こよなく日本を愛したドナルド・キーンさん死去!

▼こよなく日本を愛したドナルド・キーンさん死去!


  文化勲章を受章した日本文学の研究者で、東日本大震災をきっかけに日本国籍を取得したことでも知られるドナルド・キーンさんが、24日朝、心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。96歳でした。

  ドナルド・キーンさんは、1922年にニューヨークで生まれ、アメリカ海軍の学校で日本語を学びました。

 戦後、京都大学に留学したあとアメリカ・コロンビア大学の教授を務めるなどして、半世紀以上にわたって日本文学の研究を続けてきました。

 数々の著作を通じて独自の日本文学論を展開したほか、古典から現代の作家まで多くの作品を英語に翻訳し、日本文学を広く世界に紹介しました。

 谷崎潤一郎や川端康成、三島由紀夫といった日本の文壇の重鎮とも親しく、ノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーに対して日本文学についての助言を行ったことでも知られています。

 こうした功績で日本の文学評論に関する多くの賞を受賞し、平成20年には文化勲章を受章しています。

 キーンさんは、平成23年の東日本大震災のあと「私の日本に対する信念を見せたい」などとして、長年愛着のある日本に移住することを決め、翌年の3月に日本国籍を取得しました。

 90歳をすぎても活動を続けていましたが、キーンさんの代理人によりますと、体調が悪化したため去年秋から入退院を繰り返し、24日午前6時すぎに心不全のために亡くなりました。 (以上 NHK)

***********************

 ドナルド・キーンさんは日本が本当に好きでした。

 時々、東京新聞に心和む寄稿をしていました。

 私はそれを読むのが楽しみでした。

 残念と言う他ありません。

 心からご冥福をお祈りいたします。  合掌

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック