あなたの人生で、一生一度の大挑戦!



みなさん勘違いしてはいないか? 私がブログ「半歩前へ」に山本太郎に関して懸命に書いているのは、もっと本気になってもらいたいと「願っている」からだ。

そのために、わざと「元気が出る」記事を選んで転載した。

奮い立ってもらいたかったからである。

私の投稿を拾い読みして、スマホ片手に喜んでいる人。「いいね!」をいくつクリックしても「票は増えない」 分かりますか?

国政選挙で当選するには並大抵のことでは無理。当事者はみんな命懸けだ。莫大な借金をして、仕事をやめて、人生のすべてをかけて戦っている。

そこで勝つためには、こっちも相当な努力が必要だ。

フェイスブックという小さな器の中で、はしゃいでいて選挙に勝てるわけがない。

選挙をなめたらいかん。

ネットで山本太郎が「人気が上昇したから」と言って、それが票に結び付くわけではない。

各候補とも、今の時期は「ダメ押し」の確認作業をしている最中だ。チラシのポスティングに、はがきを出し、そして電話をかけ、「最後のお願い」をしている。ある陣営は電話3000台で毎日かけまくっている。

こんな状況の中で、浮かれていいのか? はしゃでいていいのか? それで果たして山本太郎が国会に復帰できるのか? 

21日の投票まで時間はあとわずかだ。

「いいね!」をする手を休めてフェイスブックの枠の外に出て、家族や親せき、知り合いに電話をかけてもらいたい。「比例区は山本太郎を」と必死で頼んでもらいたい。

本当に山本太郎を応援する気があればぜひ、やってもらいたい。

参院選挙で、山本太郎を国会に復帰させるだけでなく、「れいわ新選組」から最低でも5人の当選者を出したい。出来れば10人。

全国比例の当選には100万票が必要だ。

5人で500万票。10人だと1000万票だ。

20日までに、あなた1人で30票集めて欲しい。

私はすでに行動を開始している。目標は100人だ。やってみる。

あなたは、電話をかけまくって、集めて欲しい。

あなたの人生で、一生一度の大挑戦。たまにはカネにもならない「いいこと」をしてみよう。

ともに戦って、苦しんで、勝ち得た喜びは格別だ。

なぜなら、自分がそのチームのメンバーとして「参加」したからだ。当事者の「一員」だからである。

傍観者とは感激の質が違う。

安倍晋三は一体、誰に向かって話しているのか?

 日刊スポーツのコラム「政界地獄耳」が誰に向かって話しているのかと、疑問符を投げた。

 「そりゃお前、オレの仲間内に決まっているじゃないか」と晋三は応えるに違いない。

 内弁慶なヤツだ。「野郎はタマが小さ過ぎるてんだよ!分かるだろ?熊」と長屋のハチ公が言ったとさ。

*****************************************

★日本の政治から「正々堂々」という言葉が消えて久しい。選挙中に(安倍晋三は)自党の政策を訴えることを嫌がり、反対勢力のヤジや批判を避けて日程を公表せずに遊説する、こそこそ遊説、これをステルス遊説と呼ぶそうだが何のことはない、支持者だけに訴えたいのだ。

 だが支持者は既に支持しているのだから、わざわざ街頭に立たなくてもいい。

 安倍陣営は警備上の理由だとか、いろいろ理屈をつけるが要は支持者の前で気持ちよく話したいだけではないか。

 それと似た状況に首相・安倍晋三は予算委員会などで答弁に立つときに野党のヤジに神経質に反応する。静まり返った中で静かに聞く聴衆が次第に熱狂していくことを期待しているのだろうか。

★それと対極にあるのが大手メディアが報道したがらない政治団体「れいわ新選組」の山本太郎だ。

 山本太郎は聴衆からのヤジに答えて批判を疑問に答える形で論破するというより批判も取り込んでいく戦法。これこそ街頭のつじ説法の基本だろう。

 これによって山本の人気や寄付の金額がうなぎのぼりだという。友好的な選民相手に訴える政治と大衆に飛び込む政治は政治家の手法ではなく政治の目標にも関わる。

★その意味では野党もいったい誰に向かって話しているのかわからない。組織に向けて話すことと有権者に向けて話すことの違いを理解していないという意味では選民志向が強いのは同じだ。

 政治はわかる人だけ分かればいいのか。流儀に合わない人は聞かなくてもいいものではない。

 政治を大衆から取り上げておいて、有権者の意識の低さなどを口にするのはやめるべきだ。政治は体裁は正々堂々だが実態は変質してはいまいか。  (以上 「政界地獄耳」)

どっちが本物の公明党候補か? 東京選挙区!



なるほど、これではどっちが本物の公明党候補か分からない。

東京選挙区から公明党代表の山口那津男が立候補。そこに山本太郎は「れいわ新選組」の公認候補として沖縄創価学会の野原ヨシマサを立てた。

自民党の尻馬に乗って沖縄を見捨て、安倍政権に加担する創価学会・公明党に挑戦状をたたきつけたのだ。

知名度も、地盤も、組織も、カネもなく当初、泡沫扱いだった野原ヨシマサがここにきて激しく追い上げ、山口陣営に動揺の色が隠せないと日刊ゲンダイが報じた。面白くなってきたではないか。

それ行け!やれ行け、野原!

***********************

「山口那津男! 辺野古(基地新設)も止められないくせに、平和福祉とか偉そうなこと言うな、バカヤロー!」――。

鬼気迫る表情で公明党代表の山口を街宣で猛批判するのは、山本太郎率いる「れいわ新選組」で東京選挙区(定数6)から出馬した野原ヨシマサ(59)だ。

公明党の支持母体、沖縄創価学会に所属しながら、山口にケンカを売ったことで注目されている。

インパクト十分で、どっちが本物の公明党候補か分からないほどだ。

 2人の選挙ポスターが物議を醸している。公設掲示板で山口のポスターには「公明党」の「こ」の字も書いていない。一方、野原のポスターにはデカデカと「創価学会」の記載がある。

これにネットでは、「学会員を代表して立候補しているのは野原って感じだね」「正真正銘の創価学会員である野原ヨシマサさんに投票しましょう」といった声が飛び交うなど、ジワジワと「野原支持」が広がっているのだ。

「公示直後こそ『当選圏外』だった野原ですが、ある党の最新調査では当落線上にまで浮上してきた。期日前投票の出口調査でも一定の票を得ており、既存政党は相当な危機感を募らせている」(与党担当記者)

 とりわけ、ビビっているのが公明党だろう。

「公明党幹部は報道関係者との懇親で『野原? 相手にしてないよ』と平静を装っていたが、記者から『当落線上にいますよ』と声を掛けられた途端、『えっ、本当!? どういうことなの?』と異常なまでに関心を示し、明らかに動揺していた。山口は盤石とはいえ、党勢は低下傾向。野原にアンチ票が流れることを恐れている」(同)

 8日午前、東京・八王子であった山口の街宣に参加した高木陽介公明党国対委員長に、日刊ゲンダイ記者が野原出馬の影響について聞くと、よほど触れられたくないのか「全然問題ないと思うよ」とポツリ。

下を向きながら逃げるように立ち去った。下駄の雪もついに解け始めたようだ。  (以上 日刊ゲンダイ)

「れいわ」野原の猛追に動揺隠せない創価学会・公明党!



 東京選挙区から公明党代表の山口那津男が、なぜか「公明党」の名前を隠して立候補。そこに山本太郎は「れいわ新選組」の公認候補として沖縄創価学会の野原ヨシマサを立てた。

 自民党の尻馬に乗って沖縄を見捨て、安倍政権に加担する創価学会・公明党に山本太郎が挑戦状をたたきつけたのだ。

 知名度も、地盤も、組織も、カネもなく当初、泡沫扱いだった野原ヨシマサがここにきて激しく追い上げ、山口陣営に動揺の色が隠せないと日刊ゲンダイが報じた。

 天が「れいわ新選組」に味方したようだ。面白くなってきたではないか。それ行け!やれ行け、野原!

***********************

 「山口那津男! 辺野古(基地新設)も止められないくせに、平和福祉とか偉そうなこと言うな、バカヤロー!」――。

 鬼気迫る表情で公明党代表の山口を街宣で猛批判するのは、山本太郎率いる「れいわ新選組」で東京選挙区(定数6)から出馬した野原ヨシマサ(59)だ。

 公明党の支持母体、沖縄創価学会に所属しながら、山口にケンカを売ったことで注目されている。

 インパクト十分で、どっちが本物の公明党候補か分からないほどだ。

 2人の選挙ポスターが物議を醸している。公設掲示板で山口のポスターには「公明党」の「こ」の字も書いていない。一方、野原のポスターにはデカデカと「創価学会」の記載がある。

 これにネットでは、「学会員を代表して立候補しているのは野原って感じだね」「正真正銘の創価学会員である野原ヨシマサさんに投票しましょう」といった声が飛び交うなど、ジワジワと「野原支持」が広がっているのだ。

「公示直後こそ『当選圏外』だった野原ですが、ある党の最新調査では当落線上にまで浮上してきた。期日前投票の出口調査でも一定の票を得ており、既存政党は相当な危機感を募らせている」(与党担当記者)

 とりわけ、ビビっているのが公明党だろう。

「公明党幹部は報道関係者との懇親で『野原? 相手にしてないよ』と平静を装っていたが、記者から『当落線上にいますよ』と声を掛けられた途端、『えっ、本当!? どういうことなの?』と異常なまでに関心を示し、明らかに動揺していた。山口は盤石とはいえ、党勢は低下傾向。野原にアンチ票が流れることを恐れている」(同)

 8日午前、東京・八王子であった山口の街宣に参加した高木陽介公明党国対委員長に、日刊ゲンダイ記者が野原出馬の影響について聞くと、よほど触れられたくないのか「全然問題ないと思うよ」とポツリ。

下を向きながら逃げるように立ち去った。下駄の雪もついに解け始めたようだ。  (以上 日刊ゲンダイ)


2人のポスター写真はここをクリック
http://asyura.x0.to/imgup/d9/19060.jpg

山本太郎が急きょ、大阪に駆け付けた理由!

 連日、現場から熱いメッセージを送るジャーナリストの田中龍作が、立憲民主党に票を食われて苦戦が続く辰巳コータローの応援に、山本太郎が駆け付けたと伝えた。

 辰巳コータローは絶対に落としてはならない。彼の実力は、これまでの国会での鋭い追及を見れば一目瞭然。なくてはならない人物だ。

 大阪に息子や娘、兄弟、知り合いがいる方は、電話かメールで「辰巳コータローを応援するよう」頼んでください。良質な前議員は国会に戻さねばならない。

 山本太郎は応援する際の人を、党派で選別しない。この人は「国民の代弁者」としてふさわしいと思ったら、党派など関係なく全力で応援する。それが山本太郎だ。

 私も太郎と同じ考えだ。安倍政権を倒すには党派を超えてスクラムを組むことが必要だ。

******************************
以下は田中龍作の現地レポートである。

【れいわ大阪発】 籠池夫妻「選挙区は辰巳コータロー、比例は山本太郎」
2019年7月11日 


 今回の選挙で最も割を食っているのが共産党であり、辰巳コータローだろう。

 党は野党共闘優先のあまり「共産らしさ」を失い、辰巳は立憲が擁立した人気弁護士に票を食われ、苦戦を強いられている。

 街宣現場で支持者が辰巳を叱咤激励した。「山本太郎さんのように腹をくくって下さいよ。巧みな戦術を学んでくださいよ。もう後がないんですからね」。

 この支持者(書道教室講師・女性)はこれまで比例は共産党に投票してきたが、今回は山本太郎に入れるという。

 山本はきょう11日、大阪市内(京橋、梅田)で辰巳の応援に入った。追及の名手同士のコラボとなった。

 「大阪に今日入った理由は、辰巳コータローさんを絶対に国会に戻さないとダメですよと皆さんに言うためです」。山本は開口一番言った。

 「辰巳コータローさんは権力側に嫌われる追及力(中略)こういう方は絶対に残って頂かなきゃいけない」。

 山本は「比例は れいわ に」と言わなかった。辰巳陣営からは「言ってもいい」と言われていたそうだ。

 言わなかった理由を山本に尋ねると「言わない方がいいだろうと思ったから」。

 共産党の度量の大きさにも敬服するが、先を見すえた山本の配慮にも舌を巻く。

 「比例は れいわ に」と言わなかったことで、共産党に貸しを作ったのである。

 「れいわ」の政策は、その哲学において共産党とよく似る。

 山本は辰巳に「消費税廃止で共闘できますよね」と釘を刺すことも忘れていなかった。選挙後の共闘体制をすでに視野に入れているのだ。

 梅田の街宣会場には籠池夫妻の姿があった。

 森友疑惑の隅々までを知る辰巳は、約1千人の聴衆に訴えた―

 「森友事件は終わってないんです。(中略)国家の私物化です。国の予算は安倍さんのものでも、アキエさんのものでも、トランプ大統領のものでもない。国民一人一人に使う為の国の予算なんです」

 「どうか皆さん、私を国会に送り返して頂いて森友事件の徹底究明をさせてください」。

 籠池夫妻は森友疑惑に話が及ぶと、しきりに声援を送った。

 籠池氏は「二人(辰巳、山本)とも真の保守だ」と目を細めた。

 諄子夫人共々、選挙区は辰巳に、比例は山本に投票するという。(敬称略)

   ~終わり~

    ◇
山本太郎を犬死にさせてはなりません―

弱者のために戦う山本太郎の革命を、田中龍作は最後まで見届けます。

全国移動の交通費が必要になります。ご支援何とぞ宜しくお願い致します。

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/07/00020478?fbclid=IwAR1Edg18XqQp6z3RgQIeWDVIIpWN9uAqxL6A3rxuZ9mwIIXcqsFRaViR0fE

「れいわ新選組」に「胸の高鳴りを抑えることができない」!



 作家の辛淑玉さんが次のような投稿をした。山本太郎らが選んだ「れいわ新選組」の候補者を見て、「胸の高鳴りを抑えることができない」と心情を吐露した。

 そしてみんなの願いを叶える「可能性はあなたの手にある」と檄を飛ばした。

 山本太郎と「れいわ新選組」を心底から応援する皆さん、思いを叶えようではないか。やろう。後10人づつ、「れいわ新選組」の支持者を増やそう。

***************************
これが辛淑玉さんからのメッセージである。

 「れいわ新選組」の山本太郎が、次の選挙で、自身の当選順位を3番目にした。

 特定枠の1位には、全身の筋肉が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者で会社役員の船後靖彦氏(61)。2位には、脳性まひを抱える木村英子氏(54)。

 この二人が当選しなければ、山本太郎が当選することはない。誰を国会に押し出すかといったときに、まず、自身が捨て石となった。 

 候補者の顔ぶれを見て、目指す姿がはっきりと見えた。そして、このような選挙を、新社会や社民党の人たちにやってほしかったと思った。
 
 山本太郎らが選んだ候補者が、女性装で東大教授のやすとみ歩氏、元拉致家族会代表の蓮池透氏、沖縄創価学会野原よしまさ氏、レイバーネットの渡辺てる子氏と続けば、私ですら胸の高鳴りを抑えることができない。

 見事なケンカの仕方だと感心する。

 勝てる候補者選びに翻弄されて、少しでも名前のある人を求めてきたことの恥ずかしさ。

 いまでは、早くから組織内での育成が必要なんだという声すら陳腐に聞こえる。

 そう、送り出すべき候補者は、すでに私たちの隣にいるのだ。

 自民党と闘うということは、こういうことだ。

 残された選択肢をどう使うか。選挙権のない私は、結果を受けいれる以外、術がない。可能性はあなたの手にある。

「れいわ新選組」が大躍進するかもしれない!




 講談社の「現代ビジネス」が、消費税廃止を掲げる「れいわ新選組」が大躍進するかもしれないとネットで予想した。

以下はその要約である。 (敬称略)

******************************

 山本太郎率いる「れいわ新選組」の人気が高い。東京選挙区から比例代表に回った山本は、全国を駆け回って遊説、数多くの聴衆を集めている。

 人気は日を追うごとに高まっており、無党派層を大きく取り込むうねりを感じさせる。

 その象徴が、れいわ新選組のネット上での人気の高さ。

 選挙ドットコムの集計によれば、れいわ所属候補のツイートに対する「リツイート」と「いいね」の数は、1ツイートあたり1547.73にのぼり、自民候補の449.09、立憲民主候補の109.71を圧倒的に上回る。

 高度経済成長の果てにバブル経済が発生。その崩壊で日本経済がガタガタ。国民はガマンを強いられた。

 グローバリズムが世界各国を覆い、効率の良さで新自由主義経済が採り入れられた。世界の最も裕福な26人が、世界38億人の総資産と同額、という歪んだ二極化を生んだ。

 もうひとつ世界的潮流のなかで、「右派ポピュリズム」が台頭。典型がトランプ政権だ。安倍政権もその潮流だ。

 自民の3倍の「リツイート」と「いいね」に象徴されるように、山本太郎の「弱者へ向けたメッセージ」は、着実に拡散、支持を集めており、それが大河の流れとなる可能性もある。

 「れいわ新選組」は「何議席を確保するか」が、争点のない今回の参院選の一番の見所となっている。

東京選挙区は「野原よしまさ」 比例区は「山本太郎」!




梅雨の中休み。雨がやんでいるので、昨日、期日前投票に行ってきた。

東京選挙区は「野原よしまさ」 

比例区は「山本太郎」

比例区は政党名でも、個人名でもどちらでもいい。ただし令和と漢字で書くと無効になる。元号とみなされるからだ。 書くなら「れいわ」だ。 私は「山本太郎」と書いた。

21日の投票日はどんな天候になるか分からないので、空いた時間に早めに投票しよう。

60代の娘が高齢の父親を連れてきた。エレベーターの中で「公明党ですか」と聞くと、「そうです」と娘。創価学会員のようだ。こういうのがたくさん来ていた。

創価学会・公明党の動員力はすさまじい。痴呆症であろうが何であろうが選挙権のある者は絶対に投票所に連れていく。このパワーが創価学会・公明党の原動力だ。得票が1ケタまで読めるというから驚くほかない。まさに鉄の団結。

私たち「れいわ新選組」も負けてはおれない。10人全員当選に向けて1000万票獲得を目指そう。

イラン沖の有志連合で日本に協力打診!トランプ政権!


 トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが10日、分かった。日経が報じた。

************************

 トランプは「自国のタンカーは自国で防衛しろ」と言った。これは日本に新たな負担を強いている。

 イランとの緊張を高めたのはトランプ本人だ。

 オバマが努力してやっと合意にたどり着いたイランとの核合意を一方的に白紙の戻し、挑発を繰り返すトランプ。

 トランプは大統領選挙を前に「強い米国」を演出するのが目的だ。

 自分の選挙のために世界を不安と混乱に陥れるとんでもない悪質な男だ。

 日本は専守防衛に徹していたら、平和憲法を盾に自衛隊の派遣を拒めばいい。

 ところが、バカな安倍晋三が勝手に憲法解釈を変えて、「集団自衛権の行使」に踏み切った。

 専守防衛の歴代政府の基本を逸脱し、世界のどこでも出動可能にした。自衛隊が米軍の下請けとなることを受け入れた。その付けが回ってきたと言える。

最高の結果を迎えられるかは、あなたの一票に! 「れいわ新選組」

「れいわ新選組」からのお願いとお知らせを転載する。

参院選は7月21日(日)が投票日です。
既に期日前投票日は始まっています。

東京選挙区の方は、1枚目の黄色い紙に「野原ヨシマサ」と書いてください。
※東京に住んでいない方は、東京在住のご家族・お友達・会社の方・お知り合いに伝えてください。

2枚目の白い紙、比例代表は全国どこからでも投票できます。
比例代表には「れいわ」と書いてください。

ご家族・お友達・会社の方・お知り合いに、一人でも多くこのことを伝えてください。

最高の結果を迎えられるかは、あなたの一票と、さらに勇気ある投票依頼にかかっています。
どうぞよろしくお願いします!!
________________________________________

ご寄附
リンク先から、お願いいたします!
https://reiwa-shinsengumi.com/donation/

********************************
私からの注意

2枚目の白い紙、比例代表

「令和」は元号とみなされて「無効」になります。バツ(X)です。絶対に漢字で書かないでください。

正しくは「れいわ」です。

2枚目の白い紙、比例代表には「れいわ」と書いてください。

このほか○○です、○○さん、○○殿、○○さま、○○をよろしく  などと余計なことを書くと無効です。注意してください。



逃走中の男は自民党幹部、野田毅の元秘書だった!



 衆院議員で、自民党税制調査会最高顧問の野田毅の元秘書、藤木寿人が9日午前7時半ごろ、熊本市の路上で熊本県警の家宅捜索を拒否し、車で逃走した。

 その際、止めようとした県警の警察官3人が車に引きずられ、軽傷を負った。藤木は2015年10月にも覚醒剤取締法違反の逮捕歴がある。10年以上、野田の私設秘書を務めた。

*****************************
 
 野田毅の元秘書と野田の名前を明らかにしたのは日刊ゲンダイだけで朝日やNHKなど大手メディアは国会議員の元秘書だった。ここでも権力側にソンタクか?

 それにしても、容疑者の逃走が多過ぎはしないか? 大分でも、宇都宮でも発生した。警察官は本気で市民の安全を守る気があるのだろうか?

 市民警察より、警備警察を優先している傾向が強い。だから「日常」が手薄となる。