安倍首相、大好きな海外は自分のカネで行ったらどうだ!

▼安倍首相、大好きな海外は自分のカネで行ったらどうだ!

 朝から晩まで遊びほうけて、うちに戻ってくるのは夜だけ。落語にはこんな宿六がちゅくちょく登場する。「世の中ついでに生きている」ような者たちだ。

 安倍晋三はのべつに外遊する。おかげで国民生活は放ったらかしだ。

 「外交」などと触れて回り、私たちの税金で知らない間に購入した政府専用機で、「私人」の昭惠と手に手を取って日本を後にする。

 「外交」なら、何か成果があるはずだが、何十回、プーチンに会っても何の成果もない。それどころか、行くたびにプレゼントを迫られる。

 トランプの前では蛇に睨まれた蛙。「あれ買え、これ買え」と、バカ高い武器を押し付けられて帰って来る。1兆円も武器を買ってどうするのだ? そのツケが国民に回って来る。

 そんな安倍晋三をNHKは「外交の安倍首相」と持ち上げ、繰り返し全国放送。実態を知らない人々は安倍を“外交の専門家”と信じ切っている。その証拠に内閣支持率は40-50%を維持し続ける。

 石破茂が言った。「外交を内政の求心力に使うな」―。その通り!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック