自民党の閣僚経験者が山本太郎を激励した!

 自民党の閣僚経験者が山本太郎の勇気ある行動と発言に感激し、本人が直接、山本太郎に電話で激励した、と12日の品川での決起集会の席で山本太郎が明らかにした。

 さもありなん、である。自民党の議員の中にも、安倍晋三の「独善、憲法無視、お友達をひいきする政治」を快く思っていない者が少なくない。しかし、小選挙区制度で首根っこを押さえつけられて、言いたいことが言えないでいる。

 そんな中で、山本太郎がたったひとりで声を上げ、「れいわ新選組」を立ち上げた。閣僚経験者は「よくぞ言ってくれた」と感激。太郎の勇気を讃えた。政党に違いはあっても、ちゃんと見ている人は見ている。

************************************
これは田中龍作の記事である。転載する。

 自民党の大臣経験者にして現役の国会議員が12日、れいわ新選組の選挙事務所に電話を掛けてきて、山本太郎を激励した。「頑張ってくれ」と。山本本人がこの日の街宣で明らかにした。

 感想を聞くと、山本は「グッと来た」と言って声を詰まらせた。そして続けた―

 「自民党の中にも良心があることは分かっていたが、電話を掛けてくるということは凄く勇気のいること」。

 財界や労働組合に頼らなくても市民がコントロールできる政治の受け皿作りを、山本は目指す。
  
 「プラットフォーム(受け皿)さえ作って、組織や企業の票じゃなくても勝てるってことが分かったとしたら、自民党からも移って来ると思いますよ」

 「自民党からも野党からもそういう気持ちがある人は移って来ると思う。これが機能したら面白くなるんじゃないかと思います」。
 「政治を動かすのは一般の方々ってことです。本当に政治家の方々がこれで勝てるんだと分かった時には、本当に心ある人が集まってくる可能性はあると思う」。

 山本は「ゴリゴリの保守である」と自己分析する。「アジアに対する安全保障を声高に叫ぶよりも国民の生活と尊厳を守るのが真の保守」という思想だ。自民党の中に共感者がいても不思議ではない。

 「税金はない所から取るな。ある所から取れ」。持論のベースは明確な階級闘争である。共産党が引っ込めたものを、山本は表に引きずり出した。

 政治の受け皿ができれば、右も左も糾合できる。日本が経験したことのない「下からの革命」は、その時、現実のものとなる。
0

この記事へのコメント