半歩前へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 御用メディアの読売が安倍批判に転じた理由!

<<   作成日時 : 2018/04/04 00:20   >>

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

▼御用メディアの読売が安倍批判に転じた理由!
 みなさんは既に気が付いていると思うが、当ブログ「半歩前へ」で読売記事の引用が増えた。おや?と思うようなことを読売が書き始めたからだ。

 当ブログには、みなさんに「ぜひ読んでもらいたい」と私が感じた記事を掲載している。それが読売であっても、産経であっても東京新聞や日刊ゲンダイと同じである。必要なものは転載して載せる。

 読売、産経と言えば、安倍政権を擁護する御用メディアだ。特定秘密保護法から戦争(安保)法、共謀罪、改憲に至るまで、ことごとく政権を擁護してきた。安倍晋三の独裁化に「手を貸した」と言って差し支えない。

 その読売に、ここにきて変化の兆しが生じた。原因は官邸主導の放送法4条の撤廃を軸とした「放送改革」である。

 NHKは会長の首を挿げ替えるなど手を打って安倍晋三の思い通りとなった。残るは民放だ。

 民放の報道が気に入らない安倍は、「放送の自由化」を名目に、既成の民放を抑え込み、政権PRのための新たなネット媒体を増やす腹だ。

 これではメディアの“中国化”に他ならない。日本は共産国家ではない。そんなことは断じて許してはならない。

さすがの読売も見過ごすことはできい。さっそく反撃を開始。3月16日付けの朝刊で「放送改悪」の問題点を指摘し、大々的に報じた。1面から2、3面にわたって関連原稿を掲載。

 「放送の自由化」反対のキャンペーンはその後も続く。そして、「首相を応援してくれる番組を期待しているのでは」と大見出しをつけ安倍政権を批判した。

 放送の次に標的となるのが、いよいよ言論の本家、「新聞」であることに気が付いたようだ。

 今回の読売の姿勢が本物か否か、今しばらく見守りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御用メディアの読売が安倍批判に転じた理由! 半歩前へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる