「れいわ新選組」のチラシ配りで初体験の苦労!

▼「れいわ新選組」のチラシ配りで初体験の苦労!

 見出しの「ショック!通行人は山本太郎を敬遠しチラシ拒否」は、先鋭的過ぎたので変更した。

神奈川・相模大野駅北口前デッキでの山本太郎の街頭演説(6月5日)
動画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=ydH1Za4Sxew

 フェイスブックへの投稿。

*****************************

この街宣で感じた事。

SNS見てない人はアベに洗脳されています。

フェイスブックを見てない人は山本太郎のことを何も知らないです。

その上、国会中継も見ていませんから、政治に無知。無関心が国民の80%でしょう。

山本太郎の街宣に行きまして、チラシ配り手伝いましたが、チラシ受け取りません。

あのおっさん何言ってるんだ!35歳くらいの男性グループ。

中高年の男性、叔母さんはしっししますよ。

邪魔だよと言いますよ。実にいやな顔で拒否します。その表情に愕然とします。

現実にびっくりです。支持者の人と話しましたがA(安倍晋三)より国民が問題だと痛感していました。

山本太郎が命がけで助けたがってるというのに・・・。国民の愚民度、自分勝手、本物の無関心に涙を堪えました。

街宣に行く時の電車の中のスマホ、のぞいて見ればゲームやってました。

海外ではSNSで繋がってデモになります。フランスのジレ・ジョーヌしかりです。

しかし、山本太郎の街宣では、通行人は嫌悪した表情でチラシを受け取りません!

ボランテアの人は受け取らないのを知ってか、ただチラシもって立っていて、積極性をもてませんよね。

私は始めてだったので必死に成りました。

FB上だけで炎上して満足してはダメと知って貰いたくてコメント書きました。

しっししてチラシを拒否。危機感がまるで無い。山本太郎の正義が踏みにじられた悲しみでいっぱいです。

拡散と現場に行ってほしいです。

時間が無いです。本当に時間が無いです。  以上

***********************************

 東大法卒で官僚上がりでない山本太郎への偏見は依然としてなくなっていない。

 彼らは山本太郎がどんな政治家か知らない。

 知らないがゆえに肩書だけで判断する。

 山本太郎を応援しようという人は、もっともっとSNSで発信しなければならない。

 政治屋ばかりが徘徊する日本で、山本太郎が本物の、正真正銘の、「政治家」であることを広めよう。

この記事へのコメント

右田春夫
2019年06月08日 19:45
知らない人がいるからこその街宣ですよ~
歓迎されなくても頑張りましょう!
弓場清孝(実名)
2019年06月08日 20:19
私は船橋市在住で元、原発労働者ですが山本太郎氏には期待しています。彼の政策の中で「原発即禁止、被ばくさせない」が最後になっていますが、他の野党には無い政策だからです。消費税も廃止が当然だと私は思います。これらのことから「れいわ新選組」のボランティアにも入りました。ご存知、船橋市は前総理の野田佳彦氏の地元です。そこで山本太郎氏の政策ポスターを貼ってもらえる家を訪問することが、どれくらい難しいか分りますか・・それでもやります!なぜなら私はもうあまり余命が無いような身体ですから・・心臓は2016年に手術、2017年には脳出血で左上下下肢麻痺の体です。
哭きカラス
2019年06月08日 23:54
久々に強いショックを受けた。 勝部 タマキさんの受けたショックは、学生時代から幾度も選挙ボランティア経験の有る自分も散々、同様の経験を重ねてきたから痛いほど理解できる。
政治に無関心な人達は、既に政治に失望しきっているか、困難な環境に生きていても、いつの間にか現状に馴らされ無感覚になっているのかも知れない。現実を忘れたい為に、寸暇を惜しむ様に、移動中の車内や信号待ちの間でもスマホのゲームに逃げているのではないか?スポーツ然り、ギャンブル然り果てはアルコールや薬物中毒であろう。 権力者は悪政から国民の関心を逸らす為には、必ずメディア媒体を使う。
特に、国民を困難に陥れる法案を成立させる前には、巧妙な手法を使う。
芸能人の薬物による逮捕すら、タイミングを図っているとも訊く。権力保持の為には何でもアリなのだ。
実名でコメントされた、尊い原発作業員のコメントには涙した。震えた!
なぜなら実は、私は原爆胎内被曝者だからだ。長年、何時、発症するか判らない白血病の恐怖に怯えながら、弱い身体で何とか生きてきた。故に、政治の行方には無関心では居られない。必死に働き、納税している国民ならば、政治に無関心でいられる筈はない!
納めた血税の行方に無関心でいられるのか?
国会議員に「広範囲の近県住民を、風上方面へ避難させろ!!」と強烈に電話で申し入れた。
周辺住民や原発作業員の無事を祈り続けた。
原発反対の意思と活動を、命懸けで貫いているのは山本太郎だけである!!
弓場 清彦さんの被曝病は、私たち日本人の身代わりに思えてならない。
早晩、少なくとも関東以北の住民は、何らかの体調不良や病に見舞われる懸念は拭えないだろう。
弓場さんには、くれぐれも無理せず諦めず、良い食事と治療に勤しんで長生きして欲しい!!と切望して止まない。

この記事へのトラックバック