中国の南シナ海占拠を全面否定した国際判決を守れとドゥテルテ!

 フィリピン大統領府は、29日に北京で行われたドゥテルテ大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談の内容を30日、公表しました。

 この中で2016年の国際的な仲裁裁判で、南シナ海全域の管轄権を持つとの中国の主張が全面的に否定されたことを受けて、ドゥテルテ大統領が習主席に「裁判の判断は最終的かつ法的拘束力があり上訴できないものだ」と、判断を尊重するよう求めたと明らかにしました。

 一方の習主席は、仲裁裁判の判断は認められないという中国の立場は変わらないと答えたとしています。

 フィリピン国内ではことし6月、南シナ海で中国の船舶が衝突したフィリピンの漁船の乗組員を救助せず放置した事故を受けて抗議デモが相次ぐなど、中国への反発が強まっています。

 ドゥテルテ大統領はこれまで中国からの経済支援を目的に、外交交渉で仲裁裁判の判断は持ち出さない姿勢を示していましたが、国内の反中国感情の高まりを受けて方針の転換を余儀なくされた形で、中国へのけん制を強めています。  (以上 NHK)

********************************

 軍事力ではゾウとアリの差だが、アリは面と向かってゾウの習近平にハッキリものを言った。

 「言うべきことをハッキリ言う」ー。これが大事だ。

 安倍晋三も北方領土問題でプーチンにキッチリものを言うべきだ。

 どれだけ回数を会っても、尻尾を振っているだけなら太鼓持ちだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント