山本太郎のチラシ「拒否」に大変な反響があった!

山本太郎のチラシ「拒否」に大変な反響があった!




通行人は山本太郎を敬遠しチラシ拒否!
https://85280384.at.webry.info/201906/article_71.html

 この投稿に大変な反響があった。数時間で、ブログへの反応が500を超え、フェイスブックでもいろんな意見が届いた。

 一部に誤解があるようなので説明しておく。

 チラシを配ったが拒否された、と書いた人はネガティブ情報を流そうなどと思って書いたのではない。この人は熱心な山本太郎の応援団だ。

 たた、初めての経験で、無反応が多いので戸惑った。「山本太郎があんなに熱心に語りかけているのにどうして振り向いてくれないのだろう」とがっかりしたのだ。その思いを素直に文字にしたに過ぎない。

チラシ配りと通行人の関係は誰がやっても、どの党がやっても、この程度だ。50人に1人受け取ってくれたら御の字と言っていい。

 配布に殺到するのはアイドルのサインか、宗教団体などによくあるサクラ動員だけだ。

 立場を自分に置き換えるとよく分かる。パチンコ屋の開店やマンション販売の案内状など受け取らないはずだ。

 関心がないものは受け取らない。

 女性やサラリーマンは1分でも早くうちに帰りたいものだ。ビールを一杯ひっかけて仕事の疲れを癒したい。

 受け取らないのは悪気ではない。そう思うことにしよう。

****************************
藤原あかりさんがこんなコメントを寄せたので紹介する。

 確かに初めての参加だと落ち込むかもしれませんよね。しかし誰もが山本太郎さんに拒否反応を示している訳ではないと思います。

 渡し方にもコツと根気、次へ次へと、自分の気持ちを切り替えるスイッチを常に持ちましょう!

 私だって、自分の空間に知らない人からいきなりビラを突きつけられたら、受け取る前にビックリするし、足は進行方向に向かっているから(笑)普通そのまま通り過ぎます。

 通り過ぎる全く知らない人を振り向かせるのは、著名人だって芸能人だって至難の業なんですから。ドンマイドンマイ!

 山本太郎さんを応援する気持ちがブレなければ、気落ちしてもすぐ立ち直ります。スイッチ切り替えて頑張ろう!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック