交番襲撃事件の犯人は東京・品川区に住む33歳の男!

▼交番襲撃事件の犯人は東京・品川区に住む33歳の男!



 大阪・吹田市の交番襲撃事件で、警察は防犯カメラの映像などから東京・品川区に住む33歳の男の犯行と判断し、強盗殺人未遂などの疑いで逮捕状を請求する方針を固めた。

 警察が映像を公開したあと、男の父親が「息子に似ている」と警察に連絡してきた。男は高校を卒業するまで吹田市内に住んでおり、現場周辺にも土地勘がある。

 男は、阪急千里線の北千里駅のそばにあるショッピングセンターで、薄い水色でプーマのブランドマークが入った野球帽と、前ファスナーのえんじ色の長袖のジャンパー、それに黒いズボンと紺色のスニーカーを約9000円で買っていったという通報があった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック