一気に不安定化した極東! 韓国が軍事情報協定を一方的に破棄!

 文在寅がついに虎の尾を踏んだ。文在寅政権はスタートから韓国内でも「北寄り政権」との見方が一般的だったが、ここまでやるとは思ってもみなかった。

 韓国の文在寅政権は22日、日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の一方的な破棄を宣言した。

 これで日韓関係は決定的となった。文在寅はつくづく政治の素人だと思った。感情的に安倍と対立しても、政権党の中には別のパイプを確保しておくべきだ。そうでないと修復が不可能だ。

 韓国経済には時間の経過とともに一段と深刻な影響が出て来よう。文在寅が振り上げた拳で、被害を被るのは韓国民だ。

 日本のマスコミは安倍政権に近い側も、そうでない側も、一斉に文在寅の今回の決定を厳しく批判した。

 これまで、どちらかと言うと文在寅政権寄りだった朝日が、日韓の「軍事情報協定の破棄、喜ぶのは中露朝」とハッキリ書いた。

 極東アジアは日米間の自由陣営と中露朝の共産陣営の微妙な力関係でパワーバランスを保ち「平穏」を確保してきた。

 万が一にも均衡が崩れると、どんな結果をもたらすか文在寅は考えたことがあるのだろうか?

 一時的な感情による浅はかな行動で「漁夫の利」を得るのは周辺国の中国と、ロシア、北朝鮮である。

 GSOMIA破棄は、米国の極東戦略を大きく根底から狂わすこととなった。その結果、アジアのパワーバランスは崩れ、中露朝の共産陣営が俄然有利となった。これによって日本の安全保障環境にも深刻な影響を及ぼそう。

********************************
朝日は次のように報じた。

 北朝鮮や中国、ロシアなどが軍事活動を活発化させる中で、同協定はその名前の通り、入手した独自の機密情報を互いに融通し、共に脅威に対抗する枠組みだった。

 米国にとっても、日米韓の連携強化には不可欠とみて協定延長を促していたが、それが崩壊したことは、「脅威」に対する3カ国の共同歩調が取りにくくなったことを意味する。

 問題はそれにとどまらない。日米韓の足並みの乱れを歓迎しているのは、中国やロシア、北朝鮮だろう。この機に乗じて日米韓関係にくさびを打ち込もうと、さらに攻勢に出ようとするに違いない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント