韓国は再び以前のような「属国待遇を受けるだろう」と警告!

 米ハーバード大学のスティーブン・ウォルト教授は27日、「韓国と日本のGSOMIA破棄決定で両国関係がさらに悪化し、韓米同盟まで否定的な影響を受けている。こうした状況は、中国と北朝鮮が望むシナリオだ」と語った。

 同盟理論の最高権威者とされるウォルト教授は本紙とのインタビューで、「中国は最近、地域覇権国になるために、米国の主な同盟国を仲たがいさせようとしている。中国は北東アジアでの米国の影響力低下を望んでいる」と語った。

 ウォルト教授は韓国のGSOMIA破棄決定に言及する中で、特に中国に関する話をした。ワシントンの外交消息筋は「米国では韓国の破棄を中国への『急速な傾き』と受け止めている」と強調。

さらに「韓国が中国に渡れば、再び以前のような属国待遇を受けるだろう」と警告した。  (以上 朝鮮日報)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント