沖縄県民との対話に応じない安倍政権は異常だと大作家!

 日本推理作家協会に加盟する西村京太郎さんら作家13人が、「辺野古基地工事中断と沖縄県との誠意ある対話を要求する提言書」を日本政府に提出したと明らかにした。

 今年2月に実施した沖縄県民投票で投票者の72%が反対していることについて「投票の結果を無視し、工事を中断することなく、また対話にも応じない現政権の対応は異常」と指摘した。 (以上琉球新報)

*************************

「現政権の対応は異常」と作家の西村京太郎。この感覚こそが「正常」な考えだ。米軍の海兵隊はグアム移転が可能と発言している。だったら、なぜ辺野古での基地建設を強行するのか?

 本当の狙いはゼネコンなどのカネ儲けではないのか?

 そこに様々な利権が絡み政治屋がくっついている。沖縄を食い物にしているのは利権屋だ。


 8月30日の共同通信によると、次のような記事が出ている。

 海兵隊グアム移転、24年可能に 米軍、沖縄知事に説明

 詳しくはここをクリック
https://www.at-s.com/news/article/international/675352.html?news=675472

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント