 蘇氏は「中国の人口はおそらく17年にピークを迎え、昨年から人口減少が始まっている」と訴えた。 (以上 共同通信)

アフリカ南部で厳しい干ばつ!ゾウが大量に餓死 !

 地球の気候変動は人間だけでなく、ほかの動物にも大きな影響を及ぼしている。悲しいニュースが伝わった。

 アフリカ南部で厳しい干ばつ!ゾウが大量に餓死!

 「自然災害」と言うには、あまりにも悲しすぎる。なんとかならないものか。

***********************

 厳しい干ばつが続くアフリカ南部のジンバブエとボツワナで、先月から今月にかけて合わせて150頭以上のゾウが死んでいるのが相次いで見つかり、地球温暖化による生態系への影響が懸念されています。

 アフリカ南部のジンバブエの国立公園で、先月から今月にかけて、少なくとも55頭のゾウが死んでいるのが見つかりました。

 国立公園が調査した結果、厳しい干ばつによる食料や水不足で、ゾウが餓死したとしていて、国立公園の担当者は現地メディアの取材に対し「これまでの状況の中でも極めて悪く、生きているゾウも食料不足に苦しんでいる。乾季に入れば状況はますます悪くなるだろう」と話しています。

 また隣接するボツワナの政府はこの2か月で国立公園で生息していたゾウおよそ100頭が死んだことを明らかにしました。

 政府はゾウが長時間にわたって食料を探し続けて餓死したことや、草が枯れて土まで食べてしまい、土の中の細菌に感染した可能性があるとしています。 (以上 NHK)

日本企業に就職した留学生が過去最多の2万6000人!

 人手不足と国際化に伴い日本企業に就職する留学生が増えた。この傾向は今後とも続く見込みだ。日本の若者は就職に際し、うかうかしておれなくなった。彼らとも激しくしのぎを削る羽目となった。

 2018年に日本で就職した外国人留学生は2万5942人と過去最多となった。出入国在留管理庁が23日、発表した。

  最も多いのは中国の1万886人。次いでベトナム5244人、ネパール2934人、韓国1575人、台湾1065人と続く。全体の9割をアジアで占めた。

香港市民や学生が台風19号被災者に100万香港ドルのカンパ!

 多くの日本人は香港の惨状に「知らん顔」をしている。

 だが、香港の人々は台風19号の襲われ大変な目に遭っている被災者に100万香港ドルのカンパをくれた。

 香港の民主派団体の女子大生、周庭さんはツイッターで、日本に甚大な被害をもたらした台風19号の被災者に100万香港ドル(約1382万円)の寄付が集まったと報告した。

 周庭さんのツイッターによると、募金は香港の抗議者がクラウドファンディングを通して行ったという。手数料などを除いた金額を日本赤十字社に送る予定。

 こんな心優しい人たちが今、命をかけて自由のために戦っている。

 民主主義を訴える香港市民の複数がテロにあって殺されたり重傷を負った。

 学生たちはいつ殺されるか分からないので、「遺書」を書いてデモに参加している。

写真はここをクリック
https://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/hong-kong-photos

記者団に向かって「50億ドル損した」とトランプ!

  記者団に向かって「20億から50億ドル(約2200億~5400億円)損した」とトランプ。大統領になって不動産事業を息子に譲った結果、多額の利益を得る機会を手放したという意味だ。

  トランプは「私は君たち(記者団)が思うより、ずっと優れた不動産業者だった」と自慢。大統領就任で利益を得られなくても「気にしない。国家と国民のためにやっているのだから」とやせ我慢。

  また、来年のG7サミットの会場を自身のリゾート施設「トランプ・ナショナル・ドラル」としたことに批判が集中し、変更したことについて、「(実現していれば)素晴らしいサミットになるはずだった」と恨み節を繰り返した。

  下品な男だ。こんなことを言う米国大統領を見たことがない。すべてが損得勘定だ。卑しすぎる。

  そんなにイヤなら大統領になるべきでなかった。辞めたらいい。

 トランプは大統領になれば地位を利用して、好き放題大儲けが出来ると踏んで大統領になった。思い通りコトが運ばないので愚痴を言っているのだ。

「レディーガガ」になった安倍昭恵・総理夫人!?

 あー、あー、悲しきかな、悲しきかな!元が下品な方は何をやっても品格には程遠い。

 総理大臣の妻でありながら、その場にふさわしい服装か否かの判断がつかないのだから情けない。「森永」の娘か何か知らないが、教養、礼儀作法が身についていない。可哀そうなひとだ。

 昭恵は大麻を栽培している男と写真を撮ったり、芸人と飲み歩くのが大好き。首相公邸にオトモダチのタレントやミュージシャンを集めてドンチャン騒ぎをする総理夫人は安倍昭恵を置いてほかに聞いたことがない。

********************************
情報速報ドットコムが白いヒラヒラ洋服に短いスカート 「レディーガガ」「目立ちたいだけ」と以下のように書いた。

 22日の即位礼正殿の儀に参加した安倍昭恵夫人の服装がおかしいと話題になっています。

 この日の参列者は多くが着物姿だった中、安倍昭恵夫人は洋風の白いスーツのような服を着ていました。腕のところは白いヒラヒラが目立っており、スカートは短めで足が見えるようなデザインとなっています。

 その奇抜なデザインから安倍昭恵夫人がメディアの生配信に映り込む度に話題となり、ネット上でも「まるでレディーガガ」「1人だけおかしい」「目立ちたいだけ」などと様々な意見が相次いでいました。
 
詳しくはここをクリック
https://johosokuhou.com/2019/10/22/20048/

宣言文の中で三度も「平和」を繰り返された天皇陛下! 

 天皇陛下が即位を世界に宣言する儀式「即位礼正殿の儀」が22日、皇居・宮殿で行われた。

 この中で陛下は、「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と強調された。

 短い宣言文の中で陛下は三度も「平和」を繰り返された。そして「国民に寄り添いながら、平和憲法を守っていく」との前天皇(現、上皇)陛下のご意思を引き継ぐ考えを示された。

 国民が望んでいないにもかかわらず、改憲に執念を燃やす安倍晋三とは対照的な陛下のお言葉に、多くの国民は安堵し、励まされた。

 この日、午前中は時折激しく雨が降るなどあいにくの天候だったが、なんと、陛下の「即位礼正殿の儀」が行われる直前に雨は上がり、虹がかかった。

************************
即位礼正殿の儀 天皇陛下おことば全文は以下の通り。

 さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。

 ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

 上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、

 ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

 国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。