19号台風の被害「まずまずで収まった」と自民幹事長!

 千曲川など各地で河川が氾濫し、宅地と川の区別がつかないほど濁流に覆われ、多数が命を失った台風19号の被害状況について、自民党幹事長の二階俊博俊が信じがたい発言をした。

 13日、台風19号の被害を受けて開いた自民党の緊急役員会で、「予測されて色々言われていたことから比べると、まずまずで収まったという感じだ」と語った、と朝日が報じた。

 台風被害は時間が経つにしたがって広がっている。濁流に押し流された家屋、裏山のがけが崩れ命を失った家族。13日になってもまだ、千葉の6万軒をはじめ茨城、宮城、福島、神奈川、東京など合わせて20万軒以上で停電が続いている。

 不明者も17人にのぼり、体育館などへの避難者は集計できないほど現場はいまだに混乱している。

 こんな状況を「まずまずで収まった」と言えるのか?

 安倍政権は政府も与党もみんな狂っている。 弱肉強食の野獣集団だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント