大事なことなので一点だけ補足説明する!

★大事なことなので一点だけ補足説明する!

 森友学園への国有地の激安払い下げ事件に関連してマスコミは盛んに「忖度」と言う言葉を使った。

 それ以来、みんながマネをして「忖度」「忖度」と言うようになった。

 言葉は注意して使わないと間違ったまま、一人歩きをする。典型が「全然」と言う言葉。

 これはAとBでは色も形も全然違う。別物だ、と言うように「全然」のあとには「否定」する言葉が来るのが本来の正しい使い方だ。

 そう言う基本を知らない者は「全然、大丈夫ですよ」などとトンチンカンなことを平気で言う。程度が疑われるから気を付けた方がいい。

 それと同様に「忖度」もしかりだ。大事なことなので一点だけ補足説明する。

  「忖度」という言葉は今回、権力側が意識して使った。一種の世論操作だ。

 どういうことかというと、「安倍総理は何も言っていないのに、役人どもが勝手に気を効かした」と世論操作するために、御用メディアを介して広めた用語だ。

 役人の気配りなどではない。官僚の「人事権」と言う急所を押えた権力側が「圧力」を加えたのである。ここを取り違えてはならない。

 「財務省による忖度」と表現するのではなく、「財務省官僚らが圧力に屈し、その結果、国有地が非常識な安価で払い下げられた実態が明らかになった」とするのが、正確な表現の仕方だ。

 言葉を間違えて使うと、真逆の意味に受け止められるから要注意だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック