落語ブームに火が付きそうな気配!

▼落語ブームに火が付きそうな気配!


 落語ブームに火が付きそうな気配だ。芸協、落語芸術協会の新会長に春風亭昇太が就任するという。

 芸協会長のポストは昨年7月に桂歌丸が死去して以来、空席となっていた。

********************

 人気落語家、春風亭昇太(59)が6月に公益社団法人「落語芸術協会」(略称・芸協)の会長に就任する。19日の理事会で内定した。

 日本テレビ系「笑点」(日曜後5・30)の司会に次いで歌丸さんが務めた大役に抜てきされた昇太は「お引き受けします」と承諾した。明るい人柄で落語の新時代を牽引する。

 偶然にも笑点司会と同じ六代目会長に就任へ-。明るく多才な独身の貴公子が、還暦を迎える節目の年に落語団体のトップに立つ。

 複数の関係者によると、落語芸術協会の理事会が19日、事務所が入る東京・西新宿の芸能花伝舎で開かれ、昇太ら14人の理事のうち過半数が出席。

 6月に行う役員人事が議題となり、歌丸さんが体調を崩した昨年6月から会長代行を務める副会長、三遊亭小遊三(72)が「6月で会長代行を辞任したい」と切り出した。

 会長は真打ち指名や東京・新宿末廣亭など定席寄席の興行を仕切るほか、ファンサービスやライバル団体、一般社団法人落語協会との交流など重責を担う。

 もともと1年のつもりで代行を務めてきた小遊三は、笑点の仲間でもある昇太の実力と人気を人一倍身近に感じており、「新会長には春風亭昇太さんにお願いしたい」と指名した。

 これに対し、「1期だけでも小遊三さんで」という声も出たが、小遊三は固辞。このため、新元号となる5月以降はむしろ新しい顔が必要という意見が続出し、独自の新作落語や若手育成にも定評がある昇太がふさわしい、と最終的には満場一致で新会長に内定した。

 昇太は「小遊三さんのご指名でもあり、お断りするわけには参りません。お引き受けします」と謙虚にあいさつし、全員の拍手に包まれた。6月に開かれる総会で新役員人事が決まった後、正式に六代目新会長として承認される運びとなる。

 芸協では11月に落語家、柳亭小痴楽(30)、来年2月に講談師、神田松之丞(35)という若手屈指の人気を誇る“2大真打ち”の昇進が控える。

 一方、さらなる若手育成や新機軸の打ち出しなど課題は多い。人望のある昇太の手腕に落語界やファンの期待が高まりそうだ。 (以上 サンスポ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック