浜松市の水道民営化延期? 選挙目当てのカモフラージュか?

▼浜松市の水道民営化延期? 選挙目当てのカモフラージュか?



 浜松市の水道民営化が延期の方向だ。4月7日の浜松市長選を控え、出馬する鈴木康友市長が急きょ、舵を切った。

 だが、当選後はどうなるのか?選挙目当てのカモフラージュかどうか。

 水道民営化を推進に戻すのか?31日の定例会見が注目だ。

********************
静岡朝日テレビは次のように伝えた。

 浜松市長選への出馬を表明している鈴木康友市長が、水道事業を民間委託する議論を当面、延期する方針を固めたことがわかりました。

 浜松市は去年4月、公共施設の所有権を持ったまま民間に運営を委託するコンセッション方式を、全国で初めて下水道事業に導入しました。

 鈴木市長は、生活用水の上水道にも導入するかどうか当初、今年度中に判断する方針でしたが、市議会や市民団体から反対の声が上がっていました。

 関係者によりますと鈴木市長は、上水道へのコンセッション方式導入の議論を期限を設けずに延期するということです。

 その背景には、4月7日に行われる浜松市長選挙があります。

 市長選に立候補を表明している市議会最大会派・自民党浜松の山本遼太郎市議はコンセッション方式に反対しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック