「一帯一路」構想は単純な経済構想ではない!

▼「一帯一路」構想は単純な経済構想ではない!



 ジャーナリストの新藤健一さんが核心を突く指摘をした。

 これだ。


 4月25日から北京で始まった巨大経済圏構想「一帯一路」国際会議。

 この「一帯一路」構想とは単純な経済構想ではない。

 「中国製造2025」と呼ばれる習近平構想は、宇宙時代をターゲットにした軍産複合の情報通信経済革命といえる。

*******************************

 その通り。習近平は先端技術の開発を急いで経済と軍事による世界制覇を目指している。

 「中国製造2025」は覇権に不可欠な道具、つまり手段なのである。

 習近平中国に「性善説」など通用しないことを肝に銘じておくべきだ。

 今、日本に接近、微笑み外交を展開しているのは、対米国戦略の一環だ。

 米国と対立する中国はもう一方の仮想敵国、日本といがみ合うのは戦術的に得策ではないと判断。

 一時的に笑顔を振りまいているに過ぎない。

 日本は微笑み外交に騙されてはならない。中国への警戒を怠ってはならない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック