「強姦ハメ撮り議員」の田畑毅を逮捕せよ!

▼「強姦ハメ撮り議員」の田畑毅を逮捕せよ!



 「強姦ハメ撮り議員」は現行犯逮捕されるべきだった!と、毎日新聞の社会部記者だった牧太郎がサンデー毎日に書いた。

 私も同意見だ。このままウヤムヤにしてはならない。この際、警察は「正義」を見せてもらいたい。

******************** 

 酔っ払って寝ている女性をレイプ。その模様を盗撮した「強姦ハメ撮り議員」。女性被害者の言い分通りなら、卑劣極まりない。逮捕しなければ「正義」が死ぬ。

 でも、自民党二階派の田畑毅衆院議員の場合は許されている。いわゆる「不逮捕特権」である。
 不逮捕特権は明らかに「法の下の平等」(憲法14条1項)に反する。それでも「例外」として、国会議員にだけ不逮捕特権が認められている。これは"時代遅れ"だ!

 大体「不逮捕特権」の由来は、中世のヨーロッパで、王が対立する議員を政治犯として不当に逮捕したことにある。命がけで「権力」に立ち向かう議員を守るための「例外規定」だった。

 しかし、今の日本で、そんな「反権力の政治家」が存在しているのか? 第一、今の国会、まともな審議を行っているのか?はなはだ疑問だ。いまや「不逮捕特権」は、劣化した議員の「不正」「不道徳」を隠す道具になっている。

関連原稿はここをクリック

▼強姦議員を逮捕すれば「出世に傷」と思ったのか!
https://85280384.at.webry.info/201903/article_59.html

▼議員の強姦!忖度の必要なくなった警察がどう動く?
https://85280384.at.webry.info/201903/article_60.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック