是枝裕和監督の「万引き家族」にカンヌ映画最優秀賞

▼是枝裕和監督の「万引き家族」にカンヌ映画最優秀賞
 日本映画界に久々の朗報が届いた。是枝裕和監督の「万引き家族」にカンヌ映画最優秀賞。日本は久しくみていない。さっそく見に行かなくちゃー。

*******************

 世界3大映画祭の1つフランスのカンヌ映画祭で是枝裕和監督の「万引き家族」が最優秀賞のパルムドールに選ばれました。日本の映画としては21年ぶりの受賞となります。

 審査員長を務めたハリウッド女優のケイト・ブランシェットさんに作品名を読み上げられたあと、ステージにあがった是枝監督は、やしの葉をかたどったパルムドールのトロフィーを渡されると「さすがに足が震えています」と述べて、感激した様子を見せていました。

 日本映画がカンヌ映画祭でパルムドールを受賞するのは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来、21年ぶりです。

 「万引き家族」は東京の下町で年金をあてに暮らしながら、足りない生活費を万引きで稼いでいる家族の物語。きずなのあり方を問いかける作品です。 (以上 NHK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック