山本太郎、瓢箪ナマズなど相手にせず態勢作りを急げ!

 次期衆院選を見据えて「れいわ新選組」の山本太郎が全国行脚を続けている。

 消費税廃止を基本としながら太郎は野党共闘のためにあえて消費税のハードルを5%にまで下げ、既成野党の出方を待った。が、同調したのは日本共産党だけで残りはあいまいな態度を続けている。

 こうした不ぞろいの野党を横目に、安倍自民党からは年内解散説まで飛び出す始末だ。いつもながら立憲民主党の動きは鈍い。本気で安倍政権を倒す気があるのか疑問だ。

 こんな瓢箪ナマズなど相手にせずに選挙態勢を整えた方がいいのではないか。選挙協力は可能なところとやるべきで、野党共闘の枠組みに無理をしてまでこだわる必要はない。 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント