失礼だ!高野連は韓国をそんな目で見ているのか?

 今月30日に韓国で開幕する野球の18歳以下のワールドカップに出場する日本代表が、日韓関係の悪化を受けて、日の丸などが入っていない無地のシャツを着て出入国する、異例の対応をとることになりました。

 高野連=日本高校野球連盟は「韓国の国民感情に配慮した」としています。  (以上 NHK)

************************************

 私は、安倍同様に支持率欲しさのために、ことさら「反日」を強調する文在寅と、韓国の一般の人々を一緒くたに見てはいない。

 高野連の対応はオカシイ。返って誤解を生む。

 韓国もほかの国も、参加チームはそれぞれの国旗を付けたユニフォームで試合に臨む。日本の前回までそうしていた。

 なぜ、今回だけ姿を変えるのか? 国旗を外すのか? 韓国でトラブルに巻き込まれるのが面倒だから?

 もしそう考えるなら、韓国に対して失礼だ。

 私の弟の話によると、韓国人はどこに行っても日本人に親切だという。10回近く韓国を訪れている韓国大好き人間だ。

 この間、「一度も不快な気持になったことがない」と弟が言った。

 互いに突っ張りあっているのはバカモノ同士の安倍晋三と文在寅だ。

 日韓の若者には関係ない。

 東京・新大久保のコリアンタウンは日本の中学生や高校生で連日大変な賑わい。道路は通行できないほどの混みようだ。

 彼らは政治とは無関係。韓国の留学生たちと仲良く会話したり、スマホで写真を撮って楽しんでいる。当然だ。

 若者を「汚れた政治屋」の争いに巻き込むな。

 私は高野連の独断に反対だ。
 

神出鬼没!山本太郎はマレーシアで勉強中だった!

 れいわ新選組代表の山本太郎が、消費税を廃止したマレーシアを調査視察に行った。財務省や経済省などを訪問中とのこと。

現場写真など詳しくはここをクリック
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=121897909161578&id=100276834657019

Yukihiko Don Kubota さんが、

 「素晴らしいfootworkですね。その昔、マレーシアは、LOOK EAST政策 日本に学べと、言う政策を実施しました。今の日本は、頭から、おかしく変質していて、世界に誇る日本など、言えません。率直に、他国に、良き点、学ぶ姿勢は、必ずや、大きな春を、日本に、運んでくれると、思います」とのコメントを寄せた。  (以上 れいわ新選組と対話する志民より転載)

*************************************

 最近太郎の姿を見ないと思っていたら消費税ゼロについて、先進国に実態調査に行っていたのだ。

 彼は実践する。何事も自分で足を運んで当事者から直接話を聞く。

 言うは易いが、実行は簡単ではない。

 だが、山本太郎はそれをやっている。そこが、ひな壇に腰かけて昼寝をしている政治屋と違うところだ。

 実践する政治家「山本太郎」!

 行動するわれらの代表「山本太郎」!

 こういう男は現在の永田町では希少価値である。私たち市民の手で大きく育てなくてはならない。

 山本太郎は本物の政治家だ。みんなで太郎を応援しよう。

 「れいわ新選組」とスクラムを組んで、みんなで明るい時代を構築しよう!

「れいわ新選組」2国会議員と地方議員が連携!

 れいわ新選組の重度障害がある木村英子、舩後靖彦両参院議員は26日、それぞれ個別に国会内で、障害がある地方議員でつくる団体の代表らと会談し、障害関連施策の改善に向けて連携する方針で一致した。

 会談したのは「障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク」代表で、さいたま市議の伝田ひろみ氏ら。出席者によると、伝田氏らが連携を申し入れ両氏が賛同したという。まずはメールなどを通じて情報共有を強化するという。

 伝田氏は、議員活動中は介助費用が公費負担の対象外になる問題などを「一緒に解決したい」と指摘。木村氏は「そうですね」と応じ、舩後氏も同意したという。  (以上 共同通信)

***************************************

 障害者の皆さんにとって、自分たちの仲間が一気に2人も国会議員になったことは勇気百倍。

 これまで考えてもみなかった”奇跡”ではないだろうか。

 そうした意味からも、山本太郎の決断は立派だった。これまでどの野党も成し遂げなかった快挙である。

 政治家としての「器の大きさ」を目の当たりにした、大英断である。

 地方議員との連携は大変結構なことである。こうした輪をどんどん広げていこう。

文在寅の反日が奏功し安倍内閣の支持率58%に急上昇!

 読売が23〜25日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は58%となり、先月調査の53%から5ポイントも一気に急上昇した。

 反対に、不支持率は36%から30%に急落した。

 内閣支持率の上昇の背景には、文在寅が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を一方的に破棄したことが大きく影響している。

 「破棄」が理解できない83%

  日韓は安全保障面で協力する必要がある72%

 皮肉なことだが安倍政権「最大の支援者は文在寅」ということになる。

 安倍の外交は北方領土返還にしても、対米交渉にしても何一つまともな交渉はない。すべて相手側に押し切られている。

 そんな男が、長期に政権の座に居座っているのは、一向にやまない尖閣などへの「中国の挑発行為と覇権主義」、そして「文在寅の反日」に原因がある。習近平中国や文在寅に対する日本国民の「反発」「反感」が安倍に追い風を吹かせた。

 安倍政治を是とする者はせいぜい国民の2ー3割ではないか。

 中国や韓国が友好善隣路線に戻れば安倍内閣はたちどころに崩壊する。

 何も、「好きで支持しているわけではない」と私は思う。

 

年金30年後は「2割減るぞ」と脅す安倍政権!

 厚生労働省は27日、公的年金の長期見通しを試算する財政検証結果を公表した。経済成長と就業が進む標準的なケースで約30年後にモデル世帯の年金の実質的な価値は2割近く目減りする。

 基礎年金(国民年金)部分に限ると約3割低下。現役世代の平均手取り収入に対する年金受給額の割合「所得代替率」は現在の61・7%から50・8%で下げ止まる。

 政府は「代替率50%維持」を掲げており、経済成長が見込めれば制度は持続可能と示した形だ。

 厚労省は社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に報告した。制度の安定化などを本格的に議論し、年内に関連法改正案をまとめる。

***********************************

 5年に一度見直しているが、今回の30年後予測は、いやな予感がする。「将来が大変だから現在のシステムの見直しが不可避」などと言う「布石」ではないか?

 年金では、厚労省の下部組織であった社会保険庁が7億円近い大穴をあけた。

 そして現在は、私たちに断りもなく安倍晋三がおのれの人気取り、つまり、内閣支持率を維持するために巨額の金資金をばくち場(株式市場)に投げ込んだ。

 将来に備えて私たちが長年払い込んだ年金を、大量に株に投資する国は米国をはじめ世界のどこにもない。

 あまりにもリスク(危険)が高過ぎるからだ。

 そんな世界の常識を無視して安倍は無茶をした。確かに一時期は上がったが、現在は下がり続けている。

 アベノミクスが破綻し、そこに米中貿易戦争が輪をかけた。株価は急落に続く急落だ。

 万が一に、多額の損失が出た際、誰が保証するのか?

 こんな危険なバクチに手を染めたのは安倍晋三の大バカ者だ。

 どう、尻拭いをするのか?

 残金が少ないと言って、年金を減額することは許さない。

 山本太郎を1日も早く国会に戻して、私たちの政権を作ろう!「れいわ新選組」を先頭に国会を正常化しよう!

アマゾンの森林火災にディカプリオが5億円寄付!

 【ロサンゼルス共同】米人気俳優レオナルド・ディカプリオさん(44)らが先月立ち上げた環境保護団体「アース・アライアンス」は26日までに、南米ブラジル・アマゾン地域の熱帯雨林で起きている火災を巡り、緊急支援として約500万ドル(約5億2800万円)を寄付すると発表した。

 ディカプリオさんは地球温暖化などの環境保護問題に取り組んでいることでも知られ、今回の火災についても写真共有アプリ「インスタグラム」で連日、被害の深刻さを訴えている。

***************************************

 このあたりが米国の好きなところだ。トランプのような異常者もいるが、まだまだまともな人たちがたくさんいる。

 今回の森林大火災によって地球温暖化への影響は避けられないという。

 そうなれば、日本にやって来る台風は一段と、超大型化し、竜巻も頻発するそうだ。

 日本の社会はこういうことに無関心だ。とても先進国とは言えない。民度は依然、発展途上国である。

 大金持ちのたけしやタモリ、さんまら芸人は、ディカプリオの爪の垢でも煎じて飲むがいい。

韓国の大統領はなぜ同じ過ちを繰り返すのか?

 「超格差社会・韓国では入試の不正は怒りの種」とJB Pressが言った。灯台下暗しの文在寅政権は、あれだけ非難した前政権のあとに続こうというのか? 韓国の大統領はなぜ、こうもみな、同じ過ちを繰り返すのか?

 経済が不振を重ねる中で文在寅にとっては半端な衝撃ではなかろう。トカゲのしっぽ切りで済みそうにはない。

*********************************
JB Pressのレポートだ。

 記憶に新しい朴槿恵(パク・グネ)前大統領の弾劾事件は、チョン・ユラの入試不正事件がひとつの端緒となった。

 朴前大統領の友人の崔順実(チェ・スンシル)の娘チョン・ユラが、梨花女子大学入学の過程で不正な特権を受けたという疑惑によって、弾劾の引き金となった「ろうそくデモ」が全国民に広がった。

 朴大統領の弾劾後、チョン・ユラは外国で逮捕されて韓国に引き渡され、裁判を受けた。実刑判決こそ受けなかったが、大学入学と高校卒業の資格は取り消された。

 ちなみに梨花女子大学の関係者5人は実刑を言い渡されている。

 チョン・ユラ事件について辛辣な批判を展開して注目を集めた文在寅の最側近のチョ・グクだったが、自分の娘の不正入学疑惑には、「国民情緒と多少の乖離があるのは認めるが、法的には問題がない」と開き直っている。

 しかし、他のことならともかく、入試問題にだけは「不正」や「疑惑」が許せない韓国国民の怒りはとどまることを知らない。

 超格差社会の韓国社会では教育だけが、「身分上昇」の唯一の手段だからだ。

 特に「公正」を最も重要な価値として重んじている若者たちの失望や怒りは生半可なものではない。

 ソウル大学や高麗大学では、「チョ・グク OUT」を叫ぶろうそくデモが行われた。

 論文疑惑に関わった檀国大学でも、該当教授の辞職を求める集会が行われるなど、若者たちの怒りが大学街へと急速に広まっている。

 ろうそくデモをきっかけに誕生した「ろうそく政権」が、今度は自らが「ろうそく」の審判にさらされる羽目になった。 (以上 JB Press)

最側近の「疑惑発覚」で窮地に陥った文在寅!

 一の子分チョ・グクを次の法相に起用しようとした文在寅。ところが、チョ・グクに次から次へと疑惑が発覚し、韓国は今大騒ぎだ。

 「韓国国民の怒りの矛先、日本よりもチョ・グク疑惑へ」と題してJB Pressがこう伝えた。

************************

 韓国社会では、あれほど沸き上がっていた「不買運動」や「日本経済報復」についての関心が次第に薄れていっているような気がする。

 「リトル文在寅」と呼ばれる元大統領府の民情秘書室長で、現在は法務部長官内定者であるチョ・グクをめぐる不正疑惑が次々と浮上し、韓国国民の怒りの矛先が日本ではなく文在寅政権に向かっているからだ。

 医学専門大学に入学したAさんは、これまで2度も落第するなど、学業成績は最下位圏にある。

 しかし、不思議にも6回も奨学金を授与されている。Aさんに個人的に奨学金を授与していた指導教授は、韓国メディアとのインタビューで、「落第後に勉強を放棄しようとしていたので、彼女を励ますために(奨学金を)与えた」と述べた。

 そして、偶然にもこの指導教授は、2019年、釜山市が運営する釜山医療院の院長として赴任することになった。

 22日の「韓国経済新聞」は、「釜山大学医学専門大学院がチョ・グクの娘・Aさんが落第の危機に直面した際、落第対象になっていた生徒全員を集団救済したことがある、との内部告発があった」と報じた。

 この内部告発者は、「当時はチョ・グクが民情首席として強大な権力を握った後だったので、教授の間ではそういった措置は“チョ・グクの娘を救うため”という言葉が出ていた」と述べたという。  (以上 JB Press)

私に対する「ヤジの権利は保証されず」と文科相の柴山昌彦!

 埼玉県知事選の応援演説をしていた柴山昌彦文部科学相に対し、大学入学共通テストに反対するやじを飛ばした男性が県警に取り押さえられる事案があり、柴山氏は27日の閣議後会見で「大声で怒鳴る声が響いてきた。選挙活動の円滑、自由は非常に重要。そういうことは権利として保障されていない」と述べた。

 7月の参院選中、札幌市での安倍晋三首相の街頭演説にやじを飛ばすなどした聴衆が北海道警に排除された。表現の自由を巡り、柴山氏の発言は議論を呼びそうだ。

 柴山氏によると、やじは24日夜、JR大宮駅近くで、街宣車から演説を始めた際、男性から「柴山やめろ」などの声が上がった。 (以上 共同通信)

*******************************************

 参院選挙のさなかに山本太郎を激しくやじった男には見て見ぬふりをしながら、なぜ、政権側に対しては対応が違うのか?

 山本太郎は安倍政権にとっては「警戒」すべき政治家だ。

 彼の街頭演説の場には必ずサツの警備公安担当者がやって来て、近くで聞き耳を立てているハズだ。

 彼らは身元がバレるのを警戒して自分では行動できないが、現場から警視庁に連絡できる。なぜ、やらないのか?

 警察は特定勢力の飼い犬ではないはずだ。

 なぜなら、彼らの給料は私たち国民の税金だ。

 自民党が出しているわけではない。安倍晋三のポケットから出ているわけでもない。

 片方だけに”サービス”するのはソンタクだ。

 そんなことより、ヤジをいちいち取り締まる方がどうかしている。山本太郎のように軽く受け流せばいい。柴山なる男にはそんな度量はないだろうが、お粗末な人物だ。タマが小さ過ぎる。自民党はどうしてこんな小粒ばかりなんだろう。

 会見で御託を並べるヒマがあったら、愚か者のヘイトスピーチを本腰を入れて取り締まれ。

不正疑惑で文在寅の今後の政権運営に黒い影!

 NHKなどの報道によると、韓国大統領府は今月9日、文在寅が新たな法相として、最近まで首席補佐官を務めていた側近で対日強硬派のチョ・グクを起用すると発表した。

ところが、このチョをめぐって、

家族ぐるみの「不透明な投資ファンド運営」や

「資産隠し」に加え、

娘を名門大学に「不正入学」させたなどとされる疑惑が相次いで持ち上がった。

 とりわけ、学歴社会の韓国では不正入学に対する国民の視線が極めて厳しく、チョ・グクへの批判が高まっている。

 この影響で、文在寅の支持率は不支持が就任以来初めて50%を超え、支持するを上回った。

 韓国では、文在寅が日本との軍事情報包括保護協定=「GSOMIA」の破棄を決めたのも、チョの疑惑から国民の目をそらす狙いがあると反発が強まっている。

 日韓関係が悪化する中、今後の政権運営に影響が出る恐れがある。

文在寅の最側近不正疑惑で学生が真相解明求め集会!



韓国の法相候補に指名されたチョ国(チョ・グク)前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官の娘の不正入学疑惑に伴い名門大・高麗大で23日、学生たちが真相解明を求め集会を開いた。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 集会には在学生や卒業生など約500人が参加。2010年に入学したチョ・グクの娘が提出した書類など、入学審査に関連した資料の公開などを大学側に要求した。

 また「疑惑が事実であることが明らかになった場合は、チョ・グクの娘の入学取り消しを要求する」と主張した。 

 大学側は「規定により5年を過ぎた資料は全て廃棄した」とする一方で、入学に関連して提出された資料に重大な問題が発見された場合は、入学が取り消される可能性があると説明した。

 文在寅は2017年の大統領選で公約に掲げた検察改革を加速化させるために、法相に野党が強く反対していた最側近のチョ・グクを指名。しかし、チョを巡っては娘の入学を含む「複数の疑惑」が浮上している。  (以上 韓国の聯合通信)

韓国大統領、文在寅の最側近に不正疑惑発覚!

 【ソウル共同】韓国の文在寅政権が9日に法相候補として発表した文在寅の側近、チョ・グクの娘に大学への不正入学や奨学金不正受給の疑いがあるとして、ソウル中央地検は27日、娘の母校の高麗大など関係先の強制捜査に乗り出した。聯合ニュースなどが伝えた。

 野党や保守メディアが連日批判、文在寅の不支持率が高まっており、国政運営にも影響が出かねない状況だ。

 韓国では、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定はこの疑惑から関心をそらす狙いがあったのではとの見方が出ている。 (以上 共同通信)

***********************************

 学歴社会の韓国では不正入学については世論の目が非常に厳しい。

 その上、報道の通り、「GSOMIAの破棄決定はこの疑惑から韓国民の関心をそらす狙い」があったなら、ただでは済まない。

 対応を誤れば文在寅は朴槿恵の二の舞となる。

なんとか言え、応えろ安倍晋三!

 フランスで開催のG7サミットで安倍晋三はエイズや結核などの流行を終息させるために8億4000万ドルを拠出すると表明した。

 この男は海外へ行くと必ず「エエカッコ」をしたがる。ましてや舞台がG7サミットとなると胸がざわつくのだろう。

 いつものクセが出て大盤振る舞いをした。

 その前に、どうして日本の貧困を手当てしないのか?将来を背負う子供たちの7人に1人が貧困家庭で、「夏休み」になると栄養失調になるという。

 なぜだか分かるか?「学校給食」が食べられないからだ。この子供たちにとって「学校給食」は貴重な栄養補給の場だ。

 こんな情けない話が日本の現状だ。母子家庭の平均年収は150万円前後だというではないか。これで子供に三度の食事を満足に食べさせることが出来るだろうか?

 東京新聞によると、2200万人が年収200万円以下だそうだ。

 安倍晋三、キミは税金を使って豪華な専用機で「外遊」して、行く先々で派手に振舞ってご満悦だが、それが総理大臣のすることなのか?

 「国家、国民の生活と安全を守る」と言ったのはウソだったのか? 

 なんとか言え、応えろ安倍晋三!