埼玉県知事選は与党を制し、野党共闘の大野が勝利!

 任期満了に伴う埼玉県知事選は25日投開票の結果、立憲民主党など4野党が支援する無所属新人の元防衛政務官大野元裕氏(55)が接戦の末、自民、公明両党推薦で無所属のスポーツライター青島健太氏(61)ら4新人を破り、初当選を決めた。

 県選挙管理委員会によると、投票率は32・31%で、4年前の前回知事選を5・68ポイント上回った。

 7月の参院選後、初の与野党対決型知事選。4党が事実上共闘した野党側は、10月の参院埼玉選挙区補欠選挙、秋の臨時国会での攻防や次期衆院選に向けた弾みにしたい考え。

 安倍政権は総力戦を展開したが敗北。安倍晋三首相の政権運営に痛手となりそうだ。 (以上 共同通信)

****************************************

 事前の予想を覆す結果となった。当初は知名度の高い元プロ野球選手の青島が優勢と見られていたが、上田清司前知事の応援などもあり大野が徐々に追い上げ、接戦を制した。

 政府、自民党は告示前から自民党幹事長の二階俊博や政調会長の岸田文雄らが応援に入り、告示後も官房長官の菅義偉ら閣僚や党幹部が連日、街頭に立つなど総力戦を展開したが及ばなかった。

 この結果は、野党共闘に好影響を与えよう。特に国民民主党の大野を立憲民主党が全面的に支援したことで両党の連携に弾みがつこう。

 一方、参院選後、初の大型選挙で敗れたことで安倍政権にどのような影響が出るかは、いまのところ定かではない。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント