立憲民主党は「戦う術を知らない」政治オンチ!

▼立憲民主党は「戦う術を知らない」政治オンチ!



 参院宮城選挙区に立憲民主党の公認候補として出馬する石垣のりこが「消費税はゼロでいい」と訴えて有権者の支持を集める。

 これに対し、現状(8%)での凍結方針を掲げる立憲民主党は、石垣に党の方針に従えと「説得」に乗り出すそうだ。
 
 ジャーナリストの田中龍作は「消費税ゼロ」を引っ込めたら石垣は「有権者の失望をさそい支持を失う」と警告した。

 参院宮城選挙区は4期目を目指す自民・愛知治郎の金城湯池。典型的な世襲議員で、祖父は大蔵大臣を務めた愛知揆一。父は和男で、治郎は三代目だ。

 こんなガチガチの地盤を要する候補に「消費税は現状維持」などと、眠たいことを言っていたら、惨敗するのがオチだ。

 立憲民主党は戦う術を知らない。民主党時代とちっとも変っていない。相変わらず政治オンチの唐変木集団だ。

詳しくはここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/2019/06/00020223

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック