スーフリ輪姦の主犯出所 「野放し危険」と危惧の声!

▼スーフリ輪姦の主犯出所 「野放し危険」と危惧の声!



 早大在学中に女子大生ら「300人を犯した」と自慢げに話したスーフリ輪姦事件の主犯、和田真一郎が出所していた。

詳しくはここをクリック
https://85280384.at.webry.info/201902/article_177.html

 これについて、フェイスブックでさっそく、「野放しは殺人行為だ」との反応があった。

 和田真一郎は偽名を使って生活しているが現在、どこに住んでいるか捜査当局は明らかにしていない。

 だが、性犯罪者の再犯率は8割を超えている。「野放しは殺人行為だ」と恐れるのは当然だ。今、あなたのすぐそばに彼が生活していたらどうする?

 年頃の娘や孫を持つ者は危惧するに違いない。

 欧米では性犯罪の前歴者情報の開示が定着している。

 米国では7歳の女児が乱暴、殺害された事件を機に成立した「メーガン法」(性犯罪者情報公開法)により、前歴者の名前だけでなく顔写真や住所などをインターネットで公開する州もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック