韓国原発で重大事故の恐れと共同通信!

▼韓国原発で重大事故の恐れと共同通信!


 【ソウル共同】韓国原子力安全委員会は21日までに、南西部の全羅南道・霊光にあるハンビッ原子力発電所1号機で原子炉の熱出力が制限値を超えて急上昇したのに、即時停止を定めた運営指針に反し、運営会社の韓国水力原子力(韓水原)が停止させたのは異常感知から約11時間半後だったと発表した。

 放射性物質漏えいはなかったが、同委員会は重大事故につながる恐れがあったとみている。

 同委員会は安全措置不足と原子力安全法違反を確認したとして1号機の使用停止を命令。委員会職員に捜査権を持たせた特別司法警察官を投入し原因や管理態勢を調査している。

この記事へのコメント

哭きカラス
2019年05月22日 14:58
報道を視てゾッとした!

原因は、非正規職員による操作ミスだったと。。。
政府は、外国人研修生や移民労働者を福一で雇用。。と言うが、一触即発だった韓国原発事故未遂と同様の事故が危惧される。
政府と東京電力は、真剣に今回の事例を分析して、正当な技術者の育成に、真剣に取り組んで、正確で安全性の高い廃炉作業をして欲しいものだ。

この記事へのトラックバック