格差を縮めるのが政治ではないのか! 山本太郎!



 「れいわ新選組」誕生以来、ネットで応援し続けてくれる長周新聞が8月1日夜の東京・新宿駅前での「山本太郎の街頭記者会見」の文字起こしをしてくれたので、以下に転載させていただく。
その3
******************************

 私が公約したのは、消費税をやめるということだ。10%に上げたら、1年間で1カ月分の給料が吹っ飛ぶのと同じだ。逆に消費税をやめれば、1カ月分の給料をみなさんに返すことになる。

 そうなると、みんな必要としていたけど買えなかったものを買う。消費が活発になる。モノが売れる。そうすれば内部留保を貯め続けていた企業も投資をしようかという話になる。消費と投資が盛り上がらなければ国の景気がよくなる訳がない。当然の話なのに、なぜそれをやらないのか。

 この国がみなさんにやっている行為はDV、暴力行為だ。残念ながら、みなさんがこの国を愛しているほど、この国はみなさんのことをを愛してはいないという残念な状況だ。これを変えるしかない。この国に足りない愛。これを取り戻すという作業だ。

 例えば消費税を8%からゼロにして一番元気になるのは誰か? 消費税で首が絞まっている中小零細企業。みんないつ首くくってもおかしくない状況のなかで10%に上げるなど、イカれているとしか言葉が見つからない。

 大企業から中小零細までのすべての従業員数は4800万人。うち70%が中小零細だ。この首を締めるというのは、この国で働く多くの人たちの首を締めるということだ。それに気付いているにもかかわらず、持っているところから取りたくないから、その穴埋めとしてみなさんから搾り取る。

 もうこんな政治をやめようという話だ。 これができるのは誰か? みなさんだ。

「いやぁ、自民党は安定している」? 安定しているのは自民党だけだ。そこにヒモ付いている大企業だけだ。

 ヒモ付いている中小企業さえも踏みつけられている。もう意味が分からない状態だ。これを大胆に変えられるのが選挙であり、政治であるはずだ。

 11年間におよぶ日本の家計消費の推移を見てほしい。消費税を3%増税したときの個人消費の下落幅は8兆円だ。一方、リーマンショックの時は6・3兆円だった。100年に一度の大恐慌と並び称されたリーマン・ショックを大きく超える消費が失われている。

8兆円分の所得が失われた。大失敗以外の何物でもない。いま確かに景気がいい人もいるが、本当に一握りだ。どんどん格差は開いていく。資本主義社会だから当然という人もいる。確かに弱肉強食の社会だ。だが、この格差を縮める役割を果たすのが政治ではないのか。

壁を高くして新参者を拒む選挙制度を山本太郎が批判!



「れいわ新選組」誕生以来、ネットで応援し続けてくれる長周新聞が8月1日夜の東京・新宿駅前での「山本太郎の街頭記者会見」の文字起こしをしてくれたので、以下に転載させていただく。
その2
******************************
 
【ここからは参加者からの質問を受ける形で街頭記者会見は進んだ。メディアに対しても会見後の囲み取材は受け付けないことを告げ、一般参加者と区別なく質問を受け付けた。今後、全国での街頭演説もこの形で進めていくことを告知した】

質問 国会議員から市議会議員までの報酬を、国民の平均所得まで落とすことはできないのか。その余ったお金を、いま食べれない7人に1人の子どもたちに与えることは不可能か? また投票の仕方も知らない若い世代が多い。もっと投票しやすい方法を提言してほしい。

山本 現状を変えるために議員の給料を削減して、貧困問題の解決に回すのはどうか…という話だが、そこを削っても知れている。なぜ議員の給料が高めに設定されているのかといえば、議員が買収されないようにするためだ。給料が安ければ、札束で顔を叩かれてなびいてしまう可能性がある。それを防止するというのが一つの理由。

 もう一つは、お金がかかり過ぎることだ。なぜ私たちが10人立てるだけで最低で3億円も必要なのか。なぜみなさんからお金をもらわなければいけないのか。選挙や政治にかかわるためには「お金持ちでなければ無理」だという建て付けになっている。

 議員報酬を安くするには、政治にかかる費用を安くする以外ない。選挙区の入場料だけで300万円。比例代表にはさらに9人仲間を集めなければならず、1人あたり600万円が必要だ。あくまで入場料だけだ。そのほかにかかるお金はたくさんある。これで普通の人が立候補できるか? 無理だ。

 議員報酬を下げるには、政治にかかる費用を安くしなければ成り立たない。実際に7人に1人の子どもの貧困、5人に1人の高齢者が貧困、単身世帯の3人に1人の女性が貧困という深刻な状況があるのなら、普通に予算を付けなければいけない。お金がないわけではない。

 あるところから取っていないだけだ。どうして取らないのかは、ソンタク以外にない。お金の取り方を変え、分配の仕方を変えればいい。持っているところから取らず、持っていないところから搾り取って、みなさんを踏みつけてそれを横流ししているのが現状。それが消費税だ。

 これを私がくり返し話す理由は、その話を「あなたの言葉にして周りに広げていって欲しい」からだ。1人1人が発信者になって現状を伝えて行くことが必要だ。

野党で横に手を繋ぎ、安倍政権を仕留めに行きたい!


 「何が何でも応援したくなる」そんな政治家が、やっと日本に現れた!と、聴衆が歓喜した。

 「人々の 人々による 人々のための民主政治」が山本太郎のてによって、これから始まろうとしている。

 日本の政治について、かつてこれほど興奮し、胸を躍らせたことがあっただろうか?

 カネも、組織も、地盤もゼロの山本太郎が、掘り起こした票228万票。「れいわ新選組」の快進撃はこれから始まる。

 「れいわ新選組」誕生以来、ネットで応援し続けてくれる長周新聞が8月1日夜の東京・新宿駅前での「山本太郎の街頭記者会見」の文字起こしをしてくれたので、以下に転載させていただく。
その1
******************************

 政党要件を獲得すれば何ができるか。テレビの政治番組があれば山本太郎はしつこく出演することができる。生放送で嫌なことが一杯いえる。党首会談、幹事長会談、政調会長会談…全部。 

 かつてこんな嫌がらせが、永田町内にあっただろうか?

 選挙にはお金がかかる。東京選挙区からは野原善正を立てるために、入場料(供託金)だけで300万円。そして、私を含む9人が比例代表にエントリーするための入場料は1人につき600万円。

4月10日から選挙が終わるまでに、みなさんの本当に大切なお金、4億円をいただいた。本当にありがとうございました。

 4億円のうち3億円以上はすでに使っている。新聞広告、街角ビジョン、新聞折り込みをするだけで1億2000万円が飛んでいく。たいへんな金額だ。残っているのは約9000万円。これは次期衆院選に向けて、れいわ新選組の党としての体制をしっかり作っていくために使いたい。

 衆院選は、一議席を争う小選挙区が289カ所ある。比例もある。そこに私たちは100人を立てたい。そして衆議院でしっかりと数を確保していきたい。その先に政権交代を目指して行きたいということをすでにみなさんに宣言させてもらっている。

 総選挙はいつやってくるかわからない。与党の考え一つで決まる。野党側をさっさと潰すためには、おそらく秋に選挙をやった方がいいと考えるだろう。選挙でお金を使ってしまって残っていないとか、候補者を擁立しなければいけないなどの条件を加味して、早めに自民党が手を打って野党側を潰すなら秋の選挙だ。

 もしくは冬か、年明けの選挙だ。このあたりが現実的なラインではないか。消費税増税の悪影響が数字として出てこないうちに選挙をやってしまいたいのではないか。一方で、五輪が終わった後ではないかという話もある。

 どこに来るかはわからないが、決めるのは向こう側だ。だからもう衆院選の準備ははじまっている。ぜひ力を貸してもらいたい。

 参院選挙。テレビはほとんど私たちを扱わなかった。ネットと草の根の戦いのなかで、あなたが横に広げてくれた。それで200万票を超える得票を得て、政党になったというのはすごいことだ。本当に感謝したい。

 これでやっとスタートラインに立てた。衆院選挙にも大きく打って出なければならない。それにはお金がかかる。100人立てるなら入場料だけで6億円。すごい額だ。といっても、私が全国を回って景気がよさそうな臭いすら嗅いだことがない。

 だから、どうか皆さん無理はなさらず、力を蓄えていただきたい。力を蓄えて、横に広げていくことを始めていただきたい。

 次は、私たちだけの力だけで(政権を)ひっくり返すのは一発では難しい。だから野党で横に手を繋ぎ、仕留めに行きたい。

 政権交代する気もなくて、どうして政治などやっているのか?当たり前だ。野党のお尻を叩こう。政権交代をするために全力で行くのが次の選挙だ。 

 暑さが落ち着いてくる9月に入ってから山本太郎は、全国各地をしつこく回り、みなさんとコミュニケーションをしながら緩やかなネットワークを作っていきたい。(安倍政権を)ひっくり返すためにしつこくやるつもりだ。   続く

小池晃も見学に来た山本太郎の圧巻の街頭記者会見!

 たったひとりで「れいわ新選組」を立ち上げ、今回の参院選で難病患者2人を当選させた山本太郎の「街頭記者会見」が8月1日夜、東京・新宿の小田急デパート前で開かれた。

 JR新宿駅の構内まであふれた聴衆が立ち止まって太郎の話に聞き入っていた。私の長い人生でこんな光景を見たのは初めてだ。

 黒山の聴衆の中に混じって、作家の室井卯月や共産党の小池晃の顔も見られた。ゲストかと聞かれた小池は「勉強のために、見学に来た」と応えた。

  メディアがたくさん来ている。冒頭、山本太郎がメディアに向けこう呼びかける。

 「後で、メディアの囲み取材はいっさい受けないので、メディアの皆さんはこの場で質問してください」

 メディアの記者であろうが、なかろうが、質問はみな同じだというのだ。見事な采配だ。ますます太郎が気に入った。

 大衆との質疑では、太郎が主張する「税金はあるところから取れ。ないところから取るな」と言う法人税の引き上げは、「金持ち企業が海外に逃げていくのではないか」との声がでた。

 これに対し山本太郎は経産省のデータを示し、質問者が納得いく回答を提示した。

 法人税引き上げによる海外逃避論は、日経が好んで使う手法だが、全く根拠がないことが分かった。

 このほか、日韓の緊張、精神障害から吉本スキャンダルなどあらゆる質問に太郎は一つ一つ、丁寧に答えていた。

 この間、太郎は上着を脱ぎ、ネクタイを外し、ワイシャツまで剥ぎ取って、Tシャツ1枚になってマイクを握った。

 この夜の東京は熱帯夜だ。そこに立錐の余地がないほど詰めかけた聴衆の熱気と人いきれで、その場の気温はさらに上昇。

 質問を受けるたびにペットボトルから水分補給した。すでにTシャツは汗でびっしょり。

 それでも、2時間半の超ロングランを太郎は、大衆と一緒に走り抜けた。

 山本太郎の知識の広さ、博学ぶりに改めて驚かされた。

 現在700人を超える与野党の衆参議員の中で、山本太郎の右に出る者はいない。

 とにかく私が説明するよりこの夜の、山本太郎の録画を見ていただきたい。↓

新宿駅西口 2019 08 01
詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=hzOPuaaBzCo


人でなし集団の「維新の会」が難病議員を激しく攻撃!

 こんな掃きだめのゴミ集団はどうでもいいのだが、放置しておくと害毒をまき散らすので、締めるべきところは締めておかないといけない。「維新」とやらのカルト集団である。

 関西では、東京への対抗意識を掻き立てて“地元民族主義“を利用し、勢力拡大に努めている。だが、その実態は大阪の人々のためでなく、自分たち維新の利益のためだ。

 第一、 ここに巣くった議員どもは、いずれも札付きばかり。おおよそ国会議員には程遠い常識も、教養もない輩である。

 今回も「れいわ新選組」から難病ALS当事者の舩後靖彦さんと重度障碍者の木村英子さんが初当選したらさっそく難癖をつけた。

 「障害があっても国会議員であれば支える側に回ってもらうしかない。それが所得の再分配、格差の是正の基本原則」と叫んで、舩後さんらの介護人の経費は自分で払えと言った。

 商社マンとしてバリバリ働いていた舩後さんは41歳の時、突然、難病ALSを発症。

 症状は日を追って悪化し、現在は自分で手足を動かすことが出来ず、介添え人なしでは意思表示も不可能な状態だ。

 しかし、神経がマヒしただけで頭脳は明晰。何冊も著書を現している逸材だ。維新は2人の新議員に「自己責任論」を押し付けた。

 こんな非道がまかり通ると思っているのだろうか?

 ALSは誰にでも起きる恐れがある。維新の輩は、自分がその身になった時、同じことが言えるのか?

週刊新潮の山本太郎へのネガキャンにネットが一斉反撃!



売るためには何でもありの週刊新潮が恒例の野党攻撃を始めた。今回のターゲットは「れいわ新選組」を旗揚げした山本太郎。

福島原発を「おかず」に、太郎に対する悪質な印象操作を開始した。

週刊新潮の意図的な工作に、ネットの反撃が始まった。一部を紹介する。

***************************

▼世界の基準値1ミリシーベルトを20シーベルトに勝手に上げて、
事実を伝える人をデマ野郎・風評被害を撒き散らすと叩き、
安全デマで福島県民を騙したのは原子力ムラの卑劣な面々!

▼山本太郎が国会で何度も原発事故被災者の救済を訴えたことは取り上げない卑怯な書き方。

▼太郎さんは放射能汚染や健康被害を杞憂し、国や東電の対応の不備や不誠実さに異議を唱えた。

▼福島県民は今回の参院選で自民党を勝たせたが、あの震災を通して何を学んだのだろうか。

▼安倍晋三は福島原発大人災を起こした張本人であり、全電源喪失の危険を知らされていたのに、何も対策を講じることなく放置した。

▼そもそも、原発事故はなぜ起きたのか。
全電源喪失を危惧する声を無視したのは誰か?
福島原発事故で、国と東電の責任を認める判決!
あらためて言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ。
ここをクリック
https://lite-ra.com/2017/10/post-3503_2.html

▼原発殺人企業と電力会社が必死になって「原発事故」の深刻さを隠し、自国民を守るならばチェルノブイリ並みの対策を取らねばならないところをそうしないで、自他の深刻さを訴えるものについては「風評被害」をばら撒くと喚き散らす。
 じゃあ、「汚染水問題は解決に向かっているのか」、「廃炉の進捗状況は」と問われれば「完全黙秘」を貫く。

関連投稿はここをクリック
「週刊新潮が山本太郎攻撃のノロシを上げた!」
https://85280384.at.webry.info/201908/article_6.html

週刊新潮が山本太郎攻撃のノロシを上げた!


 案の定、早速おいでなすった。「権力の露払い」、使い走りをしている「週刊新潮」である。そろそろ来るころだと思っていた。

 安倍政権を真っ向から鋭く批判する山本太郎が邪魔で仕方がないのだ。

 江戸時代の春画で、局部の描き方は化け物だ。実際にそんなものが存在するはずがない。が、極端にデフォルメされた春画は海外で注目を集めた。私はこれを「歌麿手法」と呼んでいる。

 今回の「週刊新潮」の手口は「歌麿手法」そのものだ。一部の発言を取り上げ、「これでもか」と拡大して見せ、全体像をわざとぼかした。

 4月に山本太郎が旗揚げした「れいわ新選組」は日増しに注目度を高めた。慌てた「週刊新潮」は山本太郎の攻撃を始めた。

 これがその一部だ。
****************************
 今回の参院選で、思わぬ躍進を見せたのが「NHKから国民を守る党」、そして山本太郎代表の「れいわ新選組」だった。(中略)

 一方、山本代表は原発事故に際し、“煽動的”な物言いで、風評被害に苦しむ福島の住民を絶望に追いやってはいなかったか。それは「生きててよかったと思える国」とはかけ離れたものでもある。 (以上 週刊新潮)
**********************************

 NHK=安倍内閣の御用機関とみられる中で、N党は反安倍票の受け皿となり、党首の立花が当選した。ところが当選した途端、有権者の期待を裏切り、政党交付金稼ぎと疑われるような行動に走った。

 こんな札付き集団と、「れいわ新選組」を同列扱いすることで、山本太郎の世間の評判を落とそうとした。

 原発と福島については、危険な「放射能汚染」がいまだに国民の間で懸念されているのは事実。

 現に東日本大震災の直後に水素爆発を起こし、炉心溶解し、破壊された東電福島の原発からは今も放射能を放出している。誰も近づけない。人間の力で原発はコントロールできないのである。

 安倍晋三は五輪誘致のために「福島は安全だ」と世界にウソをつき、県外に避難した住民を半ば強制的に“危険地域”に帰還させようとしている。

 チエルノブイリと比較すると「帰還など絶対に在り得ない」話だ。

 山本太郎はその点を問題視し、完全に危険が取り除かれない限りは、帰還すべきではないと訴えている。

 福島の住民を絶望に追いやったのは、無理やり期間を進める安倍政権だ。

 それほど安心なら、晋三は実母や妻の昭恵を現地に住まわせるべきだ。

 安倍の頭の中には「東京五輪の開催」しかない。被災者のことなど元から眼中にない。

 山本太郎は福島の人々をないがしろにするこんな晋三のやり方に憤りを覚えている。

「週刊新潮」はすべて承知で、権力の片棒を担いでいる。 

新たな歴史の幕が開いた!舩後靖彦、木村英子両議院が誕生!

 この日は日本の歴史に残る記念すべき日だ。 2019年8月1日。

 午前9時2分、難病ALS当事者の舩後靖彦さんが国会正門に到着した。続いて重度障碍者の木村英子さん。

 山本太郎率いる新党「れいわ新選組」から初当選した参院議員である。

 2人を「れいわ新選組」のピンクの特製うちわを持った、たくさんのボランティアら支援者が拍手で迎えた。

 舩後さんらに待ち受けたメディアが殺到、シャッター音が鳴り響く。

 「選挙の時に来て欲しかった」と木村さんが報道陣に鋭いパンチを一発、浴びせた。

 いいね! 実にいい。

 誰か! 英子さんに座布団1枚やってくれ!

 こうして山本太郎と「れいわ新選組」の新たなスタートが切られた。

 みなさん、覚悟はいいか。 次は衆院選だ!

*************************
以前から舩後さんらを応援し続けた作家でエッセイストの雨宮処凛が「マガジン9」にこれを寄稿した。

党首落ち 当選の嬉々なかりけり 議員なれたは太郎の力
晩年の麻痺の身体つかうこと 党の隆盛なることと決め
二院制 衆参二つ 優越は 衆議院なり人送り込め!!!


 この短歌は、参院選で当選した「れいわ新選組」舩後靖彦さんが選挙のあとに書いたものだ。7月24日、舩後さんの自宅に行った際、見せてもらった。

 当選から3日後のこの日に舩後さん宅を訪れたのは、参議院の職員たちが聞き取りに訪れることになっていた。そこに私も同席した。いわば「国会バリアフリー」が大きな一歩を踏み出す歴史的瞬間に立ち会ったというわけである。

 ALSで全身麻痺、人工呼吸器をつけた人が国会議員になるなど世界初、そして人類初のことである。

 意思表示は? 移動は? 介助人は? 緊急事態の場合の対応は? などなど、考えるべきこと、確認しておかなければならないことは無数にある。

 そしてそのすべてが、国権の最高機関・国会のバリアフリー化につながっていく。

 ということでこの日、松戸の舩後さんのマンションには5人の参議院の職員が訪れた。男性4人、女性1人。

 同席するのは舩後さんが副社長をつとめる株式会社アースの社長・佐塚みさ子さん(いつも舩後さんの介助者として映っている人)、そして「れいわ新選組」代表・山本太郎氏だ。
 参議院の職員は、確認事項がずらっと並んだ資料や本会議場の図面を手に舩後さんのベッドの周りに座り、一つひとつを示しながら話した。

続きはここをクリック
https://maga9.jp/190731/

「ウラジミール」・・・完全にコケにされた晋三は哀れなピエロ!

安倍晋三は頭から尻尾まで完全に馬鹿にされている。これほどコケにした話はない。

「私とプーチン大統領は、引き続き親密に協議することで一致した」と晋三。

 同じセリフを何十回、聞かされたことか。

 モスクワやシベリアを30回も往復しながら一体、何を話し合ったのか?

 プーチンは欧米の指導者と比べ、はるかに格下の安倍晋三を完全に見下している。

 バカにされているのも知らず、「ウラジミール、ウラジミール」と、さも親しげに愛嬌を振りまき、尻尾を振る晋三はピエロだ。

************************************

 【ウラジオストク共同】ロシア政府は7月31日、メドベージェフ首相が8月1、2日の日程で極東のザバイカル地方とサハリン州を訪問すると発表した。

 政府当局者によると、北方領土を事実上管轄するサハリン州で地域発展に関する会議に出席し、2日午後にも択捉島に入る計画。天候を勘案し最終的に判断する見通し。  (以上 共同通信)

左翼でもなければ右翼でもない山本太郎!

 山本太郎や「れいわ新選組」のことを「左翼」だとレッテルを張るテキの工作員がいる。

 が、山本太郎は左翼でもなければ右翼でもない。

 そんな「時代がかった仕分け」には全く関心がない。あるのは「上か下か」の格差社会の解消だ。

 工作員たちは、日増しに高まる山本太郎の評判を落とそうと躍起になっている。

 しかし、太郎はそんな輩は歯牙にもかけていない。「われ関せず」である。

 だから、みんなに支持されるのだ!

櫻井よしこが衆院議運にイチャモンをつけた!


 高市早苗衆院議院運営委員長(自民)は31日、憲法改正に絡み大島理森衆院議長の交代論に言及した自民党の萩生田光一幹事長代行に苦言を呈したことに対し、ジャーナリストの櫻井よしこから抗議があったと記者団に明かした。

 櫻井は、萩生田の発言があった保守系インターネット番組の主宰者。萩生田は26日に「有力な方を議長に置いて憲法改正シフトを国会が行っていくのは極めて大事だ」などと語り、高市は29日に「萩生田が議長を交代できるわけではない」などと指摘した。  (以上 時事通信)

けさ8時、山本太郎がテレ朝に緊急出演!

 きょう8月1日の羽鳥慎一モーニングショー「そもそも総研」は、「緊急特集 “れいわ旋風”山本太郎代表生出演 第2弾」がテーマ。

 8/1に臨時国会が召集され、「れいわ新選組」比例代表で当選した2人が初登院します。

 ”生産性で人間をはからせない世の中とは?”山本太郎氏にスタジオにお越しいただき、改めてお聞きします。