少数野党をなめ切った答弁拒否の元首相秘書官!

▼少数野党をなめ切った答弁拒否の元首相秘書官!



 国会は疑惑や疑念について議員が国民に代わって問いただす場である。

 憲法第41条にも「国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である」と書いてある通り、神聖な場である。

 その国会で、一官僚が野党議員への答弁を終始、拒否した。国会軽視も甚だしい。

 少数野党だと小ばかにしているのだ。

 制度上は国の最高責任者である首相の安倍晋三があの傲慢ぶりだから、周りの者がみんな横柄な態度をとるようになった。

 腹が立つのは国民までがバカになり、国の現状に無関心なことである。

 安倍政権が何をしようが「自分には関係ない」と言う態度。

 ブログ「半歩前へ」で何度呼びかけても反応がない。

 フェイスブックで帰って来るのは意味のない「いいね!」だけだ。

 こんなものは糞のフタにもならない。必要なのは行動だ。発言だ。

***************************

 毎月勤労統計の調査対象事業所入れ替えに伴うデータ変動に関し、2015年3月末に厚生労働省から説明を受けた当時の中江元哉首相秘書官は14日の衆院予算委員会で答弁拒否を繰り返した。

 説明を受けた秘書官が、現在は財務省関税局長を務める中江氏だったと同日明らかになり、閣僚を補佐する政府参考人として予算委に出席。真相解明のため野党は参考人招致を要求した。

 中江氏は昨年7月まで首相秘書官だった。

 立憲民主党会派の小川淳也氏が予算委で「問題意識」発言の意味などをただしたが、中江氏は「関税局長として出席している。所管外の事は差し控える」と述べ、数回にわたり答弁を拒んだ。  (以上 共同通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック