これは独裁との戦いだ!香港警察がまた発砲、14歳の少年負傷!

 10月1日の中国共産党の建国記念日を乗り切った習近平はますます強権を強めている。

 これを受け香港警察は連日、実弾を発射。「香港の共産化」に反対して抗議行動をしていた少年がまた撃たれた。

 日本の与党も野党もなぜ、モノを言わないのか?

 それほど共産中国が怖いのか?

 香港市民たちは命懸けで民主主義を死守している。これは独裁との戦いだ。

*********************************

 NHKによると、香港では4日、抗議活動に参加する人がマスクなどで顔を隠すことを政府が禁止したことに反発して、夜遅くまで大勢の市民が抗議活動を行い、中国本土に近い住宅街では警察官が実弾を発砲して14歳の少年が脚にけがをしました。5日も午後からデモ行進が呼びかけられるなど反発が強まっています。

 香港の林鄭月娥行政長官は4日、議会の承認なしにさまざまな規則を設けることができる「緊急状況規則条例」を発動し、抗議活動に参加する際にマスクなどで顔を隠すことを禁止すると発表しました。

 これに反発した市民が夜遅くまで各地で抗議活動を行い、中国本土に近い元朗地区では、日本時間の4日午後10時ごろ、14歳の少年が警察官に拳銃で撃たれました。

 このほか地下鉄は、若者たちがガラスを割ったり駅の出入り口付近に火をつけたりしたため、全線で運行を取りやめたほか、中国系の銀行や中国寄りと見なされた企業の店舗などでも壁や店内が壊されました。

 若者たちの多くはマスクやゴーグルで顔を隠していましたが、新しい規則が発効した午前零時ごろには、現場からいなくなりました。

 SNS上では5日も午後からマスクをつけてデモ行進をしようという呼びかけが行われるなど反発が続いていて、週末を迎え、混乱がさらに拡大する可能性もあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント