安倍は籠池と会っていた!! 「週刊朝日」がスクープ! 

▼安倍は籠池と会っていた!! 「週刊朝日」がスクープ! 


 これは私が2017年3月1日に投稿した原稿だ。森友学園への国有地の激安払い下げ事件を風化させようとする動きがあるので、あえて再録する。

************************
安倍が籠池と会っていた!! 「週刊朝日」がスクープ! 
<< 作成日時 : 2017/03/01 01:39 >>

 「会ったことは1回もない」と安倍首相は国会で答弁した。ところが森友学園の“愛国“理事長こと籠池泰典が、安倍と面識があることを認めた。「週刊朝日」がスクープした。安倍晋三はここでもウソを付いていたのか?

 「週刊朝日」3月10日号によると、籠池泰典は「5年ぐらい前にPTAの紹介で(安倍晋三と)知り合った。

 首相になられる前で、昭恵夫人と先に知り合って、小学校の見学に来てもらい、住吉大社にもご一緒させていただいた。

 総裁選に出られなければ、安倍晋三記念小学校になっていたかもしれない」と告白している。

 このように籠池はPTAの紹介で知り合い、住吉大社にも一緒に参拝したと語っている。ただ、「小学校の見学」と言うのがよく分からない。5年前から建設に取り掛かっていたのか?それとも建設予定地だったのか。

 さらに、「リテラ」によると、籠池は今から約2年前の雑誌の対談で、安倍の首相再登板を「奇跡ですよ、あの復活は」と絶賛した上で、こう自慢げに語っていた。

 「安倍総理には当園に足を運んでいただいたこともあり、本当に応援させていただいてます」(雑誌「致知」2015年4月号)

 籠池の安倍晋三首相と面識があるとの複数の証言が雑誌2紙に掲載されていたということは相当、信ぴょう性が高い。

 今回の「国有地の激安払い下げ疑惑」は大阪府による小学校の設置基準の緩和疑惑もさることながら、核心は「10億円近い国有地がわずかの200万円でなぜ手に入ったのか」という点である。

 その重要なカギを握るのが安倍晋三夫妻と籠池泰典のただならぬ「親密な関係」である。

 ご案内の通り、安倍首相は当初、「(森友学園の籠池泰典理事長は)私の考え方に非常に共鳴している方」「妻から森友学園の先生(籠池泰典)の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」と誉めていた。

 ところが、不正疑惑が表面化した途端、一転して、「(籠池泰典籠)と個人的に会ったことは1回もない」と、手のひら返し発言。

 安倍晋三がウソまで付いて、籠池泰典と距離を置こうとするのはなぜなのか?両者の関係の解明が必要だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック