共産党独裁は「民主主義の敵」と香港とモスクワで激しい抗議!

 反対派を弾圧し、民主主義を抑え込む共産党政権に対してモスクワでも「命懸けで戦う香港に続け」とプーチン独裁政権に対する抗議集会が開かれた。

 共産主義は権力者とその周辺が富を独占。このため、社会の隅々までワイロが横行。 大衆の怒りは極限に達している。

 プーチンも習近平も政権に居座り続けている。それを手本にしているのが安倍晋三だ。

************************

 【モスクワ共同】ロシアの首都モスクワの中心部で31日、「政治的抑圧」に反対するデモ行進が行われた。

 参加者は、モスクワ市議選での不正疑惑への抗議行動で拘束された活動家や支持者の釈放を要求した。独立系メディアの推計では数千人が参加したもようだ。

 プーチン政権への批判などを叫びながら、整然と中心部の並木道を行進した。

 モスクワでは7月中旬から毎週末に抗議行動が続いている。治安部隊が抗議行動の参加者に違法な暴力を行使したとの批判が強まっている。

モスクワでの抗議集会写真はここをクリック
https://this.kiji.is/540524538816087137?c=39546741839462401

法廷の場にさらされた「安倍晋三記念小學院」の舞台裏!

 私たちの財産である国有地をタダ同然で払い下げた森友事件で、28日に行われた籠池前理事長の被告人質問について日刊ゲンダイが報じた。

 これらはすでに周知の事実だが、断片的な報道ではなく、「公の法廷」での証言だけに発言の重みは比較にならないほど大きい。

****************************

秋田弁護士
「<安倍晋三記念小學院>という名称にしようとしたのは、どういう経緯ですか?」

籠池さん
「昭恵夫人に、こういう名前にさせていただきたいので、ご本人に聞いてほしいとお願いしました。昭恵夫人からは『私が言ったら大丈夫ですから。主人に伝えておきます』ということでした。ところが、平成26年3月に都内のホテルで昭恵夫人にお会いしたら『その名前はダメになりました』と」

秋田弁護士
「名称については安倍さんに直接、連絡していないわけですね?」

籠池さん
「講演は直接お願いしました。(自民党)総裁選に出ることになって『ドタキャンだけど申し訳ない。(いずれ講演に)必ず行かせてもらうので』という電話が、私の携帯に直接ありました」

 昭恵さんの名誉校長就任については……。

籠池さん
「3回目の講演に来た時、名誉校長就任をお願いしましたら快諾されました。そして、100万円を『安倍晋三からです』ということでいただきました」

 これらの話はすでに、いろんなところで出ている。しかし法廷で改めて述べた意味は大きい。

この事件は、安倍夫妻の森友事件への関与を隠すための国策捜査なのだという弁護側の訴えであろう。

 次回9月2日は籠池前理事長に続き諄子さんの被告人質問も行われる。  (以上日刊ゲンダイ)

予告通り非協力者16人を削除した!再三のお願いを拒否!

 再三、再四、頼んだにもかかわらず、何の反応もない以下の16人を、30日に予告した通り、削除した。

 中国共産党シンパ以外は 「協力してくれる」と信じていると警告したら、16人中8人が自分から脱退した。日ごろの「いいね!」の打ち方から推測すると、習近平中国の熱烈な信者のようだ。
 
 8人は私が安倍やトランプを批判すると大喜び。しかし、共産中国の香港弾圧や覇権を批判すると、途端に「いいね!」がピタッと途絶える。

 インターネットは世界がつながっている。だから誰でも簡単に、日本名をかたった“なりすまし”が可能だ。共産中国はこれが得意というから恐ろしい。

 フェイスブックにはこの手のいい加減なのが多い。

 面白がって「いいね!」はするが、いざとなるとなにも協力しない。

 山本太郎の参院選の時もそうだった。こういう類の者たちは、何一つ協力しなかった。

 連中にとっては、民主主義も、「れいわ新選組」も、自分には関係ない。だから、口酒だけで「いいね」をするが応援などしない。

 ヒマを持て余しているので、ネットで「いいね!」をクリックして遊んでいるに過ぎない。

 彼らの多くはおそらく投票など行かないのではないか。こんなのばかりだから安倍政権が安泰なのである。

 しかし、嘆いても仕方がない。これが今の日本の実情だ。

 信じられないだろうがネットには共産中国のシンパあるいは日本名をかたった「なりすまし」が非常に多い。100万人単位でいるのではないか?

 彼らは日本国内が混乱することを望んでいる。あらゆる機会をとらえて騒ぎを拡大しようとする。

 私は安倍内閣を批判するが、共産中国のシンパではない。どの国であっても民主主義を破壊する独裁には反対だ。

 共産主義者たちは、安倍を攻撃する私を「同志」と錯覚して近づいてきたようだ。

 共産中国やプーチンのロシアは、日本会議と同じくらいに大嫌いだ。

 

 30日の話の戻そう。
***********************

30日午後8時現在、いまだ反応なし!
https://85280384.at.webry.info/201908/article_248.html
で、

河合秀昭さん1人だけが「拡散」に協力してくれた。
 
 中国によって香港を血の海、第2の天安門にしてはならないと「拡散」を繰り返し要請したにもかかわらず、無視したのが以下の16人だ。

森 啓充、久留美伽夜、佐野 晴起、椎葉 良江、大澤正和、蜂谷 誠、川上 昭一郎、
立花 冨浩、岡田 昌浩、當間和子、荒井 滋、西原実、安田 茂、官澤 仁、檀 雄二、
原口 敦也。

再度、「拡散」を呼び掛ける。
 30日午後11時までまって、それでも拒んだ場合は、フェイスブックの「友達」を削除する。

 中国共産党シンパ以外は 「協力してくれる」と信じている。

 武力をちらつかせた暴力で、民主主義を破壊するなどあってはならない。

 独裁国家のシンパは私の「友達」ではない。

習近平のいとこの不正追及した記者を追放!

 習近平は「社会に巣くうドブネズミを追放」と白馬の騎士を装って政敵を次々に葬ったが、自分の周りは御覧の通りだ。

 あの国で「巨額の賭博や資金洗浄」と言うからには100億や200億円のカネではない。桁が一桁上ではないか。

 日本では想像もつかないことが公然と行われるのが独裁国家、中国だ。

 自分たちに不都合なことは人民が知る前に、力づくで抑え込む。

********************************

 中国政府は30日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の王春翰記者(シンガポール国籍)の記者証更新を拒否した。事実上の国外退去処分である。

 CNNによると、王春翰記者が習近平のいとこのスキャンダル記事の共同執筆者だったことが理由とみている。

 記事は、習近平のいとこによる巨額の賭博やオーストラリアでのマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑を取り上げた。

 中国外務省は、外国人記者による中国への悪意ある中傷や攻撃には断固として反対すると強調した。

 WSJは、中国の外務省当局者が事前に接触を試みて、「掲載を中止するよう強く要求。記事にした場合は何らかの結果を招く」と警告してきたことを明らかした。

 中国の外国人特派員協会は、「記者証更新の拒否と言う形で報道の自由に圧力をかけるのは許されない」と中国側を激しく非難した。

東京五輪 最高額は635万円の特別チケット!

 もともと東京での五輪開催に反対の私はそれほど関心がない。

 安倍晋三は「復興五輪」などと言うが、どこが復興なのか?

 開発しつくされた東京が、これ以上”復興”してどうしようというのか。

 一極集中をますます加速させ、地方との格差を広げるだけだ。まこと、復興と言うなら東北でやるべきだ。

 サンデー毎日が、高過ぎるチケットに苦言を呈した。最高額は635万円の特別チケット。一体だれが買うのか?

*****************************************

 あと1年弱になった東京五輪。気のせいか、盛り上がらない。なぜだろう?「チケットが高すぎるから」という意見を聞いた。

 33競技339種目。約780万枚の観戦チケットが販売される予定だが、その半数は8000円以下。「手ごろな価格」と思いがちだが、人気種目はべら棒に高い。

「開会式」の一番良い場所は30万円、そして第2位は「閉会式」の22万円。競技では陸上男子100メートル決勝のある日の「陸上」で、一番いい場所は何と13万円。

 ホッケーの予選(A席4000円)や、近代五種決勝(A席4000円)などA席でも比較的安いところもあるが、人気がある「競泳」と「バスケットボール(5人制)」では、一番いい場所が10万8000円。

「体操」は7万2000円、「野球」と「サッカー」は6万7500円。普段、不人気な「柔道」?でも5万4000円。金メダルが期待される種目は軒並み高額だ。庶民というか、ともかく「普通の日本人」は"特等席"には手が出ない。

 びっくりしたのは、お一人635万円の特別チケットである。パッケージで開会式、閉会式のほか、陸上男子100メートル決勝など、複数の種目が「一番良い場所」で観戦できる。お金持ち専用チケットである。

 要するに、チケット代で339種目に格差をつけた。お客にも「格差」をつけた。

 知人は「テレビで見ればいいけど、これじゃあ、お金持ちだけの五輪だよな」と嘆く。 スポーツ好きの子供たちが「我が家の格差」を実感するなんて、ちょっぴり情けない気分である。(以上 サンデー毎日)

これほど醜い日本人が、私たちの周りに住んでいる

これは例外ではないと思う。

あなたの周りにも、こんな犬畜生にも劣る日本人がいるのではないか。

表面化していないだけで、日本各地で同様の残酷なことをやっているのではないか? 完全な差別である。

技能実習生とは名ばかりで、ベトナム人を奴隷のようにこき使う。残業180時間を超え、1日中怒鳴り散らされながら働いている。

給料もまともには払ってもらえない。

それでも、ベトナム人たちは来日の際に支払った75万円の借金を返済するためと自分に言い聞かせ、耐え忍んでいるという。

カイコ棚の二段ベッドの寮の家賃は月3万円。窓もなく昼でも電気を付けないと真っ暗だ。

「私たちの生活は刑務所の中みたいです」

この事実を、県や市が知らないとは言わせない。政府も知らなかったでは通らない。

なぜ、適切な手を打たないのか?取り締まらないのか?

これほど醜い日本人が、私たちの周りに住んでいる。

何があったか?詳しくはここをクリック
https://breaking-news.jp/2019/06/25/049386