大阪補選は維新リード、追う自民、宮本苦戦!

▼大阪補選は維新リード、追う自民、宮本苦戦!



 21日投開票の衆議院大阪12区補欠選挙。維新・藤田がリード 北川、樽床追い、宮本は伸び悩むー。

 ネット報道のJX通信社は13日、14日の2日間、電話世論調査を行った。

 維新の会の藤田文武がリードし、自民・公明推薦の北川晋平と無所属の樽床伸二が追う展開。

 共産党前職で今回、無所属で立候補した宮本岳志は伸び悩んでいる。

 ただ、有権者の3割弱が態度を決めておらず、情勢は流動的だ。

 藤田は維新支持層の6割台半ば、自民支持層の約3割に加え、無党派層の約2割から支持を得ている。

 北川は、自民支持層の4割弱と公明支持層の約7割から支持を集めている。無党派層からの支持は1割弱に留まっている。

 樽床は維新支持層の約1割、公明支持層の約2割、立憲民主党支持層の約4割のほか、無党派層から3割弱の支持がある。

 宮本は共産党支持層の7割、立憲の支持層の約3割から支持されている。 (以上 ネット報道のJX通信社)
*****************

 宮本岳志は野党共闘候補だったはずだが、立憲民主党の支持層の3割しか応援していないというのはどういうことか?

 ここで宮本が惨敗するようなら7月参院選は見込みない。

 何度も聞くが、枝野幸男は大阪に入ったのか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック