正社員なのに何年勤めても給料が上がらない!

▼正社員なのに何年勤めても給料が上がらない!



 私は介護のお世話をする人こそ、最も待遇をよくすべきだと考えている。

 国民年金支払い通知が届くが毎回、1万4200円の介護保険料が天引きされている。この数年間にずいぶん上がった。

 それでも「私たちが払うカネが職員のみなさんの待遇改善につながるなら」と文句も言わず納税に従った。

 ところが、「正社員なのに低賃金。何年勤めても給料上がらない」と東京新聞が介護現場の残酷な実態を報じた。

 54歳のベテランの責任者の月給が、20万円と聞いて言葉を失った。

 その額は安倍晋三や麻生太郎が銀座や赤坂、六本木で一晩に飲食する金額に等しい。

 彼らは給料(歳費)のほか政治資金交付金や政務調査費など私たちの懐からむしり取った金で優雅な生活を送っている。

 みなさん、これ、どう思う? 私は腹が立って仕方がない。憤りが収まらない。

********************

 正社員なのに何年勤めても給料が上がらない-。定期昇給制度のない業種が増えている。従来常識では正社員なら年齢や経験とともに賃金が上がる。

 だが、介護関係や、販売店員などサービス業では正社員で長期間勤めてもわずかしか昇給しない。厚生労働省が公表した調査で鮮明になった。

 政府は「同一労働同一賃金」を掲げ、非正規社員の待遇を正社員に近づけると言うが、実際には正社員「低賃金層」が急拡大している。 

 さいたま市の介護事業所で正社員のケアマネジャーとして働く女性(54)は「給料は低く、ずっと上がりません」

 女性が5年間の給与明細を取り出した。4年前の月額23万円が今は20万円にむしろ減っている。

 人を支える仕事がしたいと、資格を取って働いてきた。介護士ら約20人を束ねる責任者として午前9時から午後9時まで毎日12時間働く。

 14年目になるが、定期昇給制度はなく、技能向上も反映されない。やりがい重視で低賃金に耐えてきたが、「これほど上がらないとは」。周りの人は次々辞めていく。「やりがいだけでは限界がある」  (以上 東京新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック