今夏、安倍が加計孝太郎を招かなかった本当の理由!

▼今夏、安倍が加計孝太郎を招かなかった本当の理由!

 安倍晋三が大親友の加計孝太郎との恒例のバカンスを見送った。夏休みは決まって“腹心の友”と過ごしたが、今年はなぜか、大親友の姿がない。どうして急にやめたのか?

 マスコミに“腹心の友”とのツーショットを撮られたら、加計疑惑が蒸し返される。それを恐れた安倍だが、加計を外したことで疑惑は一層深まった。

****************
加計孝太郎とプレーしろと日刊ゲンダイが言った。

 まったく、いい気なものだ。まだ「西日本豪雨」の被災者は苦しんでいるのに、安倍晋三は山梨県の別荘に行き、長い長い夏休みを満喫。

 「ナイスショット!」と、森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎とニコニコ顔でゴルフ。ネット上には「一番胸くそ悪いニュース」といった批判が書き込まれている。

 「西日本豪雨」の被災地にはボランティアが駆けつけ、必死に片づけをしているのに、国のトップが「ナイスパー!」とハシャいでいるのだから、国民が怒るのも当然だ。

 どうせ被災者を見捨ててゴルフを楽しむのなら、 “腹心の友”である加計孝太郎とプレーしたらどうだ。

 実際、“加計疑惑”が発覚するまで、夏休みに一緒にラウンドするのは恒例行事だったはずだ。2015年の夏も、2016年の夏も仲良く回っている。

 どうして、加計理事長とのゴルフをパタリとやめてしまったのか。後ろめたくないのなら、堂々と一緒に楽しめばいいじゃないか。なぜ、今年は別荘に呼ばないのか?

 ひょっとして、加計孝太郎の話題がメディアから消えれば、国民も加計疑惑を忘れると思っているのか。だとしたら大間違いだ。

 「加計疑惑は国家的犯罪とも呼べる疑惑ですよ。国民は納得していませんよ。いまでも“最初から加計ありき”と疑っている。

 世論調査でも“安倍の説明に納得していない”が75%。国民に忘れてもらおうとしても無理ですよ」と政治評論家の本澤二郎。  (以上 日刊ゲンダイ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック