凄過ぎる!これが「れいわ新選組」の「10人の侍」だ!

 何が凄いって、「れいわ新選組」の10人の立候補者。まさに黒澤明もびっくりの正真正銘の「10人の侍」だ!

 「れいわ新選組」は、以下の9人に山本太郎をくわえた10人が立候補した。

 比例区では、個人の得票に関係なく優先的に当選できる「特定枠」の1位に筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦(61)を、2位に重度障害のある木村英子(54)を充てる。

 ともに身体は不自由だが、頭脳は明晰で著書も多数の異才の持ち主だ。

【東京選挙区】
▼【野原善正(59)=創価学会員
沖縄知事選で、自民党系候補を推す公明党に反旗を翻し、野党候補の玉城デニーの応援に入った気骨ある創価学会員。

平和、福祉を掲げた公明党が安倍政権の補完勢力となり、戦争法(安保法制)や治安維持法と見まがう共謀罪法の成立に手を貸し、それを無批判に支持する創価学会に「待った」をかける。

野原は東京選挙区から出馬し、公明党代表の山口那津男に真っ向勝負を挑んだ。痛快だ!

【比例区】
▼蓮池透(64)=北朝鮮による拉致被害者家族連絡会元事務局長
拉致被害者、蓮池薫の兄。元東電社員で原発の専門家だ。安倍晋三の政治利用を見抜いて、家族会を抜けた。拉致被害者と原発事故、両方の当事者である。

▼安冨歩(56)=東大東洋文化研究所教授
女性装の東大教授として知られている。「子どもを守る」が政治理念。日本の政治のカラクリを追及している最中に暗殺された石井紘基を尊敬すると、発表記者会見の最後に自ら発言。外見とは似ても似つかない硬骨漢である。

▼重度障害のある木村英子(54)
重度障害者でありながら、障害者の代表として活動を続けてる。

▼三井義文(62)=元住友銀行員
ロンドンなど海外勤務が長い。「戦うコンビニ店長」として知られた元セブンイレブンオーナー。労働者問題の当事者だ。

▼辻村千尋(51)=環境保護NGO職員
各地の自然保護問題の解決のための活動をしてきた人。
環境こそ政治と密接な繋がりがあるもの。期待します。

▼渡辺照子(60)=元派遣労働者
派遣切りは、アベ政権の「働き方改革」の犠牲と言える。
シングルマザーの貧困は深刻な社会問題。この人もまさに当事者!

▼筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後靖彦(61)
難病を患いながら、ものすごいバイタリティーで、チャレンジャー。
障害者問題、2人目の当事者だ。

▼大西恒樹(55)=元外資系銀行員
大西は金融のプロ!
「今の金融システムが、いかにおかしいかを見てきた。本当の財政金融の話を広げるため立たせていただいた」

「れいわ新選組」の候補者「10人の侍」一覧は
ここをクリック
http://v.reiwa-shinsengumi.com/candidates/
0

金太郎飴はもう、たくさんだ!

 参院選挙が始まった。「選挙など行っても仕方がない。誰に投票しても変わらない」と訳知り顔をする者がいる。そうやって投票をさぼって遊びに行ったことを正当化しようとする。

 「頼まれた」ので「義理」でその人に一票入れた。これでは変わるはずがない。毎度おなじみの金太郎飴だ。同じ人間が当選し、自民党を支え、安倍晋三の後押しをする。

 その結果が、森友事件であり、加計疑惑である。

 国家を私物化しても誰も止められない国を作った根本原因は無責任な投票だが、選挙をさぼった連中も共犯者だ。

 内閣支持率を維持するために私たちの年金が減っても構わないというならそれでいい。

 少子化で近い将来、徴兵制の導入が避けられないというのにも「納得だ」というなら文句は言わない。

 「冗談ではない」と思うなら、現状を変えるしかない。それには投票だ。

 無責任で、不真面目な日本人が多い中で、山本太郎は本気で現状を憂いている。

 このままでは日本が壊れると心配している。この流れを止めるのは今しかない。

 山本太郎の訴えを聞いてほしい。「れいわ新選組」の第一声の動画だ。

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=pzRpKARd0YM

お粗末過ぎる愚か者たちよ、これで分かったか?

 参院選挙の序盤戦情勢調査で与党の優勢が伝えられた。

 とたんに、一部のお粗末サンが、例によって「不正選挙だ」「ムサシがどうした」とやりだした。

 ネットというのは怖い。誰か一人ががセネタを流すと、面白いので回りまわって拡散し、いつの間にか「ガセを真実」だと思い込む者が出る。

 フェークニュースというそれである。総合的に状況を判断する知識と能力のない者は簡単に騙される。

 しかし、もう、そんなおバカはいなくなったと思っていたら、いた。

 少し自分で考えたらわかりそうなものだが、自身では考えないらしい。もっぱら人の受け売り専門でガセネタをホンモノと主張する。

 先日の都内の街頭演説でバカな質問に、山本太郎がていねいに応えた。

 「不正だ、捏造だ」という確かな証拠があれば教えてください。あればいくらでも国会で追及します。

 太郎は続けてこう言った。「では、沖縄の知事選挙で玉城デニーさんが圧勝しましたが、あれも不正ですかね」

 間抜けな質問をした女性は黙り込んだ。

 考えてみれば分かるだろう。選挙で不正や捏造があれば第一、共産党が黙っていない。ほかの政党も同様にみな追及する。

 「不正だ、捏造だ」というなら、自民党が負けて、野党が勝った選挙でも「不正だ、捏造だ」と叫ぶべきだ。

 愚か者たちよ、これでもまだ分からないか?

 キミたちは200まで生きるに違いない。
0

このままでは山本太郎が危ない!

 共同通信をはじめ朝日、毎日などマスコミ各社の参院選序盤情勢が出そろった。各社で共通しているのは「自公が改選議席の過半数を上回る勢い」だということだ。

 自公に維新を加えた「改憲勢力」は、国会発議に必要な3分の2以上の議席維持をうかがう情勢だ。

 新宿や秋葉原、新橋で山本太郎の街頭演説が人気だと浮かれているヒマはない。都知事選ではない。東京でいくら山本太郎が人気だといってもそれだけでは「れいわ新選組」の議員を増やすことはできない。

 参院選挙は全国規模の国政選挙。全国各地のそれこそ津々浦々から得票しなければ議席獲得にはつながらない。

 大政党は強い。カネと組織がしっかりしているので、動き出したら大変な力を発揮する。自民党、創価学会・公明党・・・。

 対するわれらの「れいわ新選組」はどうか。カネは市民の寄付金。組織はゼロだ。

 これで大組織と闘うには、山本太郎と「れいわ新選組」を本気になって応援しようという人の「やる気」に頼るしかない。

 スマホで「いいね!」をするだけでは、票は増えない。

 選挙資金をカンパしたり、ポスターを張り、チラシを配り、電話をかけて支持者を増やさねば、意味がない。ボランティアが足りない。人の手が欲しい。1時間でも時間があれば「れいわ新選組」を手助けしてほしい。

 山本太郎と「れいわ新選組」の選挙はすべてボランティアが支えている。あなたも仲間になって欲しい。ともに協力してもらいたい。

 安倍政権がまた、圧勝すれば今度こそ最後だ。

 憲法に手が入り、改憲のあかつきには「いつでも緊急事態条項が発動できる」状態となる。

 すると、どうなるかは口が酸っぱくなるほど私がブログ「半歩前へ」で説明した。最悪の場合には市民活動に制限が加えられる。

 マイナンバー制度の導入で権力側はだれがどこにいるかなど様々な情報を把握。

 政権批判はご法度だ。それどころか、自由にものを言うと「ちょっと、署まで同行願いたい」となる可能性がある。恐怖政治が国を覆いつくす。

 統制ある国家を形成するには、国民生活の制限はやむを得ないと制約を加えて来よう。

 そんな国になってもいいのか? その時になって、後悔しても、もう遅い。後の祭りだ。

 そんなことは「あり得ない」と思っているあなた。

 すでに「あり得ない」ことが起きている。

 当用漢字も読めない愚か者が6年半も日本の首相を続けると誰が予想しただろうか。 

 いま、憲法改悪を止めねば、私たちの生活が破壊される。

もう一度、言おう。
 この選挙で「改憲勢力」は、国会発議に必要な3分の2以上の議席維持をうかがう勢い」だ。

 山本太郎は「特定枠」に重度の障害者の木村英子さん、と難病ALS当事者のふなごやすひこさんを登録した。

 この2人の当選後でしか、山本太郎は当選できない。 全国比例区は100万票で当選と言われている。

 「れいわ新選組」が300万票以上獲得できないと、山本太郎は落選する。

 山本太郎はこの選挙に体を張って挑んでいる。

 並の決意ではない。彼は必死だ。本気で安倍政権と闘っている。

 みなさん、太郎のこの思いをくみ取ってもらいたい。

 もう一度、山本太郎を国会に送り込もう。

「れいわ新選組」を国民大衆に知らしめよう。

 そのためにはあなたが動くしかない。

 孫や子のために一度だけ、死ぬ気で山本太郎と「れいわ新選組」に力を貸してもらいたい。

 1人10票集めてもらいたい。 

 そうしないと山本太郎が危ない!

参院選挙は現在、自民に勢い! 野党伸び悩む!

 共同通信社は第25回参院選について4、5両日、全国の有権者3万人以上を対象に電話世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。

 取材も加味すると、自民、公明両党は改選124議席の過半数63を超え、改選前の77議席前後に上る勢い。

 安倍政権下での憲法改正に前向きな「改憲勢力」は、国会発議に必要な3分の2以上の議席維持をうかがう。

 野党は立憲民主党が改選9議席からの倍増を視野に入れるものの、全体では伸び悩む。

 投票先を未定とした人は選挙区54・5%、比例代表47・8%。

 今後、情勢が変わる可能性もある。参院選は21日に投開票される。 (以上 共同通信)

********************************

 それにしても、ロボットのように「ものを言わない集団」と化した自民党のどこがいいのか?

 一体、自民党がなにをやってくれた? まじめに考えれば絶対に自民党という選択肢はないはずだ。

 日本人は何時まで政治に無関心なのだろうか。危機感がなさ過ぎる。

 立憲民主党や国民何とか党が議席を減らすのは前々から予想されたことで驚くに当たらない。

 だからこそ、山本太郎が必要なのだ。「れいわ新選組」が必要なのである。

 私たちが応援する「れいわ新選組」は今のところ政治団体で、政党としてはまだカウントされていない。

 5人以上の当選で安倍内閣に風穴を開けてやろう。それが出来るのは山本太郎しかいない。「れいわ新選組」しかない。
0

2億5000万円超えた山本太郎と「れいわ新選組」への寄付!

山本太郎と「れいわ新選組」への寄付が4日現在で2億5000万円を超えた。

太郎の真剣な訴えへの共感の広がりとともに寄付も増えている。

草の根の資金カンパで政治活動を行う「れいわ新選組」。

企業や労組、宗教団体のひも付きでない、純粋な寄付で真の代表を国会に送り出そうというのである。素晴らしい考えだ。

日本にもやっと民主主義が芽生えてきた。
0

「れいわ新選組」4日のJR秋葉原駅頭での出陣式!

政治家にとって言葉は命。

その命をいかに大切にしているかひとこと聞いただけで分かる。

あなたは、あの、ボンクラ総理、安倍晋三の話ことばが理解できるか?

支離滅裂で昨夜、エスキモーからやって来た人が話しているのかと思うほどの日本語だ。

それに比べ山本太郎の訴えは、聞く者の胸に突き刺さる。

心が震える。涙が自然ににじむ。自分でも「何かやらないと」との勇気が湧いてくる。

まずはこれを見て欲しい。

出陣式の動画だ。↓

詳しくはここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=pzRpKARd0YM

0