「あなたの1票では足りない!」と山本太郎!


参院選挙は投開票日まで今日を含め、あと6日しかない。

山本太郎がみなさんに訴えた。

「あなたの1票では足りない。あなたの1票を横に広げて、3票、5票にして下さい」

さあ、みんな、今から5票集めよう。

集めて、集めて、集めまわして、安倍政権をのけぞらそう。

****************************
ネットの投稿を紹介する。

 短期戦ではネットが有効なツールになるが、あくまで宣伝効果でしかない。
 その先の物を買ってもらうためには、説得力のある「肉声での説明」が必要だ。電話だ。
 
「れいわ新選組」は「政策」はもとより「人間力」が魅力的な政党である。
 それが短期間でどこまで知れ渡るか、によって当落が決まる。

 泣いても笑っても後6日、一人でも多くの人に「れいわ新選組」の魅力を伝えたい。

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年07月15日 19:47
そうだ!肉声の電話か出来れば会って頼むのだ。
今朝も何人かの内地の友人に「いまNHKで政権放送が始まっているよ。『れいわ新選組』は最後だから9時35分頃から、今からチャンネルを合わせておいて是非、山本 太郎代表の主張を視聴して欲しい」と依頼した。

実は、鹿児島や九州南部の道路は豪雨災害の影響で、道路が何ヵ所も通行止めで、先週送付したチラシ等の郵便物が、鹿児島止めになって著しい遅配になっている。
航空便にすれば良かったと後悔しきりで、先ほど友人に遅配のメールを送信した直後、嬉しい電話を貰った。
もう20数年間も電話だけの付き合いの、北九州在住の友人は「今朝、政権放送も見たし…実は山本太郎を興味深く注視していた。資料は届かなくても、決めたから安心して欲しい。比例区は必ず山本 太郎さんに1票入れさせて貰います」と。
やはり肉声だと思いは伝わる。
メールより通話で、生の声で話し合い納得して貰い、上手くいけば友人の家族や知人も味方に出来る。

東京在住の一家で創価学会幹部の友人(遊説現場で1万円寄付した方)は「今回は娘夫婦も必ず、野原よしまさ・山本太郎と書かせるから安心して」と。

いやぁ!嬉しい支援の輪が広がっている!!
対話の花は必ず結実する!と今日も6軒8人に依頼してきた。
手応えは5割!?

山本太郎も、れいわ立候補者も必死で疲れた身体に鞭打って頑張っている!私たちも寸暇を惜しんで票を重ねよう!
1人が5票から10票はなんとしても確実な票を積み重ねようではないか!

きっと人生最高の思い出になる。
私も、連日真夏日の南島の炎天下を老体に鞭打って心地よい汗を流して頑張っている。
涼しい内地の皆さ〜ん!
西郷どんの如く「気張れ〜!キバレ〜!チェスト〜!」