知事選で自民、埼玉に続き岩手でも敗北!負の連鎖に危機感!

 NHK、読売とともに、自民党の強力な支援組織となった産経新聞が「自民、岩手知事選警戒 次期衆院選へ負の連鎖も」と岩手県知事選挙の投開票日を前にして次のような記事を載せた。

 自民党が大型選挙での連敗を警戒している。先の埼玉県知事選で推薦した新人候補は野党統一候補に6万票近くの大差をつけられ、与野党一騎打ちの岩手県知事選(9月8日投開票)も4選を目指す現職を相手に劣勢を挽回できずにいる。

 選挙で共闘を続ける主要野党を勢いづかせれば、秋の臨時国会や参院埼玉選挙区補欠選挙(10月27日投開票)で苦境に陥り、次期衆院選への「負の連鎖」となりかねない。  (以上 産経)

************************************

 産経の「悪い予感」が的中した。

 任期満了に伴う岩手県知事選は8日、投票が行われ、即日開票の結果、4野党推薦の現職達増拓也氏(55)が自公推薦で元県議の新人及川敦氏(52)=ともに無所属=を破り、4選を確実にした。 地元紙の岩手日報が速報した。

 岩手は自民党の天敵、小沢一郎の牙城である。ちょっとやそっとでは突き崩せない。そこに来月からスタートする消費税の増税が加わった。野党にとってはまたとない追い風が吹いた。

 自民党が推した候補は大差で惨敗するのではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント