習近平の要求を拒否したネパールの勇気に惜しみない拍手を!

 小国ながら習近平の要求をはねのけたネパール政府の勇気に惜しみない拍手を送りたい。

 日本人は知らないだろうが中国と国境を接するネパールは共産中国に既に国土の20%以上を侵食され、奪われている。

 飽くなき野望を隠さない共産中国は相手が弱いとみると、どこまでも追い込んでくる。

 日本とネパールは伝統的に深いつながりがある。ネパールを支えなくてはならない。

************************
大紀元が伝えた。

 10月中旬、中国習近平主席が南アジア諸国を訪問した。チベット亡命者を多数受け入れるネパールでは、習氏の滞在期間中に、両国の容疑者引き渡し条約を締結する予定だとみられていたが、ネパール政府は合意を見送った。

 ヒマラヤ山脈南の麓の国ネパールは、中国チベット自治区と長い国境線を有している。ネパールには、中国当局の弾圧から逃れてきた2万人のチベット人が住んでおり、ダライ・ラマ14世に会うために毎年数千人が往来する。

 中国政府はダライ・ラマ14世および同氏を精神指導者とするチベット亡命者を「分断主義」と糾弾して、亡命者に協力する関係国に圧力を加えている。

詳しくはここをクリック
https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48312.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント